感想/内容紹介『エンジェル伝説』天使のように優しいけど、顔が怖い勘違いギャグ漫画

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51vJeIHkmKL._SX260_.jpg

 

『エンジェル伝説』の魅力を紹介していきます。

 

成績優秀、品行方正な高校生・北野誠一郎が転入早々『番長』に!?

体なぜッ!?

そう…彼の顔は不良も震え上がる超・極悪顔だったのだ!!

 

北野君の天使のような優しいハートを置き去りにして、ハードな学校生活が急加速していく

 

『エンジェル伝説』

天使のように優しいけど、生まれつき顔が怖い北野くん

f:id:ryocuu:20190606040246j:plain

(出典:『エンジェル伝説』)

 

新しい街に越してきた天使のような優しい心と、悪魔のような顔をもつ北野くんが、転校先の高校でたくさんの誤解を受けながら学園生活を送る物語

 

f:id:ryocuu:20190606040159j:plain

(出典:『エンジェル伝説』)

 

何が凄いって『顔が怖いが優しい』ネタだけで、引っ張って盛り上げて長期連載にしたのが本当に凄い。知る人ぞ知るジヤンプ2000年代前半の名作。

 

カメレオン的なすれ違いギャグ漫画

  • 誤解を受けながら引き起こすどたばたギャグ。

天使のような心を持つが、見た目が悪魔にしか見えない為、皆から恐れられている少年の周りに、次第に個性的な仲間が集まり周囲の人々に誤解と恐怖を撒き散らす。

計算されつくされた勘違いネタがめちゃくちゃ面白い。

 

f:id:ryocuu:20190606040318j:plain

(出典:『エンジェル伝説』)

 

  • 足りない語彙・興奮すると奇声をあげる

見た目がヤバイのに、テンパると上手く喋れなくなり「キェェエーーー」と叫んでしまうなど、神がかってる。

 

(出典:『エンジェル伝説』)

 

全十五巻の七年に渡る連載だが、主人公である顔の怖い北野くんは、最初から最後まで変わらず、顔は怖く誤解されやすいが、非常に良い人というキャラのままで、変わっていくのは彼の周りの彼を見る目だったりする。 

 

作風の振れ幅大き過ぎて慄く…

八木教広さんの作品は新作の王道ファンタジー『蒼穹のアリアドネ』、ごっついダークファンタジーの『CLAYMORE』、そしてこのギャグ漫画『エンジェル伝説』と、全ての作風が違いすぎて驚く。関連記事;『CLAYMORE』感想と見所紹介  

 

単行本▼ 

 

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

『エンジェル伝説』を紹介しました。

今読んでも感心するくらい面白いです。ギャグ漫画は時代ごとのネタなど、カバーしきれないハードルがあり、どの作品もそこは引っかかるが、これは殆んどない。

面白いので興味があれば読んでみて下さい。