感想/内容紹介『べるぜバブ』大魔王の息子をことになった不良高校生の物語。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/517imu63fYL._SX319_BO1,204,203,200_.jpg

 

『べるぜバブ』のあらすじと魅力を紹介していきます。

 

最凶との誉れ高いヤンキーの男鹿辰巳は、ある日ケンカの最中に赤ん坊を拾う。

この赤ん坊こそ、人類を滅ぼすべく送られてきた魔界の王の息子であった! 

この子を育てる運命を背負った男鹿の波乱の毎日とは!?

 

『べるぜバブ』はこんなお話

ひょんな事から赤ん坊を育てる事になった不良高校生の物語

「アバレオーガ」と恐れられる不良高校生が、ある日喧嘩の最中に拾った赤ん坊、魔界から送り込まれた大魔王の息子:ベルゼバブ4世の親となり育てることになるお話

主人公と赤ちゃんが共に成長して絆を深めていき、ヤンキーの頂点に立つ成長物

 

f:id:ryocuu:20190716003715j:plain

(出典:『べるぜバブ』)

 

  • 個性的なキャラとヘル坊がカワ(・∀・)イイ!!

ちんこ丸出しの悪魔の赤ちゃんを筆頭に、キャラは個性がありバラエティーに富む

押しかけ居候もので、リボーンやある意味ドラえもんの亜種なのだが、ヒロインと友人の存在が地味に物語を上手く機能させる要因になっている

 

f:id:ryocuu:20190716003736j:plain

(出典:『べるぜバブ』)

 

ギャグとバトルがいい感じに調和した作品。

お話は不良抗争からバトル物にシフト『ジャンプ展開』を歩んでいく。 

銀魂で一気に開花してスケットダンス、べるぜバブと続いたことでジャンプの新定番となった『セリフの多いギャグときどきシリアス漫画』

 

ギャグ漫画とバトル漫画をうまく移行しながら、根本の主人公の強さをブレずに描いており、加えてファンタジーからラブコメまで幅が広いネタに溢れていてる作品。

 

f:id:ryocuu:20181130165011j:plain

(出典:『べるぜバブ』)

 

 

原作▼ 

 

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

『べるぜバブ』を紹介しました。

銀魂に少し似た、かゆい所に手が届くようなギャグ、男鹿の迫力あるバトル、上手くはないが、ゴチャゴチャしてない見易い絵と正念漫画らしい少年漫画です。

興味があれば読んでみて下さい。