2020年:『巨人』契約更改(全選手の年俸一覧)戦力分析+新戦力(新外国人・トレード)全てやっちゃうよ

f:id:ryocuu:20191212234748j:plain

 

原辰徳が帰還し5年ぶりのセリーグ制覇を成し遂げるも、ソフトバンクに無慈悲なほど蹂躙されてしまった読売ジャイアンツ

巨人はこのオフを新シーズンに向けてどう過ごしたのか

 

当記事の流れ▼

全選手の契約更改・年俸

新戦力(ドラフト・新外国人・トライアウト) 

2019年巨人の振り返り、問題点

打順と先発ローテ・ブルペン陣のの予想と考察

2020年楽しみな若手選手。

 

では最後までおつきあください。

 

 

2020年:契約更改/年俸

現状維持 

  • 菅野 智之:6.5億円
  • 坂本 勇人:5億円
  • 丸佳浩:4.5億円
  • 陽 岱鋼 3億円
  • 炭谷銀仁朗:1.5億円
  • 野上 亮磨:1.5億円
  • 鍬原 拓也:1650万円
  • 古川 侑利:16000万円
  • 増田 陸 650万円

 

年俸の上がった選手

  • 澤村 拓一:1億2150万円→1億5400万円
  • 岡本 和真:8000→1.4億円
  • デラロサ:3000→1.3億円
  • 田口 麗斗:7500→8500万
  • 亀井 義行:7000→1.1億円
  • 小林 誠司:6000→1億円
  • 中川 皓太:1900→5500万
  • 大竹 寛:2625→5000万
  • 鍵谷 陽平:4300→4500万
  • 重信慎之介:2500→3500万
  • 大城 卓三:2000→3500万
  • 桜井 俊貴:1000→3000万
  • 高木 京介:500→3000万
  • 山本 泰寛:1850→2600万
  • 石川 慎吾:2100→2400万
  • 高橋 優貴:1500→2400万
  • 戸根 千明:1500→2000万円
  • 若林 晃弘:880→1900万円
  • 増田 大輝:500→1500万円
  • 北村 拓己:840→860万円
  • 高田 萌生:680→730万円
  • 岸田 行倫:1080→1100万円
  • メルセデス:850→1100万円
  • 戸郷 翔征:500→650万円
  • 大江 竜聖:560→620万円
  • 山下 航汰:420→600万円
  • 松原 聖弥:560→600万円
  • 田中 貴:540→600万円
  • 横川 凱:555→580万円
  • 直江 大輔:555→570万円
  • 松井 義弥:500→520万円
  • 湯浅 大:520→550万円
  • 堀岡 隼人:420→460万円
  • 加藤 脩平:420→460万円

 

年俸の下がった選手

  • 田原 誠次:3600→3200万円
  • 宮国 椋丞:2640→2740万円
  • 今村 信:2600→2800万円
  • 吉川 尚輝:2800→2300万円
  • 立岡宗一郎:2400→2000万円
  • 岩隈 久志:5000→2000万円
  • 中島 宏之:1.5億→2000万円
  • 田中 俊太:1600→1700万円
  • 畠 世周:1920→1630万円
  • 吉川 大幾:1800→1600万円
  • 池田 駿 1700→1450万円
  • 谷岡 竜平:1500→1000万円
  • 村上 海斗:740→710万円
  • 与那原大剛:510→420万円

 

やはり優勝チームだけあって軒並み上がっていますね。

一番高い選手が投手では菅野の6.5億、野手は坂本の5億が最高額になっています。

気になるのはローテーションの中心として120イニングを消化したメルセデスに対する1100万円という年俸の低さですが、契約条項にイニングや勝ち星でのオプションが組み込まれているのと、家族で住める外国人選手用のマンションを開放しているそうです。

 

読売ジャイアンツ戦力分析 

まずは新戦力から確認していきましょう。

 

2020年:巨人新戦力(ドラフト)

支配下

  • 1位堀田 賢慎 (投手・青森山田高)
  • 2位太田 龍 (投手・JR東日本)
  • 3位菊田 拡和 (外野手・常総学院高)
  • 4位井上 温大 (投手・前橋商業高)
  • 5位山瀬 慎之助 (捕手・星稜高)
  • 6位伊藤 海斗 (外野手・酒田南高)
  • ※指名終了

 

育成 

  • 1位平間 隼人 (内野手・徳島インディゴソックス)
  • 2位加藤 壮太 (外野手・埼玉武蔵ヒートベアーズ)
  • ※指名終了

 

巨人がどの段階で山口俊のポスティングを認めたかは定かではないが、手薄な先発をカバーしようと美馬を狙ったがロッテにさらわれる。

ドラフトは高卒と素材型社会人中心のドラフトをしてしまっているので、結果的には積極的に、即戦力投手を確保しにいくべきだったように思う

 

 â˜žã€ãƒ‰ãƒ©ãƒ•ãƒˆä¼šè­°2019】全指名抽選結果、"勝ち組""負け組"はどの球団?評価まとめ - 

 

新外国人補強 

ヘラルド・パーラ:1億6500万円

 

ワールドチャンピオンになったナッツからジェラルドパーラ

外野も高いレベルでこなし、1Bでの起用も可能、打撃はコンタクト能力に長けており、どの打順に組み込んでも機能する利便性の高い打者

 

打者としては鈴木大地に近いかもしれない。

 

MLBではバックアッパー的な立ち位置の選手だがバリバリのMLB戦士

 

 

チアゴ・ビエイラ:5500万円 

 

ブラジルの豪腕チアゴ・ビエイラ 

コマンドは安定しないが常時100mph(160㎞)近いボールをゾーンに投げ込むゴリゴリのハードボーラー。

 

彼は27歳とまだ若く年齢を見ても将来性への投資、外国人枠が空いた時に入ってくるバックアップを考えての補強dと思います。

 

 

アンヘル・サンチェス:3億~4億 

 

KBO (韓国)で圧倒的なスタッツを残したアンヘル・サンチェス

150前後でホップ成分の高い4シーム、140前後のカッターとスプリット、130前後のパワーカーブと様々な球種を高水準で操る豪腕

 

市場でサンチェス以上の投手はいないので、巨人のフロントは本当に良く確保したと思います。

 

 

ナティーノ・ディプラン投手・エスタミー・ウレーニャ内野手

映像すらないので詳細は不明ですが2人のドミニカ選手を確保しました。

2人とも19歳からアメリアでキャリアを初めた選手で、ディプランの最高が2A、ウレーニャが1Aの選手です。

 

ウレーニャ▼ 

 

ディプラン▼ 

 

トライアウト入団

元日本ハム:田中 豊樹

元楽天:八百板卓丸

 

 

八百板は俊足の外野手です。

田中豊樹投手は140後半の真っすぐとスライダーとスプリット型と、今のトレンドをいく投手なので個人的に期待しています。

 

 

2019年の巨人の最大誤算

f:id:ryocuu:20191212214516j:plain

日本経済新聞

 

原監督は2019年シーズンFAで丸・炭谷を補強したほか、2人の外国人選手をチームに迎え入れた。

それが「クック・ビヤヌエバ」この二人に加えて、2018年シーズンからチームに残留したメルセデス・ヤングマン・ゲレーロを含め 5人態勢でスタートしました。

 

しかしシーズンが終わり、戦力になったと言えるのはメルセデス・マシソン・ゲレーロの3人で当初期待されていたビヤヌエバ・クック・ヤングマンに関してはほとんど戦力になりませんでした。

 

外国人以外でも2019年に新たにチーム迎え入れた選手(中島、岩隈)を筆頭に戦力はおろか試合にすら出れていない始末。

 

巨大戦力・金で買った優勝

と…言われるが、由伸政権最終年からの変更点はほとんどないのである。

それどころか、長野の放出菅野のパフォーマンス低下と主要戦力の離脱など、チームの予期せぬ戦力ダウンに見舞われている。

 

2・3・4番の変更点はほとんどなく得点のロストを打順の効率化で防ぎ

経験値を活かした適材適所の起用で阿部と大竹活かし、途中からチームに加わったデラロサ・鍵谷、中継ぎへの配置転換を決断し素晴らしい投球を見せた澤村・田口はチームを優勝へ大きく前進させた。

 

これらの斬新で柔軟性のある選手起用はを改めて監督・原辰徳の価値示す結果となった

 

改めて痛感したのは亀井の存在の重要性

キャリアハイに近い打撃成績に、高いコンタクト率、勝負強い打撃で吉川がいなくなって空いた1番を見事に埋め、ありとあらゆる点でチームに良い影響を及ぼした。

影のMVPを選ぶなら彼以外いないだろう。 

 

予想ローテ・打順

以上をふまえて既存の戦力と照らし合わせ補強ポイントと合致しているかを中心(予想ローテ・打順)について確認していきます

 

予想:スタメン

  • 1番:吉川尚輝(二)
  • 2番:坂本勇人(遊)
  • 3番:丸佳浩(中)
  • 4番:岡本和真(三)
  • 5番:ジェラルド・パーラ(右)
  • 6番:新外国人(一)
  • 7番:亀井義行(左)
  • 8番:小林誠司・炭谷銀仁朗(捕)
  • 9番:投手

 

こうやって見ると本当にバランスの良い打線が組めます

コンタクトが巧く“打ち取りにくい”パーラは5番に組み込めば、中軸が返しきれなかった走者を返す緩衝的な役割が期待でき、打線がより嫌らしく締まると思います。

昨年は丸以降アプローチの粗い打者が続いたので、パーラは打線の形成において本当に意味のある補強になったと思います。

 

懸念材料は吉川の離脱(怪我) 通年出場した37歳の亀井の身体の状態、野手(特に内野)は本当に層が薄いので、大きな悩みの種の一つです。

 

吉川が通年出れれば優勝できるよ巨人は

 

6番の新外国人は希望です。

「予想なら埋めろよ」って話ですけど、もう一人外国人選手を補強するという記事も見たので、最後のピースに近い長打型の選手をなんとか連れてきてほしいです。

 

予想:ローテーション

  • 先発▼

菅野 智之

田口 麗斗

メルセデス

アンヘル・サンチェス

髙橋 優貴

桜井 俊貴

 

岩隈 久志

髙田 萌生

畠 世周

戸郷 翔征

古川 侑利

 

  • 中継ぎ▼

中川 皓太

澤村 拓一

大竹 寛

戸根 千明

鍵谷 陽平

田原 誠次

高木 京介

堀岡 隼人

太田龍

 

  • 抑え▼

デラロサ

 

先発▼

やはり気になるのは山口俊がチームから抜けることですが、アンヘル・サンチェスが加わればそっくり穴は埋まる思います。

 

球威が低下し近年成績を残せていなかった田口が中継ぎ転向を機に復調

来季からは先発に戻ると言われているので、150回相当の投球回を稼いでくれると予想

 

ムービングを操る3年目のメルセデス

シーズン中盤に2段モーションを辞め球威で押す本格派タイプとして輝きを見せた髙橋 優貴もローテの中心として機能してくれると思います。

 

次に大エース菅野についてですが、今シーズン2年連続沢村賞を受賞した面影はまるでなく、11勝/136回/3.89の防御率と、映像を見ても球威が低下し、スライダーも曲がりも甘く、集中打を浴びるケースも良く見ました。

 

菅野は2013年以降投げ続け毎年のように200回~170回近い投球回を消費。

更にポストシーズン、WBCなどの国際泰、由伸政権時には不毛な酷使など、巨人という球団の垣根を超えて球界のエースとしての役割を担ってきました。

勤続疲労などと言われていますが、来季は特に菅野智之に期待したいです。

 

ザっと見ても巨人の先発陣は様々なタイプがいてバリエーションは豊かです。

 

中継ぎ・抑え▼

先発を見てもそうですが、層は明らかに薄いです。

巨人と言えばFA補強での戦力の上澄みが期待できる球団ですが、市場にでた益田は残留、美馬はロッテとFAでの上澄みはできませんでした。

 

昨年の開幕前のブルペンの薄さは近年稀に見る深刻さで「セットアッパー吉川」「抑えクック」という全裸で空母に突っ込むような身構えでスタート

そこから配置転換(澤村・田口)・トレード(鍵谷)ジョーカー起用(大竹・高木京介)と、いる人材をフル活用してペナントを勝ち取りました。

 

2020年はビエイラが加わりましたが、陣容はさほど変わらず

しかし配置はある程度決まっているので落ち着いてシーズンに入れるともいます。

 

ブルペンの中で最も注目したいのが戸根と澤村

巨人の中継ぎのメンバーを見ても力で押す支配力のある投球ができるのはこの2人

特に澤村は脱力を覚えMLBクラスのボールを投げるまでに、怪我さえなければ、無敵のセットアッパーとして君臨してくれるはず

 

 

スタートからクローザーとして起用が予想されるデラロサですが、彼は昨年の投球ができればそのまま「クローザー」というポジションに収まってくれると思います。

 

期待できる若手選手

最後に期待できる若手について紹介

 

イスラエル・モタ

f:id:ryocuu:20191212223319j:plain

出典: スポーツ報知

 

  • 国籍:ドミニカ共和国
  • 生年月日:1996å¹´1月3日(23歳)
  • 身長・体重:188 cm・98 kg
  • 投球・打席:右投右打
  • ポジション:外野手
  • 年俸:226万円(2019年)

 

引用:wiki

 

メルセデスとラモスと同じカープアカデミー出身の選手。

188㎝・98㎏という巨体から凄まじい打球を放つモンスタースラッガー

打撃フォームに過剰なヒッチなどの癖がなく、昨年支配下登録もされ個人的に期待大

 

 

ちなみにワンピース・ナルト・七つの大罪が好きだそうです。

 

堀岡 隼人

f:id:ryocuu:20191212224803j:plain

出典:日刊スポーツ

 

  • 出身地:神奈川県秦野市
  • 生年月日:1998å¹´9月11日(21歳)
  • 身長・体重:183 cm・88 kg
  • 投球・打席:右投右打
  • ポジション:投手
  • 年俸:460万円(2020年)

 

引用:堀岡隼人 - Wikipedia

 

今時珍しい投げ下ろすタイプの右腕、カーブはヌルいが150㎞に迫る直球、140㎞のスライダーを武器とし、近年のストレート+スライダーで勝負するトレンド型の投手

 

まだまだ良いボールと悪いボールの差が大きく再現性は低いが、昨年投げたスライダーは質/威力共に紛れもなく1軍クラス。

 

 

2020シーズンは層の薄くなったタイミングでブルペン要因として登板機会があると確信している。

 

増田陸

f:id:ryocuu:20191212231908j:plain

 

  • 出身地:大阪府大阪市
  • 生年月日:2000å¹´6月17日(19歳)
  • 身長・体重:178 cm・80 kg
  • 投球・打席:右投右打
  • ポジション:遊撃手
  • 2018年:ドラフト2位
  • 年俸:600万円(2020年)

 

wiki引用:増田陸 - Wikipedia 

 

打撃は想像以上に力強く、攻守に渡ってセンスの光る内野手。

山下同様数年後巨人の戦力の底上げを担う存在として注目

 

坂本の後継と言われているがアームの弱さが若干気になる。

 

戸郷や山下もいましたが今回は割愛 

☞【巨人】No.1若手有望株山下航汰!これがプロスペクトだ - 

 

最後に▼ 

今後も新しい情報がどんどん増えていくと思うので、それに合わせえて加筆・修正していきます。是非参考にお役立てください

 

最後までお読みいただきありがとうございました。