感想/内容紹介『ぬらりひょんの孫』任侠&妖怪!筆絵の雰囲気が最高の少年漫画。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51lCbExtPnL._SX316_BO1,204,203,200_.jpg

 

『ぬらりひょんの孫』の魅力を紹介していきます。

 

妖怪の総大将・ぬらりひょんの血を継ぐ奴良リクオは、一見普通の男の子。

 

妖怪の総本山・奴良組の若頭として、祖父のような立派な首領になることに憧れを抱くのだが…!? 

 

『ぬらりひょんの孫』はここが魅力

妖怪×任侠!昼間は人間、夜は妖怪の二重生活。

  • 妖怪と任侠を掛け合わせ「人と寄り添って生きる」妖怪たちの姿を描いた作品

妖怪と人間のクォーターである主人公が主となる為妖怪の血を覚醒させ、妖怪集団の他派閥と戦い、百鬼を束ね、総大将として妖怪を纏め上げるほど強く成長していく物語

 

f:id:ryocuu:20190610203733j:plain

(出典:『ぬらりひょんの孫』)

 

  • 昼は普通の中学生だけど、夜は妖怪ぬらりひょん(の孫)に変化する

昼と夜で雰囲気も変わるギャップも魅力で、主人公の家いる(妖怪任侠大一家「奴良組」)の構成員(妖怪)も大きな魅力。

 

f:id:ryocuu:20190610203131j:plain

 

魅力的なキャラクターと美麗で和風な作画はこの作品の最大の長所

  • 水墨画風で描かれるコマの魅力はジャンプでもトップクラス

この作品の一番の長所は雰囲気作りによる演出シーンが上手いこと

羽衣狐を黒と白のコントラストで独特の雰囲気を醸し出したりする演出、浮世絵のような水墨画タッチによる画力は、決めカットの水墨画のような絵に心が震える…。

秀逸な演出など見ていて「他と違う」と思える作品。

 

f:id:ryocuu:20181130171838j:plain

(出典:『ぬらりひょんの孫』)

 

  • 3タイプのヒロインがいるのも特徴

キャラクターの魅力特につらら、青田坊、黒田坊、首なしなどの主人公の側近が魅力的

妖怪が妖怪になるキッカケを描いてるところがキャラクターの魅力を惹きたてている。

 

ヒロインただただ萌えだし、周りまで魅力溢れるキャラばかり。

終盤で唐突に出てきて、そこから音速でヒロインレースに参戦してきて妾ポジションに収まる雪女など、モブ敵スタートからサブヒロインへの道が早すぎる…。

 

f:id:ryocuu:20190610203643j:plain

(出典:『ぬらりひょんの孫』)

 

単行本▼

 

まとめ 

最後までご覧いただきありがとうございます。 

『ぬらりひょんの孫』を紹介しました。

ラストバトルに集う今まで倒した敵たち。仲間とのフュージョン。修行で強くなってく感じや妖怪や人間の友達との熱い絆、何より絵が綺麗と、色々な要素がぶちこまれているジャンプ版「ゲゲゲの鬼太郎」のような和風少年漫画です。

興味があれば読んでみて下さい。