2020年の干支は「庚子(かのえ・ね)」知っておきたい豆知識

f:id:ryocuu:20191209174751p:plain

 

世間一般に十二支と言えば年賀状のデザインなどに使う12種類の動物:干支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)で一回りですが、 

本来干支は「十干」と「十二支」を組み合わせたもので、2020年は正確に干支を表すと「庚子(かのえ。ね)」になります。

 

 

十干と十二支の組み合わせ

f:id:ryocuu:20191209181041j:plain

引用:file.uranaiyogo.7narabe.net

 

2020年の干支は「ネズミ」です。

しかし干支は正確には、十干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)と、十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)の組み合わせからなっており、2020年の干支は「庚子(コウシ)年となります。

 

  • 十干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)
  • 十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)

 

f:id:ryocuu:20191209191121p:plain

 

  • 1780年(安永9年)
  • 1840年(天保11年)
  • 1900年(明治33年)
  • 1960年(昭和35年)

以上の年は庚子の年になります。

 

還暦に関する考察

日本では子年・丑年などが十二支、甲乙丙丁という数え方が十干として残っています。

 

十干十二支の組み合わせは60通りあり、60年周期で循環しています。

実は「還暦」の語源はここからきていて、還暦は文字通り「暦が還る」こと、60年で十干十二支が一巡して生まれたときに還るってことなので、自分が生まれた年の干支が本当に回ってくるのは60年後、これを「還暦」と言うそうです。

 

庚子(かのえね、こうし)の意味

f:id:ryocuu:20191209185201j:plain

 

干支の一つ。

干支の組み合わせの37番目で、前は己亥、次は辛丑である。

陰陽五行では、十干の庚は陽の金、十二支の子は陽の水で、相生(金生水)である。

 

引用:庚子 - Wikipedia

 

陰陽五行説で「庚」と「子」を見た時、「金の星」「水の星」となります。金から水を生じるイメージで相性となります。

 

分かりずらですが、庚子とは、周りに助けられるばかりでなく、自ら主体性を持って生きていくという意味なのです。

 

どんな年?

2020年の干支は「庚子」大チャンス

庚子(かのえ・ね)は、十干と十二支の組み合わせて60年に1度めぐる。

新たな芽吹きと繁栄の始まりとされ、新しい事を始めると上手くいきやすいのが特徴。

 

「庚子」▼

子は始まり、芽吹きを意味し。

庚は終わり、成熟を意味します。

また、庚と子の組合せは相生、6年ぶりに訪れた良い組合せ、めでたい年です。

 

終わりと始まり、そして良き相性。

良き人との繋がりが、素敵な変化を齎す年かもしれません。

 

今までの物事を更新して行きましょう

次の新しい段階へ繋げて行けるように、今までのやり方を見直してみては?

 

とりあえず宝クジ買わなきゃ(笑)

 

60年前、1960年の日本 

f:id:ryocuu:20191209180800j:plain

安保闘争 - Wikipedia

 

1960年には池田内閣が誕生します。

これは反対を押し切って安保の強行採決をした岸内閣が混乱の責任を取って総辞職。

 

1960年は日本の若者が最も怒っていた時代。

「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約」いわゆる現行の形の日米安保の締結が1960年、大学生・高校生が街頭デモに多数参加し社会は大揺れ

一方で、経済は順調で少子高齢化社会となった日本とは全く違う様相です。

 

東京タワーが完成したのもこの年です。

煙草の銘柄ハイライトが発売されたのも1960年

当時世界で最も売れた煙草(2週間で4億本以上)のハイライトは、高度経済成長期を象徴するような銘柄です。

 

f:id:ryocuu:20191209180011j:plain

 

2020年はやはり…

2020年はなんといってもオリンピックという名のメガイベントがあります。

過去の夏季五輪では、開催国の大半で翌年の経済成長率が下落。

20年前後は世界経済の危機と重なるとの指摘もあり、巨額の経費

マラソンの札幌開催や、日本人でも滅入るような猛暑など

国立が完成した今でもなお、五輪の強行を危ぶむ声は絶えない。

 

いずれにせよ良しにつけ悪しきにつけ2020年のオリンピックは楽しみですね。

躍進を遂げたラグビー・復活した野球を筆頭に可能な限り楽しんでいきたいです。

 

鬼滅とエヴァンゲリオンも2020年▼

五輪よりむしろこちらが楽しみなオタクであった…(笑)

 

 

1960年生まれの有名人

  • 徳仁:日本の第126代天皇
  • コロッケ
  • 船越英一郎
  • サンプラザ中野くん
  • 黒木瞳
  • 生瀬勝久
  • ダンプ松本
  • 佐藤浩市
  • 清水ミチコ