文字

感想/内容紹介『LIGHT WING』打ち切りも閃光のように輝いた超次元サッカー漫画

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61LXCrfDRJL._SX313_BO1,204,203,200_.jpg

 

『LIGHT WING』の魅力を紹介していきます。

 

帝条高校へ入学し、サッカー部で日本一を目指す天谷吏人。

しかし、同じ帝条でも強豪の“私立”ではなく、弱小の“市立”に入学してしまった!? 

それでも吏人の思いは変わらない。全国制覇へ向けて、キックオフ!!

 

『LIGHT WING』はここが魅力

最強サッカープレイヤーが弱小校に間違えて入学し…

今時学校を間違えて入試を受けたとかいう、ベタ過ぎる展開

簡単に言うと超次元サッカー漫画ですが、余りにも尖ったセンス故ほとんどの人間はついていけず、最後の方は最早何の漫画だかわからない。

チームメイトが次々能力覚醒し、最終的に地球から翼が生える

 

f:id:ryocuu:20190621235515j:plain

(出典:『LIGHT WING』)

 

ぶっ飛びハイテンション異能スポーツ漫画

  • 瞬間移動とか覇王色の覇気使っちゃう

1話目から主人公が1対100でサッカーの試合、超人描写やオーラ的なモノ、特殊能力等を出しておきながら、結局1つも「必殺シュート」がない斬新さ

 

f:id:ryocuu:20190621003609j:plain

(出典:『LIGHT WING』)

 

世界観が厨二的で「次々に主人公チームのキャラに二つ名が付いていく」「自分にはすごい能力がある」「自分はカッコいい事をしている」という、キモイセンスを完全に肯定的に描いていている。

 

f:id:ryocuu:20190621235541j:plain

(出典:『LIGHT WING』)

 

絵の荒さやストーリーのぶっ飛びようはあるけどキャラの個性、独特の台詞回し、カメラワークには目を見張る。

それは後の連載作品『SOUL CATCHER』でも発揮されている。

 

ジャンプ史に残る打ち切りネタ漫画として君臨した作品

『LIGHT WING』は同時期にサッカー漫画が短期で打ち切られたところに堂々と参戦したものの、文字通り光の速さで打ち切られた漫画で、1ページめくるごとに試合の決着が着く疾走感は他の追随を許さない。なんなら試合の描写もほぼない 。

 

打ち切り漫画は最終話でどんだけ開き直った終わり方するかが楽しみだったりする。

斬、LIGHT WING、タカヤ、は個人的にジャンプ打ち切り四天王と思ってる。

最終話の散りざま、打ち切り臭が清々しくてむしろ最高。

 

打ち切り漫画についての記事はこちら▼

 

 クソ漫画についてはこちら▼

   

原作▼ 

 

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

『LIGHT WING』を紹介しました。

ぶっ飛びキャラクターをサッカーの世界に放り込んで、勢い作画で子供向けに味付けしたようなサッカー漫画です。興味があれば読んでみて下さい。