文字

感想/内容紹介『RAVE』王道のとても熱く感動出来るファンタジー

スポンサーリンク

https://and.cmoa.jp/data/image/title/title_0000007957/VOLUME/100000079570001.jpg

 

『RAVE』の魅力を紹介していきます。

 

この世の悪の部分をつかさどる魔石DBが、50年たった今、再び蘇った! 

 

それに対抗できる唯一の光・聖石レイヴの使い手として選ばれた少年、それが──ハル

 

50年前の光の闇の戦争を知る、レイヴの使い?

プルーとともに、残る4つのレイヴを求めて、生まれ故郷ガラージュ島から大陸へと旅立った!

 

『RAVE』はここが魅力

真島ヒロ先生が描くマガジンの王道バトルファンタジー

  • 王道をさらに王道でサンドした世界を救うための冒険物語

50年前光の聖石レイヴとダークブリングの戦争で世界の10分の1が消えた世界

闇の石「ダークブリング」に唯一対抗できる、聖なる石「レイヴ」の使い手に選ばれた主人公ハルと、記憶喪失のエリーの記憶を探しに行く冒険超王道ファンタジー

 

f:id:ryocuu:20190604010140j:plain

(出典:『RAVE』)

 

世界観に入り込める楽しさ、キャラと一緒に冒険している感じの高揚感。

作者が同じなのでフェアリーテイルにハマった人は100%面白いと感じると思う。

 

f:id:ryocuu:20190130023911j:plain

(出典:『RAVE』)

 

10個の形態変化する聖剣で敵を倒してく能力モノの魔法バトル

  • 十戒の名を持ち、RAVEをはめ込むことで10の形態に変化する剣。

RAVEに登場する10個の姿に変わる大剣。

石によって能力が変化し、能力を合成できる剣を振りかざし、鋼の錬金術師みたいに金属変化し、禁術を打てる設定だけでもワクワクする 

 

f:id:ryocuu:20190604005710p:plain

(出典:『RAVE』)

 

漫画史上最大の伏線回収は鳥肌

  • 伏線と回収が凄まじく、明かされたときは「うわあああ!!」ってなる

伏線回収が凄くて初期の方から大量にフラグが建てられてるんだけど、その回収されるときの読者の驚きと言ったらない。鳥肌が止まらないとはこのことである

 

f:id:ryocuu:20190604005724j:plain

(出典:『RAVE』)

 

ワンピースのパクリって言って読みもせず批判してる人がいる。

ほんとあの伏線回収は数ある漫画の中でも上位に入る出来の良さ。後付けの辻褄合わせって言う人もいる。でもそのシーンが来るまであのシーンにに気付かなければ、それはもう作者・真島先生の勝ちだよ…。 

 

単行本▼

 

まとめ 

最後までご覧いただきありがとうございます。

『RAVE』を紹介しました。 

一口言えば王道ファンタジーです。ギャグ強めで基本明るいけど、シリアスなところもしっかり分けて描かれるのでギャップも魅力。後半に行くにつれて回収される伏線には鳥肌立つ。胸熱系が好きな人にはぜひ読んでほしい作品です。