文字

感想/内容紹介『アクタージュ act-age』天才的演技ができる主人公が「役者」として成長していく物語。

スポンサーリンク

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51aaGnecO5L._SX314_BO1,204,203,200_.jpg

 

『アクタージュ act-age』の魅力を紹介していきます。

 

女優を目指す女子高生・夜凪は有名芸能事務所スターズのオーディションで天才的な芝居をするも不合格。

それは彼女の危険な演技法に理由があった。

しかし、夜凪の才能に魅せられた映画監督・黒山が役者の世界に誘う!!

 

『アクタージュ act-age』はここが魅力

役者として非凡な才を持つ主人公が役者として成長していく物語

  • 演劇という題材を、ハッタリも効かせつつ少年漫画という形に落とし込む。

素人ながら演技の才能を見出された少女が、試行錯誤を繰り返しながら女優の高みを目指す、演劇、舞台などの「演技」で魅せるジャンプ期待の新鋭

 

f:id:ryocuu:20190611032240j:plain

(出典:『アクタージュ act-age』)

 

病的な役者の才能を持つ女の子が周囲に莫大な影響を与えていく、天才の物語。

『演技』という未知のモチーフを少年ジャンプにぶつけていく豪快さと、漫画的な華麗さに痺れるワクワク、役者モノという馴染みのない題材だがのめり込める。

 

自分の過去を追体験し演技をする、特異な能力を持つ天才少女が主公

  • 自分の過去を遡り、一瞬で現在へと感情を蘇らせる。

過去に見た映像や気持ちを引き出して"役になりきりすぎる"という才能を持つ主人公。

その演技の性質故に、一般ウケしないと落とされたオーディションでひとり眼をつけた映画監督と共に世界を驚かす映画を作るサクセスストーリー。

 

f:id:ryocuu:20181201005350j:plain

(出典:『アクタージュ act-age』)

 

“死”を知らない人間が、どうやって死を演じるか。役者の世界、演技の深さを知れる

演技する自分に自分が呑まれる危うさを持つ“主人公”がどんな人物になるか楽しみ。

 

f:id:ryocuu:20190611032037j:plain

(出典:『アクタージュ act-age』)

 

作画と物語がすごく相性が抜群

  • 激エモ感情からくる迫真の演技と高い画力による破壊力がデカすぎる

見惚れてしまう程の画力、ロスしない笑える小話や、つい夢中になってしまう内容と読み始めたから中毒に陥る、演技を漫画で表現するって相当難しいと思うが、画力でここまで伝えられるのかと感動してしまう。

 

f:id:ryocuu:20190611032106j:plain

(出典:『アクタージュ act-age』)

 

f:id:ryocuu:20190611032119j:plain

(出典:『アクタージュ act-age』)

 

 単行本▼

 

まとめ 

最後までご覧いただきありがとうございます。

『アクタージュ act-age』を紹介ました。

今までにない演劇題材の漫画で、内容も絵も素敵で魅力的。アクタージュ目的でジャンプ読んでる時あがあるほど面白い作品です。興味があれば読んでみて下さい。