感想/内容紹介『マギ』アラビア物語を下敷きにした壮大なファンタジー。

https://www.cmoa.jp/data/image/title/title_0000049039/VOLUME/100000490390001.jpg

 

『マギ』の魅力を紹介していきます。

 

砂漠を旅する少年・アラジンが、とあるオアシス都市で出会った2人の女性・ライラとサアサ。

 

2人は、野菜や果物を行商するキャラバンの仲間で、ライラにとってサアサは砂漠で行き倒れていたところを助けてくれた大事な友だちでもあった。

 

だが、ライラは元・盗賊団の一味であり、思わぬことからそれがバレて、キャラバンから追放されてしまう。

1人取り残されたライラに、アラジンは…?

 

『マギ』はここが魅力

アラビアンナイトの世界観を下敷きににした冒険ファンタジー

世界に突如ダンジョンが出現し、それを制覇したものが王になれる、というアラビアを基調とした世界を旅する幻想的な物語

誰もが名前は知っているアラビアンナイトのアリババ&アラジンを主役に、マギと呼ばれる伝説の魔法使いのアラジンが、友達のアリババとダンジョンを攻略していく。

 

f:id:ryocuu:20190604024347j:plain

(出典:『マギ』)

 

とにかく世界観が壮大なファンタジー

  • とにかく話の規模が大きく後半は国や次元のレベルで物語が壮大になる。

どことなく東欧や中東に近い雰囲気の世界観で、街並みやダンジョンの背景描写が細かく、ジンの金属器、眷属器、全身魔装が厨二心を擽る。

 

f:id:ryocuu:20190604024404j:plain

(出典:『マギ』)

 

ギャグとシリアスを上手く融合させてあるから続きが気になる

  • 世界観はもちろんメッセージ性が強いのにギャグもしっかりある

 

f:id:ryocuu:20190313043339p:plain

(出典:『マギ』)

 

ダンジョン攻略!!バトル!!冒険!!

って感じだと思いきや、奴隷に宗教の話や何のために人は争いを起こすのか?

とかいう根元の話とかすっごいどシリアスで、話の緩急も凄いし、戦闘話続いてるのに面白いしシリアスとギャグの混ぜ具合が上手すぎて完全にミルクレープ

 

戦争・政治に対してのストーリー

戦争や人種差別、民族問題、奴隷制、スラム等を取り上げており、いずれも被支配者や虐げられた者の視点に立っています。

キャラにそれぞれの思想・思惑があって、貧困や身分差別、戦争を体感し、自分の生まれた意味と、これから生きていく意味を少年たちが見つけてゆく展開

敵だからといって悪だとは言えない、非勧善懲悪なキャラ達が魅力的 

 

f:id:ryocuu:20190604024424p:plain

(出典:『マギ』)

 

 

単行本▼ 

 

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。 

『マギ』を紹介しました。

王道冒険ファンタジーのわくわく世界観でありつつ、和な世界って何、幸せって何?みたいなことを主人公達が真っ向から考えていく大人向けの少年漫画でもある作品です。

興味があれば読んでみて下さい。