努力!勝利!友情!『かんかん橋をわたって』嫁姑漫画の皮をかぶった激熱バトル漫画のネタバレ・感想

f:id:ryocuu:20190911233152j:plain

 

 

『かんかん橋をわたって』嫁姑漫画の皮をかぶった激熱バトル漫画のネタバレ・感想

 

表紙からは想像もできない程、ありいえない展開を魅せるとTwitterで話題となった『かんかん橋をわたって』、嫁姑漫画と見せかけて、始める荒唐無稽な冒険活劇で、友情・努力・勝利が揃った「ドラゴンボール」のような作品となっています。


さらに「嫁姑」という題材を活かして、主人公とライバルとの関係性とそこから生まれるドラマや、ラスボスの業などは、少年漫画にはない新鮮な読み味の作品です。

 

今回は伝えるのが難しいこの『かんかん橋をわたって』のあらすじ・登場人物はもちろん魅力を少しでも多く伝えていきたいと思いますので、是非最後までご覧ください。

 

題材は「嫁姑問題」『かんかん橋をわたって』のあらすじ▼ 

『かんかん橋をわたって』のあらすじや作品の概要について書いていきます。

この作品は設定が壮絶に練りこまれていて展開が読めず、すべてを紹介しきれないので一部をご紹介していきます。

 

『かんかん橋をわたって』の概要▼

  • 原作:草野誼
  • 出版社:ぶんか社
  • 掲載誌:YOU
  • 巻数:全10巻

 

『かんかん橋をわたって』のあらすじ▼

住み慣れた「川南(かーなみ)」から、橋ひとつ向こうの「川東(かわっと)」に嫁いだ萌(もえ)は、上品で優しい姑・不二子(ふじこ)に引き目を感じながらも嫁としてなじもうとしていた。

 

ところが萌の時だけ米がうまく炊けないなど、日々に違和感を感じるうちに、恐ろしいことがわかってくる。

 

町の人が耳打ちした「気をつけたほうがいいわよ。

あの人は『おこんじょう』だから」とは? 恐ろしさに身震いが止まらない! 

 

田舎の嫁姑問題を逞しく清々しく乗り越えていくお嫁さんに勇気と気概を感じていると、後半は"嫁姑版ワンピース"、"嫁姑版七つの大罪"、"嫁姑版ハンターハンター" という壮大なスケールの友情物語へと変化し、更には壮大なサスペンスまで出てくる。

 

複雑に絡む因縁や思惑、友情・努力・勝利の全てが詰まった嫁姑問題ストーリー

 

『かんかん橋をわたって』の主な登場人物たち(ネタバレ)

 『かんかん橋をわたって』には少年マンガ脳のキャラがたくさん登場します。そんな見ていて応援したくなる彼らをご紹介していきます。

 

渋沢萌

f:id:ryocuu:20190912011136j:plain

  (出典:『かんかん橋をわたって』)

 

渋沢萌は本作の主人公。

エスカレートする姑の「おこんじょう(意地悪)」に恐怖を覚えながら、自分が「嫁姑番付」の4位になっていると知り、知らず知らず街を覆う巨悪と対峙する特殊な能力「おこんじょう」を身につけていく

 

「今夜決めるしか無いのよ」「皮肉なものね」みたいなセリフを吐き、関節技をつかいこなし、フランスパンで成人男性を殴り倒す。完全なる少年漫画の主人公。

 

渋沢不二子

f:id:ryocuu:20190912012700j:plain

(出典:『かんかん橋をわたって』)

 

渋沢不二子はもう一人の本作の主人公

宇宙人のような話し合いのできないビジュアルをしている、作中に在って圧倒的存在感を出すヒロインの姑。

 

主人公に対してあらゆる角度からおこんじょうを仕掛け、通称「川東一のおこんじょう(意地悪)」と呼ばれるレジェンド、主人公を見守る目はとても嬉しそうであり、その目的は謎である。

 

権藤木

f:id:ryocuu:20190912013632j:plain

(出典:『かんかん橋をわたって』)

 

権藤木はとても少年マンガ的キャラで、主人公と読者双方に異世界のルールを教える解説役、「あなたは4位っ!」という唐突なセリフはこの作品の舵を切る象徴的なセリフ 

 

山背のまむし

f:id:ryocuu:20190912014617j:plain

(出典:『かんかん橋をわたって』)  

 

とても主婦についてるとは思えない強烈すぎる異名と序盤のボス的立ち位置、フィジカルが異常に強い点や中盤以降のデレ具合などすべてが面白い

『嘘喰い』とか『ミナミの帝王』でも通用しそうなレベル

去り際のセリフと「ヒヒヒヒ…」という笑い声がポイント高い

 

最初は手がつけられなかったけど次第に義侠心を見せ、終盤は山背出身の嫁たちを案ずる良き仲間になり、ひたすら有能キャラとして見せ場をつくるなどキャラ立ち半端ない

 

面白い『かんかん橋をわたって』の見所3選(ネタバレ含む)

f:id:ryocuu:20190912015911j:plain

 

「え、これジャンプで連載してた?」って感じの熱いストーリー展開を繰り広げる『橋をわたって』には、おすすめした見所がたくさんあります。

そんな中でも特に注目してほしいポイントを絞ってご紹介します。

 

町内の“嫁姑番付”なる物の存在 

f:id:ryocuu:20190712031515j:plain

  (出典:『かんかん橋をわたって』)

 

序盤は嫁姑漫画な展開、主人公が姑からの嫌がらせに気づくところから物語が始まる

嫁姑の家庭内ドロドロ物語だと思ったら、悪に立ち向かう物語に急展開…

 

川によって分断されたそれぞれ特色ある地域性・閉鎖性、「嫁姑番付」と、仲間探しなどのRPGや謎解き要素、意外性、設定や伏線、キャラがとにかくすごい漫画です。

 

特にの「嫁姑番付」の設定が秀逸で、意地悪な姑に主人公がいびり倒される展開がひたすら続くのかと思ったら、町内に“嫁姑番付”なる物が存在する事が分かる。

 

嫁姑番付は「どれだけ姑にイジめられるか」で決まる最悪なランキング(上位ランカーは憧れの対象として描かれている)なんですが

この「嫁姑番付」という言葉がでてきた瞬間、世界観ががらりと変わる無茶苦茶な風習と異様なテンションで革命の物語へと変容する。

 

読み続けたものだけがたどり着く少年漫画の熱い様式

f:id:ryocuu:20190912021623j:plain

  (出典:『かんかん橋をわたって』)

 

題材的に嫁と姑が和解とかするのかと思いきや、予想外の方向に話が進む怪作

半分すぎた辺りから展開が本当に凄くて…凄くて…1巻と最終巻を読むと別の漫画…

 

最初は敵対関係だった嫁と姑が、バトルを通して”師弟””戦友”になっていく熱い展開

終盤はそろい踏みでの熱いバトル。手に汗握る展開…驚愕の真相……

きっちり全10巻で伏線を回収し爽やかに終わっていく見事な構成と疾走感

そして人生に大事な教訓を教えてくれる壮大なエンドを迎え読後は謎の感動が残る。

 

f:id:ryocuu:20190912021701j:plain

  (出典:『かんかん橋をわたって』)

 

『かんかん橋をわたって』はこんな人に読んで欲しい

f:id:ryocuu:20190912022653j:plain

  (出典:『かんかん橋をわたって』)

 

ザっと展開や見所を説明しましたが、嫁姑漫画がバトル漫画になると言われても正直意味が分からないと思ので読んでほしい。

嫁姑の本質である「姑も昔は嫁だった問題」にまで踏み込み、壮大すぎる展開にラストのカタルシス。朝ドラ×海外ドラマ×アベンジャーズを凝縮した濃度。

少しでも興味があれば読んでみて下さい。