感想/内容紹介『東京卍リベンジャーズ』ヤンキー版バタフライエフェクト。

f:id:ryocuu:20190527201514j:plain

 

『東京卍リベンジャーズ』の魅力を紹介していきます。 

 

花垣タケミチは、中学時代に付き合っていた人生唯一の彼女・橘ヒナタが、悪党連合“東京卍會”に殺されたことをニュースで知る。

 

壁の薄いボロアパートに住み、バイト先では6歳年下の店長からバカ扱い。極めつけはドーテー……。

 

そんなどん底人生まっただ中のある日、12年前の中学時代にタイムリープする!! 

 

『東京卍リベンジャーズ』

中学時代の恋人を救うためタイムリープを繰り返す

  • ヤンキー+タイムリープ。(恋人が死ぬ未来を変えるために過去へタイムリープ)

元不良の花垣タケミチは現在は26歳童貞フリーター。

そんな冴えない彼がある日、中学生の頃に付き合っていたヒナタが暴走族「東京卍會」の抗争に巻き込まれ死んだ事を知る。

フリーターである主人公が、暴走族に殺されてしまった元カノを、過去にタイムスリップし「現在」を変えることで救うべく奮闘していくという展開。

過去から現代までに何があったのか少しずつ明かされていく面白さはたまらない

 

f:id:ryocuu:20190527210034j:plain

(出典:『東京卍リベンジャーズ』)

 

マガジンの伝統を感じる熱いヤンキー漫画

特攻の拓、カメレオンに通じる、気合いはあるけど強くない主人公が、凄いヤツらに一目置かれてく、マガジン伝統のヤンキー漫画にタイムリープ要素が加わった作品。

 

f:id:ryocuu:20190527205942j:plain

(出典:『東京卍リベンジャーズ』)

 

舞台が昔のヤンキーの頃だからヤンキー要素も強いが、ただ中々現在を変える事は難しい所がタイムリープものたる所以

不良版「時をかける少女」なんて言われてますけど、飛んでも飛んでも救えないこの感じは、「映画バタフライエフェクト」を彷彿とさせる切なさ 

 

f:id:ryocuu:20190127013104j:plain

(出典:『東京卍リベンジャーズ』)

 

登場人物一人一人が魅力的で主人公がかっこいい…

  • 恋愛だけでなく男同士の友情が胸アツなうえに展開が全然読めなくて面白い

元カノを救うためにさえないフリーターの現在と、ヤンキーヒエラルキー下位だった過去を行き来する主人公、主人公なのに喧嘩は弱い巻を追うごとに強くなったりもしない

逃げてばかりだった自分を変えたくて叫んだ「引けねぇ理由があるんだよ!!!」に痺れるし、傷だらけでも立ち向かっていく姿がめちゃくちゃかっこいい!

 

f:id:ryocuu:20190527210002j:plain

(出典:『東京卍リベンジャーズ』)

 

主人公だけでなく登場人物が全員カッコい。ヤンキー漫画のキャラクターはカッコいいのだ、ファッションも王道の特攻服だけじゃなく今風でセンス抜群

高い画力も相まって読みやすい作品となっています。

 

 

単行本▼ 

 

まとめ

『東京卍リベンジャーズ』を紹介しました。

最後までご覧いただきありがとうございます。

主人公が現代と過去を行き来するタイムリープを駆使して未来を変える。王道の成り上がりヤンキーバトルに恋人や仲間を助けたいという目的とSF要素を加えた作品です。

興味があれば読んでみて下さい。