文字

感想/内容紹介『終極エンゲージ』"宇宙最強の女"宇宙最強の王妃を決めるバトルトーナメント

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51TuEd2nmBL._SX317_BO1,204,203,200_.jpg

 

『終極エンゲージ』の魅力を紹介していきます。

 

超未来、全宇宙を統べる王位継承者にふさわしい妃を決める「地球女王決定戦」! 

求められるのは、ただ強さのみ! 

妃の座を掴むため、各惑星から女闘士たちが地球に集う――!

 

『終極エンゲージ』はここが魅力

全宇宙を支配する地球王家の王子が宇宙最強の嫁を娶る

  • 王様の代替わり毎に、全宇宙で最強の女を決めて最強の子孫を残していく物語

f:id:ryocuu:20190621033124j:plain

(出典:『終極エンゲージ』)

 

宇宙の王様の嫁は宇宙最強であるため、『各惑星から女闘士たちが地球にやってきて、バトルロイヤルが行われる』という下地の上に王様の野望が着々と進んで行く

男気溢れるSFバトル展開で、表舞台で直接的に戦うのが女性ってのもロマンある。

 

f:id:ryocuu:20190119032720j:plain

(出典:『終極エンゲージ』)

 

主人公のクローンをヒロインに持ってくる

宇宙最強の王妃候補を決めるトーナメントに王子自らクローンを送り込む。

代々地球王は宇宙最強の女性を嫁にしていたが、それが嫌な次期王クリスは天才的頭脳で、最強の遺伝子を持つ自分のクローン(女)を作り出し、宇宙最強の王妃候補を決めるトーナメントに王子自らクローンを送り込み、結婚しようとする。

 

f:id:ryocuu:20190621033055j:plain

(出典:『終極エンゲージ』)

 

ストーリーとアクションの両方を読める作品

設定からしてバトル漫画かと思っていましたが、ストーリーでも読ませるタイプで、様々な思惑が交錯して物語があらぬ方向へ転がる様が面白い。

異種族バトルのSFという土台はあるものの、ちゃんと少年漫画してて、ハードなバトルでありながら、最後まで布石を活かして伏線もきれいに回収されている。

謎が謎を呼ぶ熱い展開になってきて、練られた構成のストーリーも魅力。

 

f:id:ryocuu:20190621033754j:plain

(出典:『終極エンゲージ』)

 

  • 熱い覚醒シーン

どの作品でも覚醒するシーンにゾクッとするバトル漫画や少年漫画の醍醐味は、こういう一コマで目を惹きつけられるところなんだよなと再認識する。

 

f:id:ryocuu:20190621033152j:plain

(出典:『終極エンゲージ』)

 

  • 予定通りの終わりなのか、打ち切りなのかはちょっと分からんけど、全5巻で終盤あまりの駆け足っぷりが勿体なかった気がする。 

 

原作▼

 

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

『終極エンゲージ』を紹介しました。 

超絶可愛い脳筋ヒロインが、婚約者である頭のおかしい科学者と一緒に結婚前ハネムーンに繰り出し、金と暴力にものを言わせて花嫁修行の旅をするチートラブコメです。

各巻5000冊ずつ買って原作者と作画担当に印税を貢ごう!