【盤上の頭脳戦】おすすめのチェス漫画4選

f:id:ryocuu:20200408050741p:plain

 

沢山の漫画が生まれているにもかかわらず、チェスをテーマにした漫画は少ない

盤上で駒を動かすという行為は、漫画として描くには極めて地味なうえ、日本にとって馴染みの薄いチェスは取っ付きにくい題材なのかもしれない。

 

そこで、今回はチェスを題材にした漫画を4つご紹介します。

是非この機会に“チェス”というモノに触れてみて下さい

 

 

盤上のポラリス

f:id:ryocuu:20200408003702j:plain

 

あらすじ☑


「勇者になって冒険したい」長崎の離島に住む椿 一兵は、小学5年になっても夢が捨てきれない。

 

そんなある日出会った、病弱な転校生・氷見崎ひめに導かれ、一兵はチェスという名の冒険の海へと漕ぎ出してゆく… 

 

ガキが東京から転校してきた病弱の少女と出会ったのを機に、チェスを始めるお話。

 

主人公は努力する・ライバルが主人公の才能を認めている・ヒロインが主人公をチェスに引きこんだ人物という、骨格はしつかり王道少年漫画

初期から明確な目標・ライバル・ルール説明をソツなくこなしてくれるので、安心して見ていられるし、盤上での描写はとても魅力的に写るので初心者でも大丈夫

 

対戦を冒険になぞらえた描写の迫力が凄まじく格好良い

 

f:id:ryocuu:20200408004009p:plain

(出典:『盤上のポラリス』)

 

クロノ・モノクローム

f:id:ryocuu:20200408003116j:plain

 

あらすじ☑


ある事件がきっかけで人と向かい合って座れなくなった、天才チェス少年・黒六。

ある日ネットチェス中に光に包まれ、辿り着いた先は18世紀ウィーンだった…

 

チェスの天才少年が中世欧州にタイムスリップするお話。

最近少年誌じゃあまり見ない英国貴族もので、絵柄も見やすすいです。

チェス強い人は変人的な天才か努力家しかいないという偏見が生まれる(笑)

 

綺麗に纏まってはいたけど、後書きから察するに打ち切りっぽい…

壮大なストーリーなので全5巻に収めるのは惜しい(かなり綺麗にまとまっている)

 

f:id:ryocuu:20200408003555p:plain

(出典:『クロノ・モノクローム』)

 

パイナップルみたい

f:id:ryocuu:20200408002824j:plain

 

あらすじ☑


山崎かおり(通称きゃおり)は高校1年生。

周囲は恋に色めきたっているのに、そんな話はまったくなし。

 

おとなりの幼なじみで、ひとつ年下の吉岡のぼるとチェスざんまいの、色気のない毎日を送っていたのですが……? 

 

お隣の年下幼馴染少年と、恋愛偏差値がかなり低めの可愛い少女漫画。

主人公の女の子はボサボサ頭、服はいつも同じトレーナー、チェスが好きな色気皆無の女の子

 

昔の作品だが、いい感じに日常の中に一番チェス要素が組み込まれている作品。

 

 

チェックめいと!

f:id:ryocuu:20200408002336j:plain

 

あらすじ☑


幾多の難敵を倒し、勇者はついに奴と対峙する。

魔王は待ちわびていた・・・

ボードゲームの対戦相手を!

 

定番パーティーゲームから

最新変わり種ゲームまで・・・

常識破りの魔王や姫たちが遊び倒す!!

 

ゆるいファンタジーRPGの世界で、自分を倒しに来た勇者を魔王(ようじょ)がアナログゲームに誘って色んなゲームで遊びまくる物語。

魔王と勇者がアナログゲームで遊ぶ緩いファンタジー系ゲームコメディ。

 

f:id:ryocuu:20200408002718p:plain

(出典:『チェックめいと!』)

 

 

あとがき▼

以上で紹介を終わりにします。では「おすすめのチェス漫画」という記事でした。