【動画】オリックス獲得?アダム・ジョーンズ 成績/特徴を紹介!まさかのド級の大物

f:id:ryocuu:20191210022749j:plain

 

オリックスがアダム・ジョーンズを獲得するとの報道が出ましたね。

いやぁー驚きました。巨人がジェラルド・パーラを引っ張ってきた時も驚きましたが、彼はまだMLBでもいわゆる当落線上の選手。

>>>【動画あり】巨人調査!ジェラルド・パーラの成績や特徴を紹介!日本で見たいベイビーシャーク -

 

アダム・ジョーンズは角が違い過ぎるバリバリのメジャーリーガーですから。

当記事そんなアダム・ジョーンズについてご紹介していきます。

 

 

 

アダム・ジョーンズの経歴

 

選手情報▼
  • 国籍:アメリカ合衆国
  • 生年月日:1985å¹´8月1日(34歳)
  • 身長/体重:190cm/102.1 kg
  • 投球・打席:右投右打
  • ポジション:外野手

 

  • 所属チーム

シアトル・マリナーズ (2006 - 2007)

ボルチモア・オリオールズ (2008 - 2018)

アリゾナ・ダイヤモンドバックス (2019 - )

 

引用:アダム・ジョーンズ - Wikipedia

 

少しでもMLBに興味のある方ならどなたでもご存知であろう選手。

ドラフト1で指名され期待されていましたがピッチャーズパークのシアトルでは華が開かず、元広島のミコライオとのトレードでボルティモアにいってから才能が開花。

 

毎年30本近い本塁打と華麗な守備に強烈なアーム。

盗塁数は10程度だけれど、高い走塁技術を持つ5ツールプレーヤーとして長くMLBのベスト中翼に君臨し続けた選手です。

 

現在のMLBのアフリカ系アメリカ人を代表する存在。

 

長らくオリオールズの中心として活躍したアダム・ジョーンズ

 

2008年からチームの過渡期を支え2018年までオリオールズで活躍しました。

プレーは勿論、ポストシーズンといった重要な試合で経験もあり、リーダーシップ面で優れているなど、とても人気のあった選手です。

 

ジョーンズの年俸

アダム・ジョーンズの2018年のサラリーは1,733万ドルです。

実績のr選手にしては、とんでもない安さです。

もしかしたらこの辺も日本に来る要因の一つになっているかもしれません。

 

MLBでの成績

  • 2018å¹´MLB成績(BAL)

145試合 485打数 126安打 15本塁打 63打点 24四球 打率.281

 

  • MLB通算成績

1823試合 7516打数 1936安打 282本塁打

945打点 四球345 打率.277 長打率.454 出塁率.317

 

調べてて思いましたが2000本安打まで残り64本なんですね節目の大きな記録なので、この辺はどう捉えているんでしょうかね。

 

  • 2019年成績

137試合(528打席)

打率.260

16本塁打

長打率.414・出塁率.313:OPS.728

 

今期は長く活躍したボルティモア・オリオールズからナ・リーグのダイヤモンドバックスに移籍、乾燥してボールのよく飛ぶヒッターズパークを本拠地にした数字では、やや物足りなさを感じます。

 

選手としての特徴

低出塁率・高長打型

 

打撃のタイプは完全なるフリースインガー。

日本ハムの大田泰示を思い浮かべるとわかりやすいです。

通算で見ても打率が280くらいなのに対して出塁率は.310くらいを推移しています。
 

MLBの舞台で280.20本の成績を安定的にたたき出していたのは、他チームのスカウティングに晒されてないだけだと、いつも思っていました。

生産性の高い打撃フォームとは裏腹にアプローチが粗いからです。

 

しかしこの手のフリースインガータイプで、負担の大きいセンターを守り、毎年のようにスラッガーらしい打撃スタッツを残し続ける選手はあまり例を見ないので物凄い選手である事に変わりはありません。

 

守備は年齢と共に劣化 

 

かつては3年連続を含む、4回のゴールデングラブを獲得している名手

広いレンジ、球際の強さが光り印象的なビックプレーも度々見せています。

 

 

元々アスリートタイプの選手で身体能力が加齢と共に成績が劣化予想されていましたが、近年は分かりやすく劣化、センターを守る機会も年々減少。

メインポジションは2017年までセンターで2018年からライトに転向しています。 

 

アダム・ジョーンズのUZRはボルティモア時代2017年・2018年に最も低く-13.6・-12.0

これは明らかに外野特に中翼を守れるキャパを大幅に下回っており全盛期の面影は全くありません。

 

しかし中翼より負担の小さい右翼で見るとUZRは-1.8と見れる範囲には収まっています。2019年のUZRは外野全体で-2.2です。 

 

まとめ▼ 

オリックスはなぜロメロを斬るのかと思っていたけれど、とんでもない大砲が飛んできた。MLBの大物で言うとベタンコートの例がるけれど、また格の違う選手

 

言っては悪いけれど、オリックスは不人気球団、彼が来れば観客の動員にも繋がるだろうしMLBでの長いキャリア、ポストシーズンの経験、WBC優勝と強いリーダーシップのある選手なので、多方面に影響があると思います。 

 

MLB通算282発のアダム・ジョーンズと92発のボーア

MLBで1400試合以上出場経験のあるパーラとA・エスコバー(GG賞経験あり)

 

↪阪神獲得!ブラゼルの再来、ジャスティン・ボーアの成績・経歴や特徴を紹介 -

 

そして今回のアダム・ジョーンズと、これほどの選手はアンドリュー・ジョーンズ以来ですかねファンでなくてもワクワクします。

 

どうやら本当に来てしまいそうですね▼

 

今後の展開を注視していきたいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

他の外国人に関する記事▼