【2019年】心に残った打ち切り漫画!紛うことなきクソ漫画や未だ人気の名作、迷作をご紹介。

f:id:ryocuu:20190621013202p:plain

 

今回は様々な『打ち切り』漫画を選んでみました。

不人気、その他大人の事情で打ち切りを迎えてしまった漫画たち。

また打ち切りになるも続編を望むなど根強いファンを獲得している作品

 

「どうせつまらない漫画だろう」と『打ち切り』に対して偏見を抱く人が少なくないと思いますが、実はとても見応えのある傑作作品もたくさんあるので紹介します。

 

紹介する作品はおすすめの作品ばかりですので、 まだ未読の作品があればチェックしてみて下さい。僕の感想と一緒に楽しんでもらえれば幸いです。

 

 

『レッドスプライト』

 

「雷髄燃料(らいずい)」というエネルギーで発展した世界が舞台

 

その雷髄から電力を取り出すのに「生きた人間」が使われており

弱者側に現われたヒーローが強者に挑んでいき、人間を燃料にすることで成長し築き上げられた、社会の中枢に、その犠牲になっていた雷髄人間たちが反旗を翻していく。

食糧人間とか約束のネバーランドのようなお話

 

  • 2巻で打ち切りとなったが、生き残ることなんて一切考えずにただ自分が面白いと思う物語を描く無謀な打ち切り漫画家スタイルさすが屋宜知宏さん。

 

f:id:ryocuu:20190620084900j:plain

(出典:『レッドスプライト』)

 

『三ツ首コンドル』

 

かつて大陸を支配していた魔女が、各地に隠した伝説の宝を探す物語

明らかに序盤はクソマンガなんですけど、なんかすごいスピードで作者が成長する。

ラストなんて普通に面白いし「このまま化けするのでは?」と思わせ打ち切られる。

 

f:id:ryocuu:20190620091000j:plain

(出典:『三ツ首コンドル』)

 

『ロボとうさ吉』

 

青の祓魔師の作者の初連載作品。

天然系ロボット少年・ロビンとひねたうさぎのおっさん・ウサ吉のバディ物

太陽系の果ての未惑星に一人ぼっちで生活するロボット少年のロビンの元に、ある日冥王星から脱獄してきたうさ吉が転がり込んできて、一緒に違う星に行ったりする話

 

実はロビンはという展開だが打ち切りに合ったので主人公の成長も途中で終わってる。

 

『アイアンナイト』

 

僕の中の三大打ち切り名作の一つ『アイアンナイト』

 

悪人がゴブリンと呼ばれる怪物に変化して暴れる世界観

突如一部の人間が異形の怪物ゴブリンと化し人々を襲う中、同じくゴブリンになるも自我を保てる主人公が、鉄の外被に炎を内に宿し人悪しきゴブリンから人々を守るお話。

 

主人公(小学生)はゴブリンに覚醒した力で人々を助けたり迫害されたりする。間の醜悪さがめちゃくちゃ怖くて、ダークファンタジーに相応しい作品

 

f:id:ryocuu:20190620225340j:plain

(出典:『アイアンナイト』)

 

『四ッ谷先輩の怪談』

 

ハイキューの作者の前作。

幻の生徒」である四ッ谷先輩が、七不思議を作り上げながら学校で起こる怪事件を解決していくホラー漫画。でも人間味があって怖いだけじゃないのが良き。

 

モノクロからこそ出来るホラー画と、何よりフォントの扱い方に一見の価値あり。

全3巻だからお求めやすく、打ち切りだった割には終わりが綺麗に纏められて凄い

 

f:id:ryocuu:20190620231234j:plain

(出典:『四ッ谷先輩の怪談』)

 

『パジャマな彼女』

 

ニセコイ、恋染紅葉が同時期に連載が始まるというジャンプラブコメ戦国時代の作品

 

物語としてはお化けになった幼馴染とのモヤモヤ恋愛劇。

おやゆび姫をモデルにした幼なじみと、白雪姫をモデルにした誰もが憧れる完璧美少女の先輩の近年のジャンプで最高峰と呼ばれるダブルヒロイン。

大人びたキャラが多いが主人公の精神は中学生レベルでギャップがある

 

f:id:ryocuu:20190620233254j:plain

(出典:『パジャマな彼女』)

 

不良の通称パコが放った『パコろうぜ』の一言で人気が急落してテコ入れしまくるも打ち切りになったという悲しい漫画。

 

『LIGHT WING』

 

かつてジャンプ史に残る打ち切りネタ漫画として君臨した「LIGHT WING」

1話目から主人公が1対100でサッカーの試合、超人描写やオーラ的な物、特殊能力等を出しておきながら、結局1つも「必殺シュート」がない斬新さ

簡単に言うと超次元サッカー漫画ですが、余りにも尖ったセンス故ほとんどの人間はついていけず、最後の方は最早何の漫画だかわからない。

 

f:id:ryocuu:20190621003609j:plain

(出典:『LIGHT WING』)

 

『シューダン!』

 

横田卓馬先生が「背すじをピン!と」最終巻の発売から2か月で新連載として発表したのがこの「シューダン!」

 

男女混合のサッカーを題材に小学生男女の爽やかな青春を描いた作品

男女が対等な仲間として真剣勝負、それほど熱意をもってないサッカー少年と、女の子がひとり入ってきて、最初の練習でみるみるサッカーの面白さに気づいていく

という描写と心理が描かれていて面白い。

 

f:id:ryocuu:20190621010352j:plain

(出典:『シューダン!』)

 

『うえきの法則』

 

100人の神候補から能力をもらった100人の中学生が、どんな才能にもなれる『空白の才』を手に入れるため戦う能力者バトル作品

 

『ゴミ→木→ゴミ→木』と能力がリサイクルできる仕組み、能力で人を攻撃すると、自分の才能を一つずつ何か失っていくというデメリット。

一見役に立たなそうな能力を工夫していく面白さ、今思うと本当にこの作品はよくできている。

伏線も優秀で1巻から設定として張っている伏線を、終盤で回収する熱い展開。

  • 続編のうえきの法則+が打ち切りで終わっている。

 

f:id:ryocuu:20190312032304j:plain

(出典:『うえきの法則』)

 

『鬼娘恋愛禁止令』

 

恋愛感情を持つと鬼に変貌してしまう少女と、その少女に恋をしており、それゆえ「愛されないよう」辛く当たっている少年の物語。

 

昭和初期チックな背景設定、絵柄とレトロな画面の雰囲気

レトロな雰囲気、作者の魅力が堪能できる作品

 

二巻で終わってしまいましたが、作者が「一応打ち切りではない」と言う通り、「中途半端ですっきりしない」ということはない。 

2巻完結が短いと思うか調度良いと思うかは、読み手それぞれの受け止め方次第

 

f:id:ryocuu:20181203233832j:plain

(出典:『鬼娘恋愛禁止令』)

 

『魔王遭難中!!!』

 

魔力を蓄えるため四天王を伴い、人間界に降りてきた魔王と四天王だが、転移した先は魔法がまったく使えない無人島だった……的なシュールなギャグ漫画

無人島で遭難するなど、本末転倒のようで、そのグダグダ感が面白い。

 

ただ単に魔王が遭難する『出落ちギャップ』で押しきるんじゃなくて、キャラと話がよく練られてて、起承が一巻、転結が二巻ってなってる完成度の高い作品

これから面白くなりそう〜ってところ2巻で終わってしまって残念。

 

f:id:ryocuu:20190620022510j:plain

(出典:『魔王遭難中!!!』)

 

『賢い犬リリエンタール』

 

喋る犬が家族の一員になった兄妹と愉快な人たちの、犬をめぐるドタバタ物語。

あたたかさ優しさ、それから普通ではないことは万人には受け入れられない苦さ、こんな空気を出せるようになりたい。丁寧に優しい世界を描いたハートフルコメディ。

 

「ワールドトリガー」の葦原先生の初連載作なので。

ワールドトリガーで初めて葦原作品に触れたという方に是非見ていただきたい一作

 

f:id:ryocuu:20181130182808j:plain

(出典:『賢い犬リリエンタール』)

 

『ヒカルの碁』

 

  • 初期は少年漫画史上最高といってもいいほどの物語性。

藤原佐為という最強の天才棋士が主人公に憑りつき「神の一手」を求める物語

囲碁という馴染みのない題材にも関わらず、キャラの魅力、佐為という空想上のファンタジー要素を盛り込みその両者のバランスが絶妙

 

命題は「少年の成長」にあり、ヒカルはサイに出会うことで導かれるように囲碁の魅力へと憑かれていく、前半に与えるこの漫画の魅力は計り知れない。

少し読むだけで、塔矢アキラに、サイに、囲碁の魅力に惹かれること間違いなし。

  • 打ち切りのような非常に中途半端な形で終わっている

 

(出典:『ヒカルの碁』)

 

『シャーマンキング』

 

主人公がシャーマンキング(霊能力者の王)を目指して他のシャーマン達と闘う作品

霊を憑依させて戦う厨二心溢れる異能設定が最大の特徴

 

霊を身体に降霊して生前の霊の能力をトレースする「憑依合体」から、霊を物質に降霊し、そこから溢れ出る霊力によって霊武器を作り出す「オーバーソウル」という設定とネーミング、それだけで少年漫画として100億点の作品

 

  • 連載打ち切りで、もはや伝説となった未完〔みかん〕エンド

人気落ちて打ち切りになったさい、最後に不可解に「みかん」のイラストが描かれていて、それは「未完」を意味するという作者のシャレ

数年後に完全版を発刊されて無事完結されている。

 

f:id:ryocuu:20190620024948j:plain

(出典:『シャーマンキング』)

 

『終極エンゲージ』

 

王様の代替わり毎に、全宇宙で最強の女を決めて最強の子孫を残していく物語

宇宙の王様の嫁は宇宙最強であるため、『各惑星から女闘士たちが地球にやってきて。バトルロイヤルが行われる』という下地の上に王様の野望が着々と進んで行く

 

ハードなバトルでありながら、伏線もきれいに回収されている。

謎が謎を呼ぶ熱い展開になってきて、練られた構成のストーリーも魅力。

 

  • 予定通りの終わりなのか、打ち切りなのかはちょっと分からんけど、終盤あまりの駆け足っぷりが勿体なかった。

 

f:id:ryocuu:20190119032720j:plain

(出典:『終極エンゲージ』)

 

鬼死ね

 

現代社会に生きる赤鬼と青鬼の中学生の双子の話。

赤鬼は潜在的に人間から嫌われ、青鬼は鬼の社会で忌み嫌われている。

 

シリアスとギャグとエロを豪快にぶっ込んでて、人を選ぶ感じなんだけど、適度なギャグ要素で深刻になり過ぎないバランス感覚が素晴らしい

 

タイトルのせいか尋常じゃないくらいマイナーだけどマジでおすすめ。

ギャグのシュールさ、リアルな暴力、中学レベルの下らないエロさ、思いやる秘めた気持ち。そして4巻完結で打ち切り?未完?作者ブチ切れたか、全然終わってない。

 

f:id:ryocuu:20190620025800j:plain

(出典:『 鬼死ね』)

 

『武装錬金』

 

主人公が怪物に襲われて落命した後、錬金術の力で蘇り戦士として戦う少年漫画

ジャンプの王道バトル漫画にしては珍しく、ラブコメ要素強め

最初はヒロインの背中を追っかけて、がむしゃらに戦う主人公が、物語進むにつれて、逆に見送られ最初と立場が逆転する死ぬほど燃える展開

 

自分の身を省みず、周りの人を守るために戦い続ける。偽善者扱いされて悩んだり、戦いに苦しむ独白のシーンやラストバトルでの選択が面白い。

 

  • ジャンプ打ち切り⇒アニメ化という不思議な現象を起こした作品

 

f:id:ryocuu:20181130163639j:plain

(出典:『武装錬金』)

 

『PSYREN』

 

一般人が突如迷い込んだ危険な異世界で、テレフォンカードを使い切るまで人ならざる者と異能力を使って闘い、現代を行き来しながら異世界の謎を解くストーリー

 

完結はしているが、打ち切り気味に終わったので、最後スピード感がえらいことになっているが、未だにカルト的なファンの多い漫画。

 

少年漫画とは思えないほど、主人公もヒロインもイカレており

着実に全方位の殺意を敵を殺すのに躊躇のない主人公と

わずかな出番で読者に『コイツはやばい!』と思わせたヒロインも魅力的

 

f:id:ryocuu:20181130164625j:plain

(出典:『PSYREN』)

 

『惑星をつぐ者』

 

伝説のジャンプ打ち切り漫画。

人類の行く末を暗示する様な壮大な宇宙や未来を舞台にした深いSF設定と、銀河を支配した伝説の種族の武器スパイラル・ナイフが秀逸な作品

 

作画、設定ともによく練りこまれていた作品だったけど、ジャンプに似合わないクセのある絵柄が受けず、まさかの9週で打ち切り…。

 

f:id:ryocuu:20181201124517j:plain

(出典:『惑星をつぐ者』)

 

『みえるひと』

 

霊と交渉し、時に排除する事を生業としている「案内屋」明神が主人公の物語。

端的に言えばホラー系バトル漫画。

 

絵柄はやや地味ながらも、一昔前の熱い少年漫画という感じ、急速な勢いでバトルものに方針転換後、これからだ!という時に打ち切り、バタバタのまま終わった。

個人的に特に印象にない。

 

f:id:ryocuu:20181201130600j:plain

(出典:『みえるひと』)

 

『エム×ゼロ』

 

「魔力を持たず、魔法を無力化できる」主人公が、機転とハッタリと、持ち前の運動神経だけで強大な魔法に挑んでいく魔法学園ファンタジー

設定がしっかりしているので、バトルファンタジーとしても楽しめる。

 

ToLoveると連載時期が被り、同じエロ路線かと思わせて意外とガチ!

という作風は濃ゆい層には恐らく受けていたが、当時人気連載が多かったため、打ち切りエンドで終わってしまった不遇の作品。

 

f:id:ryocuu:20181130164211p:plain

(出典:『エム×ゼロ』)

 

『ダブルアーツ』

 

トロイと呼ばれる奇病が蔓延した世界が舞台

二人の少年少女が、世界に蔓延る病気から人々を救う物語。

 

主人公に触れている間だけ致死の奇病の発作がおさまるヒロイン(繋いだ手を離したら死亡)、手を繋いだまま戦う斬新さがイカしてる漫画。

残念ながら打ち切りで、望まぬ形で完結している。

 

f:id:ryocuu:20181201132038p:plain

(出典:『ダブルアーツ』)

 

『逢魔ヶ刻動物園』

 

「僕のヒーローアカデミア」の作者さんの前の作品。

天下一の動物園にしてウサギになった園長の呪いをとくというお話

9割動物しか出ない上に、夕方になると動物たちが人間のような姿に変身する「逢魔ヶ刻動物園」を描いた少年漫画。

 

f:id:ryocuu:20181201134955j:plain

(出典:『逢魔ヶ刻動物園』)

 

とにかくキャラデザが最高でヒロアに出てくるキャラも登場する。

5巻最終巻のオマケで『僕のヒーローアカデミア』の前身読み切り「僕のヒーロー」が読めるので興味があれば読んでみて下さい。

 

f:id:ryocuu:20181201135155j:plain

『(出典:『 僕のヒーローアカデミア』)』)

 

『ものの歩』

 

一つのことにしか集中できない主人公が、手違いで奨励会員のシェアハウスに入居し、将棋に出会いプロを目指す物語

 

 一つの事に集中しすぎて他の事が全然出来ないという超絶不器用主人公の問題点が「通院が必要と考えられるレベル」であり、少年誌にはハードルが高かったのと

連載期間と将棋ブームのタイミング悪過ぎて打ち切りになった不遇の漫画。

 

『左門くんはサモナー』

 

ハイテンションツッコミを極上のテンションで連打するコメディ

ヒロインはとてもいい子なのだけど、それが気に食わない悪魔を召喚出来る陰険な主人公が、くだらない悪魔を召喚しては彼女にぶつけて嫌がらせをする物語。

 

強力な召喚術を扱えて性格最悪だけど、欠点が多すぎて憎めない主人公と、スタイル良くてツッコミ気質な天使なヒロイン、そこに悪魔を巻き込んだギャグ作品

 

f:id:ryocuu:20181201140435j:plain

(出典:『左門くんはサモナー』)

 

『BLACK TORCH』

 

大妖怪に取りつかれ、妖怪の力を宿した少年を主人公に、妖怪退治を専門の、隠密部隊と妖怪達との戦いを描いたアクション作品

 

画力が半端ないのと、カッコよさを意識した、墨絵っぽいタッチが最高にイカしてる

感動するくらいバトルシーンの画力がしゅごいから、それだけでも見てほしい 。

打ち切りend…だが、最終巻は打ち切りを感じさせない話の畳み方で終わっている。

 

f:id:ryocuu:20190313022700j:plain

(出典:『BLACK TORCH』)

 

f:id:ryocuu:20190313022159j:plain

(出典:『BLACK TORCH』)

 

『皇国の守護者』

 

明治時代頃の日本的な"皇国"と西洋っぽい"帝国"の間の架空戦記モノ

皇国(日本がモデルの国)の北海道に帝国(ロシアがモデルの国)の軍隊、日露戦争を彷彿とさせる描写が随所に見られる漫画

 

科学技術や生態系が異なる独自の世界観など、色々内容てんこ盛りの作品なのだが、「サーベルタイガーと共闘するファンタジー要素ありの戦争漫画」ってワードに惹かれる人は読んでみるべし。

 

  • 作者は亡くなって未完、絶版で電子化も無し

 

f:id:ryocuu:20190327041043p:plain

(出典:『皇国の守護者』)

 

『イタズラなkiss』

 

平凡だけどまあまあ可愛い主人公と、頭脳・運動神経・容姿・生い立ちなど、どれをとっても申し分ない男の子…という。まさに王道でベタベタな組み合わせ

 

設定などは「のだめ」に似ていると思う(冷酷?な天才とドジのラブコメ)

俺様で天才な入江に劣等生の琴子が猛烈なアタックをする。どんなに邪険に扱われても持ち前の根性で突き進み、ヒロインがもたらす事件を乗り越える主人公。

 

  • この作品は、作者さんが急逝されたので物語は完結していない。

未完ではあるが、作者の残した構想メモを元にアニメで上手い具合に完結してくれてる。 

 

f:id:ryocuu:20190221012842j:plain

(出典:『イタズラなkiss』)  

 

 

おまけ「打ち切り漫画家」が題材の漫画

『打ち切り漫画家(28歳)、パパになる』 

 

漫画の打ち切りと同時に妻が妊娠

不安要素だらけでパパになった男の哀愁漂うエッセイ漫画

 

タイトル通り、安定して仕事が取れない漫画家に子供が生まれ、週刊連載の過酷さ、収入事情や筆を折りかけたエピソードなどが赤裸々に描かれていて、絵柄も可愛い

 

『終わった漫画家』

 

漫画家として終わるのは目に見えてる福満しげゆきの作品

廃業する前に可愛い女性アシスタントを迎え入れて結婚したいと願っている落ち目の漫画家(童貞)が、下心丸出しで女性アシを雇う物語

 

アシスタントの1人は小規模な玉の輿を望む漫画は書けない美人

もう1人は技術だけ吸収したい絵が下手な漫画家志望の女子高生

エゴ丸見えの3人の葛藤が面白い。

タイトルも強烈だけど、才能が枯渇した漫画家の焦燥や諦めがよく描けてある。

 

f:id:ryocuu:20190620033541j:plain

(出典:『終わった漫画家』)

 

 

打ち切りを経て人気作を誕生させるジャンプ作家 

打ち切り漫画家のその後
  • 逢魔ヶ刻動物園→僕のヒーローアカデミア
  • 詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。→ハイキュー!!
  • 賢い犬リリエンタール→ワールドトリガー
  • ダブルアーツ→ニセコイ
  • 少年疾駆→食戟のソーマ
  • ぼくのわたしの勇者学→斉木楠雄のΨ難 
  • クロガネ→ものの歩
  • HUNGRY JOKER→ブラッククローバー

ジャンプを支えてるのは挫折を味わった漫画家たち

  

打ち切りエンドを綺麗に纏めて終われる人は漫画力が高い人という持論がある。

ですので「賢い犬リリエンタール」と「四ッ谷先輩の怪談」を何度でもお勧めする

 

ジャンプは競争が激しく、その厳しさがジャンプを支えているとも言えるが。

単行本発売から1週間足らずの売り上げで漫画の打ち切り、行く末が決められてしまう厳しい現実があり、改めて厳しい世界だと感じる。

 

歴史に名を遺すクソ漫画についてはこちら▼