感想/内容紹介『火ノ丸相撲』ド迫力の画で魅せる別格に熱い王道スポ根少年漫画

https://dosbg3xlm0x1t.cloudfront.net/images/items/9784088802541/1200/9784088802541.jpg

 

『火ノ丸相撲』のあらすじと魅力を紹介していきます。

 

弱小の大太刀高校相撲部に現れた1年生、“小さき”少年・潮 火ノ丸!

 

「デカく」「重く」が絶対の競技に似合わぬ体格のこの新入部員、実はとんでもない過去が!? 

 

頂点・横綱を目指す――ド白熱高校相撲

 

『火ノ丸相撲』はこんなお話

弱小高校相撲部を舞台に主人公が横綱を目指す物語

当時5人いた『国宝級』と言われる中の一人、火ノ丸が弱小高校で全国を目指す物語

小学生相撲で名を馳すも身長が伸びず、周囲から終わった選手と思われていた主人公が、高校の弱小相撲部に入部し横綱を目指す、直球ド真ん中のスポ根漫画。

 

f:id:ryocuu:20190715055008j:plain

(出典:『火ノ丸相撲』)

 

友情、努力、勝利が詰め込まれた主人公

主人公は筋肉質で気持ちいいくらい性格も真っ直ぐ、おまけに鬱陶しさを全く感じさせないキャラなのでただただ爽快感が残る

 

f:id:ryocuu:20190715054521j:plain

(出典:『火ノ丸相撲』)

 

  •  「主人公にマイナス部分がある」点も作品に引き込まれるポイント。

身長(160㎝)が足りず相撲取りになれないはずの主人公が「高校相撲のタイトルを総なめにして壁をぶち破る!」と突き進んでいく物語だが

小さい身体で血のにじむような努力をして強くなった主人公が「自分と同じくらい努力してる大柄の人間」相手に敗北を喫して再度体格の壁にぶち当たる

 

f:id:ryocuu:20190715054610j:plain

(出典:『火ノ丸相撲』)

 

主人公が何度も負けるし挫折もしかけるところや、負けた人間にもスポットライトが当たっていて、捨て回が1話もない。

 

  • 王道展開ながら脇を固めるキャラも魅力的

他のキャラも「気弱だけど芯がしっかりしてて体格にも恵まれてる部長」

「1話で噛ませだったけど今後明らかに相撲部に入りそうな元番長」と今後の成長が期待できそうなキャラが揃ってる。

 

相撲の試合のクオリティ、画力が高く迫力も凄い。

  • 圧倒的な画力と演出力で相撲のスピード感・迫力を表現

相撲の描写力が尋常じゃなく力が入っているから、ベタな流れでもとても見応えのある漫画として成立している。

 

f:id:ryocuu:20190627143624j:plain

(出典:『火ノ丸相撲』)

 

f:id:ryocuu:20190715055037j:plain

(出典:『火ノ丸相撲』)

 

原作▼ 

 

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

『火ノ丸相撲』を紹介しました。

漫画ならではの相撲という競技の泥臭くも熱さが伝わる凄まじい描写、なによりも誰よりも小さい火ノ丸がデカい相手を薙ぎ倒してくの最高に熱い少年漫画です

興味があれば読んでみて下さい。