厨二陰キャと学校一の美少女のラブコメ『僕の心のヤバイやつ』ネタバレ/感想

f:id:ryocuu:20200106033237j:plain

 

『僕の心のヤバイやつ』の感想/ネタバレ(見所紹介)

 

陽キャ×陰キャのニヤニヤが止まらないラブコメ漫画『僕の心のヤバイやつ』

思春期中学生の心理描写を絶妙に描き、お馴染みの可愛らしい絵柄にハイテンションギャグ、従来より少し生々しい下ネタが前述の要素に調和して凄く面白い作品です。

 

「このマンガがすごい!2020」オトコ編第3位!!

次にくるマンガ大賞2019 Webマンガ部門第5位!!

 

当記事では、ニヤニヤさせてくる良いラブコメ『僕の心のヤバイやつ』のあらすじと登場人物、見所を僕の感想を含めて紹介していきます。

 

 

作品情報

f:id:ryocuu:20200106051253j:plain

 

まずは概要とあらすじについてご紹介 

 

概要▼

  • ジャンル:少年漫画/学園/ラブコメ
  • 作者:桜井のりお
  • 掲載誌:週刊少年チャンピオン・チャンピオンクロス
  • 巻数:既刊2巻(2019å¹´9月6日現在)

 

あらすじ▼ 

学園カースト頂点に君臨する陽キャ美少女山田杏奈のクラスメイトである絶賛中二病の陰キャ少年市川京太郎は、常日頃から彼女を殺害する妄想でほくそ笑んでいた。

 

そんな山田に「底辺として見下されている」と思い込んでいた市川であったが、観察を続けるうちに彼女への好意に気付いていく。


引用:僕の心のヤバイやつ - Wikipedia

 

設定としては恋を知らない中二病・陰キャ少年と、陽キャ美少女が恋に落ちる物語

 

日々殺人衝動を抑えて生きる重度の中二病陰キャ・市川京太郎。

彼が学園カースト頂点の美少女を観察するうちに、思っていた「底辺を見下す陽キャ」とは全然違うことに気付いていき…という話の出発

 

ラブコメ/ギャグ漫画に見せかけて、読み応えのあるストーリー性が見え隠れし目の離せない展開になっていく。

 

 

『僕の心のヤバイやつ』の登場人物 

魅力的なキャラクターたちをご紹介していきます。 

 

市川 京太郎

f:id:ryocuu:20200106051129j:plain

(出典:『僕の心のヤバイやつ』)

 

この作品尾主人公。

陽キャが憎くてたまらない…中二病真っ最中の中学2年生

他者の言動の裏を深読みしすぎたり、僅かに混じったトゲに過敏に反応してしまう

 

しかし、美少女にモテても納得の説得力・魅力と厨二病の隠キャ男子らしい残念さ・鈍感さを兼ね揃えてて地味に造形素晴らしい

 

山田杏奈

f:id:ryocuu:20200106052128j:plain

(出典: (出典:『僕の心のヤバイやつ』)  )

 

この作品のヒロイン。

中学生離れした長身とスタイルを持ち、モデルとして活動する美少女。

京太郎に対しては、最初はクラスメイトとして名前を覚えている程度だったが、物静かで“、周囲へそれとなく理知的な気遣いが出来るという

同年代の男子には珍しい姿を見て徐々に興味を覚えていく。

 

彼女の言葉にしていない市川への特別である、という雰囲気や仕草が大好き。

 

紹介には一部wikiを引用させていただいてます:僕の心のヤバイやつ - Wikipedia

 

ラブコメにおいて最も重要だと思ってるのは、主人公とヒロインをどれだけ応援したくなるかという点が重要だけど、それがこの作品は100点満点中100,000点くらいある。

 

 『僕の心のヤバイやつ』の見所紹介

おすすめしたい見所を厳選してみました。

 

物語は一貫して市川の視点で語られる。

f:id:ryocuu:20200106072338j:plain

(出典:『僕の心のヤバイやつ』)


鈍感オタク男子を攻略すべく奮闘する陽キャ女子を、オタク男子視点で見れる。

 

男向けのラブコメって大体ヒロインの心理も大体分かった上で描かれるけど、この作品のヒロインの心理はあくまでも主人公視点でしかわからないという所が面白い。

色々なことが起こっているけど全部が市川の視点で描写されているので、山田が本当は何を思っているのかを読者は知ることができないのが最高

 

市川と読者両方にとって山田は謎の存在であったんだけど、最近の話では市川視点であるにも関わらず、山田の視点でも作品を味わうことができるようになっていたりと、読者は新たな視点で物語を見ることができる。漫画の造りが巧

 

市川と山田の絡みにニヤニヤが爆発する

f:id:ryocuu:20200106073753j:plain

(出典:『僕の心のヤバイやつ』)

 

二人の距離感…モヤモヤとニヤニヤが入り混じって悶えること必至

 

憧れの女性、山田との関係が1巻から話が進むにつれて近づきます。

最近はLINEを主人公市川が別の女子と交換すると、交換しようとして妨害されて出来なかった山田がすごい顔をするなど、ラブコメ度が進むごとに爆発。ニヤニヤ爆発。

 

陰キャのATフィールドを突破してくる美少女

寸止め感とも違う、大した接触はまだそんなにないのに、ちょっとした心の機微で、「からかい上手の高木さん」並みにニヤニヤしてしまう

 

丁寧すぎる中学生の心情描写 

f:id:ryocuu:20200106073514j:plain

(出典:『僕の心のヤバイやつ』)

 

両片想いラブコメとして楽しめるのは勿論

ひたすらに中学生男子の心の機微の描き方が凄い。

 

例えば、好きな子をオカズに使うかとか、女子の会話を如何にキモい目線で盗み見ているのかとか、母親との距離感や、思春期の生々しさを、妥協なく再現している。

学生の妄想がギリギリの所で、勢いに頼らずに丁寧に描き込まれてる点も魅力の一つ

 

心情表現とか青春真っ盛りの不器用な掛け合いとか、中二のなんとも言えない絶妙な感じが凄い丁寧に描かれてるから色々思い出しちゃうのが良い(辛い)

 

 

まとめ▼ 

 

一言で分かりやすく説明できないが、なんかイイと思えるものがあるラブコメです。

 

ただの萌え漫画とは一線を画すほどのギャグセンスの高さ、

無邪気で素直で楽しそうな山田さんの魅力にやられてしまう…。

大きな事件は起こらないけどいちいちエピソードが可笑しい。

魅力的なヒロインに男どもが心臓貫かれる作品となっています。

 

☞絶対面白いおすすめ恋愛・ラブコメ漫画45選!男でも女でもニヤニヤできる作品を最近の連載作に人気の完結作まで厳選紹介 - 😂MANGAの読み物😂