感想/見所紹介!『ドラベース―ドラえもん超野球外伝』熱血マンガに野球の試合にドラえもんの道具が使える面白さ!

この記事をシェアする

f:id:ryocuu:20190810190559j:plain

 


 

国民的作品×野球『ドラベース―ドラえもん超野球外伝』のあらすじ・見所・感想

 

野球を知らない人でもこれを読んでいた人は多いのではないでしょうか?

ドラえもんと「22世紀の野球」を題材に、秘密道具使える戦術性も相まって野球の面白さが引き出されてるこの作品の魅力をご紹介します。

 

このページを読めば、あらすじやドラえもんを始めとした登場キャラ、見所を十分理解できる内容となっているので是非最後までご覧ください。

 

伝説のコロコロ連載作『ドラベース―ドラえもん超野球外伝』のあらすじ

f:id:ryocuu:20190810193245j:plain

 

『ドラベース―ドラえもん超野球外伝』の設定や作品の概要について紹介します。

 

作品の概要について

  • 作者:むぎわらしんたろう
  • 掲載誌:月刊コロコロコミック
  • 巻数:全23巻

 

22世紀でひみつ道具が使えるようになり、ドラえもんがひたすら熱血野球をするスポ魂漫画で、言わば「汗ドラ」という感じの作品

 

魔球やひみつ道具に頼りすぎない、各々の熱さで戦う姿が格好良い。

コロコロの漫画でもトップクラスに入る名作。

 

あらすじ

クロえもんも草野球チーム・ドラーズを率いるほどの熱中ぶりだ。

ところが、このドラーズ、じつは結成以来、一度も試合に勝てたことがないという、かなりのダメチーム。

「負けるのに慣れた」なんて情けないことを言うメンバーに対し、クロえもんは、次の試合で負けたらチームを解散すると言い放った。 

 

9割がロボット『ドラベース―ドラえもん超野球外伝』の登場キャラたち(ネタバレあり)

『ドラベース―ドラえもん超野球外伝』では、登場人物の多くが人間ではなくロボットで個性的なキャラが多数登場します。そんな彼らをご紹介します。

 

江戸川ドラーズ

f:id:ryocuu:20190810223618j:plain

(出典:『ドラベース―ドラえもん超野球外伝』)

 

「江戸川ドラーズ」は東京都のネコ型ロボット達が集まった野球チームで、命名はドラえもんによるもので、チーム名の由来はドラ猫たちの集まりだから

 

結成時は名前もわからないロボット7名で、チームができてから一度も勝ったことがない。この弱小チームドラーズが努力と情熱で強くなっていく展開は熱い。

 

クロえもん

f:id:ryocuu:20190810225709j:plain

(出典:『ドラベース―ドラえもん超野球外伝』)

 

主人公で「江戸川ドラーズ」のキャプテンクロえもん様

凄まじい負けん気でチームを引っ張るリーダー

その名の通り、黒いネコ型ロボットで、どら猫宅配便で働いている。

 

ヒョロえもん

f:id:ryocuu:20190811013121j:plain

(出典:『ドラベース―ドラえもん超野球外伝』)

 

江戸川ドラーズのファースト。打順は6番。左投げ左打ちのレフティである。

 

根っからの江戸っ子であり口が悪い、クロえもんと並びチームの精神的支柱であり、チームのムードメーカー兼ダメージ担当。普段は魚屋。

派手さは無いし泥臭いがカッコイイのである。愛すべきヒョロえもん

 

藤本ひろし

f:id:ryocuu:20190810235800j:plain

(出典:『ドラベース―ドラえもん超野球外伝』)

 

主人公クロえもんの相棒(ドラえもんののび太ポジション)

メガネポジションだがこちらのメガネは熱血かつ努力家、ドラーズのピッチャーでフォークとストレートが武器。

この作品に登場するキャラには珍しく、人間なのに直球で金属バット粉砕する剛球の持ち主

 

シロえもん

f:id:ryocuu:20190811002246j:plain

(出典:『ドラベース―ドラえもん超野球外伝』)

 

「クロえもん」と「江戸川ドラーズ」のライバルキャラ

絶妙のコントロールと剛速球を誇り、さらにはアルファベットの「W」の字のように急激な変化を見せる魔球Wボールまで操る万能投手である。

 

最初はプライドが高く、チームメイトに冷たく当たったり、「野球は俺一人で十分」と言ったり冷血なキャラでしたが、戦いを経て、チームを信頼するようになり

熱血漢へと変化、才能にモノ言わせる傍らで魔球のために努力する姿が好き

 

チビえもん

f:id:ryocuu:20190811012611j:plain

(出典:『ドラベース―ドラえもん超野球外伝』)  

 

荒川を流されていた所をドラーズに拾われてそのままチームに加入する。

名前の通りチビで泣き虫だが、足がめっちゃ速い、ミスも多いけど憎めないキャラ

ポールに駆け登って大飛球をキャッチしたシーンは忘れられない、そのあとチビ特製のバットを使ってWWボールを攻略したのは感動

 

『ドラベース―ドラえもん超野球外伝』の見所3選(ネタバレ含む)

未来のルールで繰り広げられる熱血野球マンガには見所がたくさんあります。その中でもおすすめのポイントを厳選してご紹介します。

 

必殺技・秘密道具の魅せ方

f:id:ryocuu:20190811003954j:plain

(出典:『ドラベース―ドラえもん超野球外伝』)

 

 『試合開始時に指定された3つのひみつ道具をそれぞれ1回ずつ使ってよい』

 

という特殊ルールを試合に取り入れることで、既存の野球漫画とうまく差別化されて、必殺技・秘密道具の魅せ方が上手く、試合展開がどうなるか本当にわからない。 

満塁ホームランでさえも秘密道具一つで簡単に取られてしまう

しかし秘密道具に“頼る”試合展開じゃなくあくまで熱いストーリーが見所。

 

斬新と王道が奇跡の融合、既存のドラえもんらしい世界観を活かす設定

コレを考え付いたのは中々凄いと思います。

 

f:id:ryocuu:20190811012849j:plain

(出典:『ドラベース―ドラえもん超野球外伝』)  

 

 

 熱血あり努力あり友情ありの〝王道〟野球マンガ

f:id:ryocuu:20190811004009j:plain

(出典:『ドラベース―ドラえもん超野球外伝』)

 

努力面、そして天才型・努力型双方の苦悩をうまく描いている。

ロボットたちが試合中にひみつ道具を使って野球してるだけで面白いが、「あきらめない!」野球をしているのがとても良い。

 

コロコロコミック発だからというのもあるけど、全員野球が大好きで本当の悪人がいないのが心地好く、連載媒体がサンデーでもよかったくらい熱血ストーリーも面白い。

野球が好きならロボットや女の子も参加できる愛とアイデアに溢れた作品。

 

老若男女問わず読める。

f:id:ryocuu:20190811013852j:plain

(出典:『ドラベース―ドラえもん超野球外伝』)  

 

老若男女誰でも知ってる国民的なキャラに野球というスポーツを合わせた発想が最高。

世界観に今更長ったらしい説明も必要なく、入り込み易い

 

『ドラえもん』本編にも度々 野球は登場するので既に土台は出来上がっており、簡単に馴染みます。ありえない技が出てくるけど、イナズマイレブンとは違い「ドラえもんの世界だから」という理由で割り切って読むことが出来る。

 

全体としてギャグ調に仕上げられおり、万人におすすめできる作品です。

 

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

『ドラベース―ドラえもん超野球外伝』をご紹介しました。「ドラえもん×野球」というまさかなコラボで、十年以上連載されていた作品です。子供向けとはいえ、老若男女誰が読んでも楽しめるので。是非読んでみて下さい。

 

傑作選!

 

単行本▼

 

おすすめの野球漫画はこちらで紹介しています▼