文字

感想/内容紹介『ブラックナイトパレード』サンタに内定をもらった22歳フリーターの話。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51MyYxlyHvL._SX352_BO1,204,203,200_.jpg

 

『ブラックナイトパレード』の魅力を紹介していきます。

 

クリスマスを一人むなしくコンビニバイトに費やした日野三春は、その夜、黒いサンタ服の男に遭遇する。

 

「悪い子の所には、黒いサンタがやって来る」そう語る男に「悪い子」だと告げられた三春は、突如、サンタの袋に“捕食”され…!? 

 

気づけばそこは、世にも奇妙なサンタの会社!! 

 

悪い子は、サンタのために強制就労!? 

手厚い待遇で可愛い同僚もいるけれど、この仕事夢(ホワイト)か悪夢(ブラック)か!!?

 

『ブラックナイトパレード』はここが魅力 

ブラックなサンタクロース会社に就職させられてしまった男

  • 欧州のサンタの風習に、日本のブラック企業を掛け合わせたコメディ。

クリスマスに悪い子の所には黒いサンタがやってくる。

そしてブラック企業に就職させられる。

コンビニ定員の主人公が、廃棄のクリスマスケーキを万引きしたことから、子供をがっかりさせる「黒サンタ」としてスカウトされ、ブラックサンタの会社に内定した青年のお話。

 

f:id:ryocuu:20190617094855j:plain

(出典:『ブラックナイトパレード』)

  

  • コンビニバイトでくすぶっている主人公の成長物語。

明るいだけのギャグ漫画ではなく、登場人物たちがサンタになったのには、それぞれ深いワケがあり、「それぞれの正義がある」みたいな展開次の巻への期待が高まるお話

サンタを目指して切磋琢磨する個性的な同僚にも目を離せない

 

f:id:ryocuu:20190617094838j:plain

(出典:『ブラックナイトパレード』)

 

荒川アンダー ザ ブリッジ中村光さんの作品

  • 単純に「面白い」という理由で読み返したくなる。

「聖☆おにいさん」と同じ中村光さんですが、ギャグを盛り込みつつもストーリーもちゃんとして、ギャグとシリアスの配分が絶妙で、独特の想像力を駆使し展開される中村光ワールドの中にも愛情が実感できる。

 

f:id:ryocuu:20190617094934j:plain

(出典:『ブラックナイトパレード』)

 

普通に読んで伏線の凄さ味わって欲しい

  • クリスマスネタがこんな風になるなんて天才過ぎる。

想像のの斜め上をいくコメディ全開で笑って読んでいると、最後の最後に泣かされたり、結構ストーリーに謎が隠されてたり、、展開が読めずゾクゾクする。

 

大筋も細かい話もほんとに綿密に練られてるから二巻だけでも読み応えがかなりあり、毎回毎回伏線回収があってストーリーが作品として完成されてる感が凄まじい

 

f:id:ryocuu:20190107025233j:plain

(出典:『ブラックナイトパレード』)

 

原作▼ 

 

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

『ブラックナイトパレード』を紹介しました。

聖☆おにいさん、荒川アンダーザブリッジでお馴染み中村光先生の新作です。

遅行性ですすが奇想天外なストーリーと世界観が本当に素晴らしい作品です。

興味があれば読んでみて下さい。