感想/内容紹介『山と食欲と私』登山と山で食べる美味しそうなご飯。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61sX97bG5vL._SX352_BO1,204,203,200_.jpg

 

『山と食欲と私』のあらすじと魅力を紹介していきます。

 

27歳、会社員の日々野鮎美は、「山ガール」と呼ばれるのを嫌う自称単独登山女子。

 

美味しい食材をリュックにつめて今日も一人山を登るのでした。

欲張りウィンナー麺、雲上の楽園コーヒー、魅惑のブルスケッタ、炊きたてご飯のオイルサーディン丼等々。

 

『山と食欲と私』はこんなお話 

単独登山が趣味の27歳のOLが道中での食事を楽しむ

山ガールと呼ばれたくない単独登山女子のOL・鮎美、ストイックな登山ぶりと山で食べる美味しいものが楽しく魅力的に描かれている作品

 

f:id:ryocuu:20190719004502j:plain

(出典:『山と食欲と私』)  

 

大人数でキャッキャウフフな感じで登る訳でも無く

基本単独での登山という点も本作の魅力で、登山をしたことない人もこれを読むと自分も体感してるような爽快感が得られるのと同時に、作者の山登りに対する情熱が感じ取れる漫画になっています。

 

f:id:ryocuu:20190719004514j:plain

(出典:『山と食欲と私』)  

 

 山登りのブログだったり紀行エッセイを読んでる感覚。

あくまで漫画作品なので、ガイドブックとして利用できるほど親切に描いてはいない。好きなことに夢中になってる人に密着したような…そんな漫画

 

f:id:ryocuu:20190719004544j:plain

(出典:『山と食欲と私』)  

 

自分の趣味を持って生きる人は色々いるわけで、そういうのを見るだけでも面白い

 

 

外調理と山で食べる食事が魅力的すぎる 

登山とグルメ要素のバランスが最高で、山の風景や料理の描写に作者の拘りを感じる

狭い題材のように見えてネタがバリエーション豊富で、特に登場する創作料理はどれも作ってみたくなるユニークさ。登山メシゆえの「ズボラ飯」感が食欲をそそるッ!!

 

f:id:ryocuu:20190719004615j:plain

(出典:『山と食欲と私』)  

 

f:id:ryocuu:20190719004639j:plain

(出典:『山と食欲と私』)  

 

 

原作▼ 

 

まとめ 

最後までご覧いただきありがとうございます。

『山と食欲と私』を紹介しました。

あくなき山への愛と絶景、言いなりにならない自然の厳しさ、そして山という非日常で食する飯の幸せが描かれている作品です。興味があれば読んでみて下さい。