【動画】阪神調査!アデルリン・ロドリゲスの特徴・打撃スタイルは?190㎝巨漢スラッガー

この記事をシェアする

f:id:ryocuu:20191119034915j:plain

 

阪神獲得報道がでたアデルリン・ロドリゲスの特徴についてまとめました。

最新情報が入り次第更新していきます。

 

 

アデルリン・ロドリゲスの経歴

f:id:ryocuu:20191119030317j:plain

 

  • アデルリン・ロドリゲス(Aderlin Rodrigues)
  • ドミニカ共和国出身
  • 27歳
  • 内野手 右投げ/右打ち
  • 身長190センチ 体重95キロ


マイナーばかり8チームを渡り歩いてきた27歳です。

マイナーのキャリアハイは2016年。ホームラン26本で打率.304。

 

AA'17 打率.279(484-135) 22本 76打点 長打率.471 OPS.812

AA'18 打率.286(483-138) 23本 92打点 長打率.478 OPS.813

AAA'19 打率.321(265-85) 19本 64打点 長打率.634 OPS.997

 

アデルリン・ロドリゲス所属のエルパソは超打高のリーグなので参考までに

 

昨年にロッテの入団テストを受けてる選手

11月13日(火)から15日(木)までの3日間、鴨川秋季キャンプにてアデルリン・ロドリゲス選手(Aderlin Rodriguez)のテストを行う事になりましたのでお知らせします。

 

アデルリン・ロドリゲス選手 テストについて|千葉ロッテマリーンズ

 

26歳と年齢も若い事から将来性を評価し秋季キャンプでテストしている。

しかし丸との交渉次第と保留していた間に来季の所属先が決まってしまった背景があります。これに関してはロッテの判断が悪かったですね。

 

ロドリゲスの所属するエルパソには、大塚コーチ(中日の駐米スカウト兼・パドレスAAAコーチ)がいるのでNPBとの橋渡し役になるのでは、と薄々期待していた。

 

呼び名 

米国での呼び名はヤンキースなどで活躍したアレックス・ロドリゲスにかけて「Aロッド」だったといい、「僕もその呼び方は気に入っているよ。

憧れの選手のうちの一人だ」と笑顔。

 

https://hochi.news/articles/20181115-OHT1T50302.html

 

アデルリン・ロドリゲスの特徴

長距離型の右のスラッガー

 

守備位置は一塁専、外野の経験ほLF以外ぼない

190cm95キロの巨漢でパワーツールも申し分ない長打力が武器の右のスラッガー。

 

3年連続で20本塁打以上とマイナーの実勢がある「ペゲーロ枠」といった感じ

四球は少なく三振が多い、典型的なフリースインガータイプ

 

 

 

物凄いフォロースルー 

 

 

広角・右方向に滞空時間の長い一撃を打てる。

これは昨年の秋季キャンプでも見せている。

 

 

所感

今年は、キャリア初3Aで打ちまくり去年と同じ条件じゃ日本に来てくれないだろうと思っていたら獲得報道が出て何より、来れば1年越しなので頑張ってほしいですね。

 

ただ阪神の場合マルテとロドリゲスではポジション丸被り

 

さすがにPJ、ガルシア、マルテ、ロドリゲスの4人でスタートするとは思えない

広い甲子園であまり経験のない外野を守らせるとも思えないので 

序列的には、同じく獲得報道が出ているジャスティンボーアが来なかった時の保険、スペア外国人、くらいに考えているのではと思います。