感想/内容紹介『シャーマンキング』霊を憑依して戦う王道バトル漫画

https://res.booklive.jp/60009214/001/thumbnail/2L.jpg

 

 『シャーマンキング』の魅力を紹介していきます。 

 

シャーマンて知ってる!?

この世とあの世を結んで、神・精霊・死者の霊なんかと交流する事が出来る不思議な能力を持った人らしい…!

僕のクラスに来た転校生・麻倉葉は、実はそのシャーマンだったんだ!!!

 

『シャーマンキング』はここが魅力

主人公がシャーマンキング(霊能力者の王)を目指す。

500年に一度、シャーマン(霊能力者)の頂点シャーマンキングを決める戦いシャーマンファイトに参加するため上京してきた不思議な少年・麻倉葉の戦いと成長の物語

 

f:id:ryocuu:20190601030738j:plain

(出典:『シャーマンキング』)

 

少年漫画らしい勢いの良さにシャーマンなどのスピリチュアルな要素を交えつつ、ちょっとアダルトでコアな作者の遊び心が織り込んである世界観が面白い。

 

霊を憑依させて戦う厨二心溢れる異能設定

霊を自身の身体に降霊して生前の霊の能力をトレースする「憑依合体」

霊を武器にに降霊させ、そこから溢れ出る霊力によって霊武器を作り出す「オーバーソウル」という設定とネーミング、それだけで少年漫画として100億点の作品

 

f:id:ryocuu:20190601030803j:plain

(出典:『シャーマンキング』)

 

f:id:ryocuu:20190601030830j:plain

(出典:『シャーマンキング』)

 

少年漫画には珍しい草食系ゆるゆる主人公

  • 『主人公』という概念を大きく広げてくれた作品

ゆるいキャラだけど、冷めてるわけではない、主人公としての熱さを持っている。

彼のモットーである「なんとかなる」ってセリフの奥底に精神的な強さがあるっていう絶妙なキャラ、るろうに剣心の主人公。緋村剣心に近い。

 

f:id:ryocuu:20190601030237j:plain

(出典:『シャーマンキング』)

 

主人公以外にもメインの登場人物達の構成がしっかりなされており、皆一様に何かしらの過去や「孤独」を抱えつつ仲間と助け合って困難に立ち向かう様はTHE少年漫画

ラスボスがチート級の化け物であり主人公と実の兄弟という設定も面白い。

 

打ち切り。ラストミカン(未完)

打ち切り「みかん」これは、連載末期に『週刊少年ジャンプ』のアンケート順位が最下位近く低迷を続けた末、打ち切りという形で連載終了となった。

伝説の夢オチ最終回で最終巻のラストシーンで「おわり」の文字の横に「みかん」が描かれているが、これはストーリーの「未完」を意味する作者のシャレである

 

f:id:ryocuu:20190601030142j:plain

(出典:『シャーマンキング』)

 

※その後完全版が発売されて無事完結している。

 

単行本▼ 

 

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

『シャーマンキング』を紹介しました。

仲間や武器が出てくる度にわくわくした気持ちや感動を味わえる、20代なら誰しも夢中読んだであろうスピリチュアルな独自の作風で王道を征く唯一無二の少年漫画です。 

興味があれば読んでみて下さい。