感想/内容紹介『魔女と野獣』 金髪美少女と黒髪オールバックが魔女と暴力沙汰する漫画

f:id:ryocuu:20190818001818j:plain

 

 

金髪美少女と黒髪オールバックが魔女と暴力沙汰『魔女と野獣』あらすじ・感想・見所紹介!

 

『魔女と野獣』というタイトルで、主人公の態度悪い女の子(写真の金髪)が、肉弾で魔獣をボコって相棒(写真の黒髪)がヤレヤレする、厨二ダークファンタジー好き必見の漫画の魅力を紹介していきたいと思います。

 

この記事を読めば『魔女と野獣』のあらすじや、見所を十分理解できる内容となっているので、是非最後までご覧ください。

 

"魔女"と"魔女"を狩る組織との対立『魔女と野獣』あらすじ

f:id:ryocuu:20190818010204j:plain

 

まずは、世界観が魅力なダークファンタジー『魔女と野獣』の作品概要や、大まかなあらすじについてご紹介していきます

 

作品の概要について▼

  • 作者:佐竹幸典
  • 掲載誌:ヤングマガジン
  • 巻数:既刊4巻(2019å¹´2月現在)

 

20世紀前半?強大な力を持つ魔女がいる世界が舞台。

魔女が治める街に現れるは、魔女に呪いをかけられて、それを解くために魔女事件を解決している組織に入り、旅をする棺桶を背負った男と、好戦的な女。

一発でいい、ぶん殴らせろ。これは復讐の物語。

 

己に呪いをかけた魔女に復讐する……

でも顔も名前もわからないから出会った魔女を片っ端から殴っていくそういう作品。

 

あらすじ▼

舞台は“魔女”が人々の崇拝を集める街――。

そこに現れたのは、棺桶を背負う男と、獣の目をした少女。彼等の求める獲物は“魔女”、そのただ一つ。

悪しき“魔女”と飢えた“野獣”が出会う時、華麗にして苛烈な戦いの幕が開く!

 

『魔女と野獣』の暴力気質な登場人物たち(ネタバレ含む)

『魔女と野獣』にはダークファンタジー好きにはたまらない、クセの強い主役は勿論

出てくる魔女はみんな綺麗で魅力的です。今回は2つの主人公格コンビを紹介していきます。

 

アシャフ&ギド

f:id:ryocuu:20190612002030j:plain

(出典:『魔女と野獣』)

 

乱暴でクールで、野獣のようなヤバイ目つきと性格を持つ暴力気質な口の悪い金髪少女ギドと、棺桶を背負ったやれやれ系魔術師アシャフ

日々魔術絡みの厄介事を処理する魔響教団に属する二人が物語の主役

 

好戦的ですぐ突っ込みすぐ血まみれになるギドと、そのギドを静止するアシャフ凸凹コンビでバランスがいい感じ。

 

口の悪くてすぐ手が出る女の子とか、オールバックの頭脳派男性とか、クールな女の子が抱く純粋な愛情とか、キャラ造形がとにかく最高

 

ファノーラ&ヨハンのコンビ 

f:id:ryocuu:20190818020427j:plain

  (出典:『魔女と野獣』)

 

主人公コンビと同じ魔女絡みの厄介ごとを処理する魔響教団に属する、美人クール魔女ファノーラと下僕アンデットヨハンのコンビ。

 

クソイケメンのヨハンと、魔女の恐ろしさは美しさにも繋がるのかなと思える位の圧倒的な力を持つファノーラが2人の関係も含めて、とにかく綺麗で魅力的。

 

魔女のイオーネ

f:id:ryocuu:20190818030610p:plain

(出典:『魔女と野獣』)

 

魔術を悪用した犯罪や災害などから街を守る奉仕活動に尽力。

彼女に感謝して記念碑の建造も計画されているほど、数多くの人間を救ってくれた守護神・イオーネ様は町の英雄だが…イオーネの裏のたくらみが…というキャラ。

 

シンプルに厨二臭い『魔女と野獣』の見所3選(ネタバレあります。)

設定やらデザインが深くつき刺さる『魔女と野獣』 にはおすすめしたいポイントがあります、その中でも特におすすめのポイントを厳選してご紹介いたします。

 

「復讐は楽しい!」と公言してる主人公

f:id:ryocuu:20190615040652j:plain

(出典:『魔女と野獣』)

 

世界観も良いけど、復讐に対する考え方がイカす。

ギドは、ある魔女にかけられた呪いを解きたい、そして「呪いをかけやがった魔女に復讐したい」、その為に魔女を探してるというのが大筋なんですが

『復讐』についてギドは作中で「スッキリしてぇからやるんだ、復讐は楽しい」と言い切ってるので、お為ごかし無く自分の為に復讐する展開が胸アツ過ぎて厨二

 

メインテーマは魔女の呪いを解くこと…。

f:id:ryocuu:20190615040704j:plain

(出典:『魔女と野獣』)

 

魔女に呪われる=死ぬまで解けない永遠の呪縛

これを解くには「白馬の王子様の愛の口づけ」か「憎き魔女の気まぐれ次第」が必要。

 

ギドは自身にかけられた魔女呪いをとくために、相棒アシャフと魔女探しの旅をしているのですが、二人の正体や関係、世界の縮図なども詳しくわからないままストーリーが進むので、続きが気になる。

 

前半戦は説明を丁寧にしつつ進め、後半戦に入り、言葉に頼らず絵の地力で語る。 

ストーリーが進むにつれて舞台設定や人物関係もワクワクしてくる

今一番推したい、遅効性ダークファンタジーで最高です。

 

 

駒かい描きこみ・画力

f:id:ryocuu:20190818034248j:plain

(出典:『魔女と野獣』)  

 

絵を見るだけで滾る漫画は少ないですが、その数少ない漫画の一つだと断言できる

絵が超きれいなのにアクションがわかりやすく、バトルも(暴力)迫力ある。

 

細かい描きこみ、コマ割りとか動き描写とか作者の強いこだわりを感じるが、たまにどうなってる分からず、人によっては読みにくく感じるかもしれない(僕は好き。)

 

f:id:ryocuu:20190615040548j:plain

(出典:『魔女と野獣』)

 

単行本▼ 

 

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。『魔女と野獣』 を紹介しました。

イマイチ知名度は低い?ですが、バディもの+魔法+サイコスリラー+アクションが丁度いい塩梅で混ざってる 作品です。

「東京喰種」とか「鋼の錬金術師」とか「CLAYMORE」みたいな世界観のダークファンタジーが好きな人にオススメ。興味があれば是非読んでみて下さい。

 

おすすめのダークファンタジー漫画はこちらで紹介しています▼