【動画あり】ヤクルトが獲得したガブリエル・イノアの特徴/成績をご紹介

f:id:ryocuu:20191205183507j:plain

 

ヤクルトが2020年の新外国人選手「ガブリエル・イノア」を獲得したことを発表しましたので、イノアの成績や特徴についてみていきます。

 

 

ガブリエル・イノアの経歴

  • 国籍:ドミニカ共和国
  • 生年月日 1993å¹´5月26日(26歳)
  • 身長:188 cm
  • 体重:93 kg
  • 投手
  • リセオ・ドン・ペペ・アルバレス高等学校
  • ニューヨーク・メッツ (2016)
  • ボルチモア・オリオールズ (2017, 2019)

 

wiki:引用

 

「ガブリエル・イノア」の成績

f:id:ryocuu:20191205183609j:plain

 

2019年の成績は、1勝10敗防御率5.61whip1.37とヤバめ

110.2回投げて67奪三振、29被本塁打と、今期ア・リーグ東地区のダントツ最下位のチームでイニングを喰い続けたスターターらしい数字と言えます。

 

f:id:ryocuu:20191205191127j:plain

 

  • 2017年:MLB

9登板 2勝 3負 34回 26奪三振 8四球 防御率4.15

 

  • 2019:MLB

36登板 1勝 10負 110回 67奪三振 26四球 防御率5.61

 

Gabriel Ynoa Stats | Baseball-Reference.com

 

成績を見ても気になるのは、異様に三振少ないのと、被本塁打29は異様な数値

制球が不安定な日に、取りに行って→打たれる。という構図が想像できます。

 

投手としての特徴

低めに集めてゴロを打たせるタイプ

ストレート&チェンジアップ主体にゾーンを攻める

マイナー通算BB/9=1.5のコマンドを武器としている技巧派。

これといった決め球はなく、多彩な変化球(スライダー、カーブ、チェンジアップ)を駆使しして、ストライク先行の投球で試合を作るタイプの投手。

 

BB9(9イニングに平均何個の四球を出すか)が2.1と数字で判断すると、四球からガタガタになるというタイプではないです。

 

技巧と書いていますが平均の球速は92mph~94mph(平均150㎞)です。

分かりやすいシンカーボーラなので、腕のアングルを見てもイメージ的には元ヤクルトの館山や、現ヤクルトブキャナンに近いと思います。 

 

投球動画

3年前のマイナーでの登板

 

 

最後に

ヤクルトはロッテのボルシンガー獲得を勝手に予想していましたが、タイプ的に丸被りなので、その線は無くなりましたね。

曲がりなりにもMLBのローテで投げていた投手なので来日が楽しみです。

 

以上です何か情報があれば更新していきます。