【2019】東北楽天イーグルスのプロテクトリストをガチ予想(28名)

f:id:ryocuu:20191028204928j:plain

 

 

当記事では2019年、東北楽天ゴールデンイーグルスのプロテクト28名を、楽天にBランク以上の選手が入団したと仮定し予想していきたいと思います。

 

FAの補償の有無を決める基準が、前年の日本人選手年俸ランキングで、1〜3位がAランク、4〜10位がBランク、11位以下は補償なしのCランクとなっています。

 

  • Aランク選手

プロテクト外1名&年俸50%分の金銭を相手球団へ
(2度目以降のFA移籍ならプロテクト外1名+年俸25%分)

 

  • Bランク選手

プロテクト外1名&年俸40%分の金銭
(2度目以降のFA移籍ならプロテクト外1名+年俸20%分)

 

  • Cランク選手

人的・金銭共に補償無し

 

 

 楽天プロテクト予想(28名)

では、楽天がプロテクトするであろう選手などを書いていきます。

※その年のドラフトで獲得した選手と、外国人選手(FA権取得による日本人登録選手も含む)は人的補償できないので、プロテクトする必要はありません。 

 

(投手:13人)

  • 松井裕樹
  • 岸孝之
  • 則本昂大
  • 塩見貴洋
  • 藤平尚真
  • 美馬学
  • 弓削隼人
  • 小野郁
  • 青山浩二
  • 森原康平
  • 高梨雄平
  • 辛島航
  • 石橋良太

 

(捕手:2人)

  • 太田光
  • 堀内謙伍

 

(内野手:6人)

  • 浅村栄斗
  • 茂木栄五郎
  • 銀次
  • 山﨑剛
  • 内田靖人
  • 渡邊佳明

 

(外野手:7人)

  • 辰己涼介
  • オコエ瑠偉
  • 田中和基
  • 島内宏明
  • 岩見雅紀
  • 小郷裕哉
  • 和田恋

 

主なプロテクト漏れ選手 

  • 投手:釜田佳直・安樂智大・菅原秀・鈴木翔天・近藤弘樹・福井優也
  • 捕手:山下斐紹
  • 内野手:藤田一也 ・村林一輝・フェルナンド
  • 外野手:下水流昂・岡島豪郎・島井寛仁

 

ザっと見ても支障がない範囲でカバーできている気がする。

 

一方で外野に関しては、益田・鈴木大地を獲得した場合、ロッテは平沢・安田・藤原と代表的なプロスペクトが左に偏っている上、佐藤高部を加えているので、「左の外野手」に関しては飽和気味であり、無理にプロテクトする必要性はない。

逆に秋山を獲得した場合、西武は外野が手薄なので、外野のプロテクトの陣容がだいぶ変わってくると思われます。

 

楽天のFA情報

楽天のFAに関連した情報の記事です。

 

2019年10月8日:日刊スポーツ

西武秋山翔吾外野手(31)とロッテ鈴木大地内野手(30)の獲得調査を進めることも分かった。秋山は今季海外FA権を取得。

 

3年連続で打率3割&20本塁打以上をクリアし、4度目の最多安打に輝いている。

楽天の外野陣で今シーズン固定できたのは島内だけ。秋山はメジャー移籍も視野に入れているとみられ、動向を注視していく。

 

美馬がFA権行使を視野、楽天は西武秋山ら獲得調査 -  日刊スポーツ

 

2019年10月8日:スポニチ

シーズンを通してソフトバンク・福田や、ロッテ・鈴木、広島・会沢ら複数のFA選手について水面下で調査を続けているという。

いずれも権利を行使すれば複数の球団が獲得に動くのは確実で、今後も動向を注視していく。

 

新外国人の調査も並行して進めており、チーム力アップのための整備を進めていく

 

楽天 FA補強へ ソフトB・福田、ロッテ・鈴木、広島・会沢らを水面下で調査― スポニチ Sponichi Annex 野球

 

2019年10月28日:NHK NEWS

一方、ロッテはフリーエージェントの権利を行使したうえでの残留を認めていて、井口資仁監督は「最大限の交渉をしていると球団から報告を受けている。

 

チームに残ってもらうのがベストだ」と話していました。

 

鈴木選手に対しては、巨人、楽天それにDeNAが獲得に関心を示していて、交渉が解禁される来月3日以降、争奪戦になることが見込まれます。

 

プロ野球 ロッテ 鈴木が国内FA権の行使を表明 | NHKニュース

 

※記事が入り次第更新していきます。

 

昨年の浅村選手の獲得から則本選手の7年契約やらトレードやらで、石井一久が何かしでかしそうな東北楽天ゴールデンイーグルスの今後の動向を注視していきたい。