感想/内容紹介『僕はまだ野球を知らない』統計学(セイバーメトリクス)を駆使した高校野球漫画

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51CXwE5GulL._SX350_BO1,204,203,200_.jpg

 

『僕はまだ野球を知らない』のあらすじと魅力を紹介していきます。

 

高校野球の監督をするのが夢だった物理教師・宇佐智己は、念願叶って浅草橋工業高校野球部監督に就任。

 

チームを勝利に導くために、野球の統計学を提案する。

 

根性でも気合でもない、データに基づいた「効率の良い努力」とは何か? 

 

『僕はまだ野球を知らない』はお話

工業高校物理教師の宇佐は、弱小野球部の部長だが、全く野球経験はない。

しかし、指導への情熱は高く、チームの生徒たちの為に、「セイバーメトリクス」という統計手法、「トラッキング」を強引に導入していく。

 

  • ロジックを盛り込もうという姿勢と、独特の笑い

馴染みのない人には小難しい題材だけど、監督のキャラクターとデータ収集・分析の仕方が変態的で笑える。それがスポーツコメディー?として作品を成立させている。

 

f:id:ryocuu:20190715041021j:plain

(出典:『僕はまだ野球を知らない』)

 

統計学を駆使して甲子園を目指す高校野球漫画

弱小校をデータ野球で強くしていくという珍しい系統のスポーツ漫画

弱小高校野球部を強くするありがち設定に加え、もし高校野球の監督が『セイバーメトリクス』を使う。未経験監督がデータを使いまくる面白さ。

今後のサクセスっぷりも楽しみな作品

 

f:id:ryocuu:20190715041056j:plain

(出典:『僕はまだ野球を知らない』)

 

根性論を否定し、統計学(セイバーメトリクス)で弱小校を立て直す

とにかくなんでもかんでもみっちりデータ化して理論で突き詰めていく野球スタイルと、それで高校生たちが背中を押されて伸びていく成長物語。

漫画的な演出を入れつつも、セイバーメトリクスの基礎は網羅できている。

 

f:id:ryocuu:20190715040920j:plain

(出典:『僕はまだ野球を知らない』)

 

理論派野球漫画は珍しくないけど、これは「強豪校の監督をストーキングしたらギャンブルではこういう傾向にある」とかまでデータに含んでてやばい

 

f:id:ryocuu:20190715040848j:plain

(出典:『僕はまだ野球を知らない』)

 

  • 野球に興味無い人ほど面白く感じるんじゃないか

かつて「おおきく振りかぶって」が理論派野球漫画として新しかったが、この漫画では野球を完全に統計と確率のゲームとして捉えている。

力が抜きん出た選手がチームを引っ張っていく感じの作品ではないから

よくある熱血スポ根野球漫画が合わない人でも読んでみる価値はあるはず

 

f:id:ryocuu:20190627144126j:plain

(出典:『僕はまだ野球を知らない』)

 

原作▼ 

 

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

『僕はまだ野球を知らない』を紹介しました。

弱小野球部が甲子園に出場するにはどうすれば良いか?それは先ず相手高校の監督をストーキングします。そんなセイバーメトリクスを活用した画期的野球漫画です。

興味があれば読んでみて下さい。