【AdSense】全く効果のない「リンクユニット…」クリック数が上がる僕の広告の配置を大公開

f:id:ryocuu:20191107000414j:plain

 

どうも【アニメと漫画の読み物( ^^) _旦~】です。

 

Googleアドセンスの高校の配置にや種類に関する紹介記事です。

アドセンス広告の配置に困ったら参考にしてみて下さい。

 

 

広告の数

1番効果あったのは広告の数と配置でした、ユーザー目線が何より大事だが、控えめはではダメ、広告はやはり目についてナンボ

 

これまでGoogle AdSenseの広告は1ページに3つまでしか設置できませんでした。

ところが、Google AdSense 公式ヘルプフォーラム エキスパートの竹中さんの記事によると、2016年8月中旬からはアドセンス広告設置数の上限が撤廃されたそうです。

 

引用:(https://web-ashibi.net/archives/1043)

 

一時期より倍に広告数を増やして、アドセンスの「設置箇所」や「表示数」を変えるだけで、クリック数が4倍、ページCTRが0.61%から1.4%に改善されました。

 

以下で当ブログの広告配置をご紹介していきます。

 

自動広告について▼

f:id:ryocuu:20191107002450j:plain

 

ちなみにGoogleアドセンスがやたら自動広告を勧めてくるから試しにONにしたら”とんでもねえ量”になったので即OFFにしました。

 

まともな場所にまともな数の広告を配置してくれない上にレイアウトがぐちゃぐちゃになってしまって、設定をいじるのも面倒なので、あきらめて潔く外しました。

 

当ブログの広告配置

  • ヘッダー上・横長
  • 1番目のhタグの上に320×100
  • 3番目のと6番目のhタグの上に記事内広告
  • hタグ下から3番目に記事内広告
  • 記事下直下・関連コンテンツ
  • シェアボタンの下・インフィード広告
  • 最下部・横長
  • サイドバー・縦長

 

僕はこれで落ち着きました。

入れたい見出しの上に広告を入れる方法は【【本当にコピペ一発!】はてなブログで「文中にアドセンス広告を入れる」を自動化する方法 - UXエンジニアになりたい人のブログ】こちらの記事から。

 

あまり成果の無かったリンクユニット

f:id:ryocuu:20191107030538j:plain

 

 当初成果が大きいと言われていたのでこの「リンクユニット広告」を目次の上に置いていましたが、成果があまり出ていなかったので今は、ディスプレイの広告を一つ目の大見出し・中見出しの上に置いています。

 

少し前は「リンクユニットを置いたら稼げる」という噂をよく耳にしました。

あれはなんだったのか?

リンクユニットは2回クリックされないとお金にならない。

普通に考えるとリンクユニットは稼げないと思う。

 

一番クリック数が多いのは「記事内広告」 

f:id:ryocuu:20191107031749p:plain 

 

最大のポイントは”記事内広告”を使うこと。

アドセンス広告ユニットの1つである記事内広告は収益アップの効果があって、さらに広告感が薄いレイアウトでユーザビリティに優れたおすすめの広告ユニット

 

この「記事内広告」に変えてからAdSenseのクリック率が結構大きく改善した

要因はおそらく「記事内広告」には「もっと見る)的なボタンがあること

 

自動広告にすると、かなり乱暴に記事内広告が差し込まれるので、記事内のH2見出しの上に手動で広告を入れるのが今のとこいい感じでおすすめ。 

 

最強の関連コンテンツは「記事直下」 

f:id:ryocuu:20191107033312p:plain

 

収益を生み、ブログ回遊性も高められる関連コンテンツは最強

 

視認可能率は30%前後で、クリック単価も他の広告と比べるとやや低めな反面、クリック回数は多く設置しているの広告の中では最多です。

 

ある一定の成果を出さないと出現しない広告ですが、しっかり文字の色(薄い色がおすすめ)も設定してブログに溶け込ませると、劇的にクリック数が増えます。

 

文章の終わり記事の直下がおすすめ

 

 記事直下にアドセンス広告を張る方法はこちらの記事から ▼

 

単価の高い横長・縦長 

元アドセンス担当によると面積の広告ほど、単価高いとか。

だからトップバナー横長とかは見た目ダサいけど単価は高いらしいです。

 

ちなみに単価が高いからといって記事中に横長の広告を挟んでも全くクリックされないのでご注意を!

 

一つ注意ですが、ブログのタイトルヘッダーの真下に、横長の広告を張るのは表示速度の関係で、アドセンスの広告は表示されないこともあり、表示されない場合、でかでかと大きな空白が空くこともあるので気になる方は張らない方が良いと思います。

 

各広告枠の収益額・クリック数のチェック

f:id:ryocuu:20191107043027p:plain

 

Google AdSenseのヘルプページにヒントが載っているよ

 

アドセンス画面で、どの広告から収益が生まれているかリサーチすることはとても大事です。

 

「Googleアドセンスのホーム画面」→「レポート」→「広告ユニット」から、各広告枠の収益額・クリック数のチェックができるので色々検証してみて下さい。

 

まとめ

おさらい▼

 

Google AdSenseでクリック率の高い広告配置

  • ☑︎記事タイトル下
  • ☑︎目次下
  • ☑︎記事下

基本的にはこの3つ!

 

そして縦長のバナー広告はCPC(広告単価)が高いので余裕があれば張ってみて下さい。

 

リンク広告が流行った時もそうだけど、自分のブログ(アフィ・雑記)に合う広告の種類、位置じゃないと無意味なので、他人の意見もとても大切だけど、それを踏まえつつ試行錯誤していくのが大切だと思います。

 

あと広告の数を渋っても仕方ないというのが僕の結論です。

 

アドセンスは配置の仕方ひとつで、収益の額も変わるし、収益の中身の割合(どの広告ユニットがどれくらい収益を上げているか)もまったく変わってきますね。

 

なかなか、奥が深いので自分で試行錯誤しながら自分で試してみるのも面白いと思います。