感想/内容紹介『SOUL CATCHER』バトル系吹奏楽漫画という独自すぎる作品

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/513SHR6-ZuL._SX316_BO1,204,203,200_.jpg

 

『SOUL CATCHER』の魅力を紹介していきます。

 

心が“見える”能力を持つが故に、他人を遠ざけていた神峰翔太はある日、天才サックス奏者・刻阪響と出会い、彼の放つ圧倒的な音に心動かされ…!?

 

『SOUL CATCHER』はここが魅力 

万能な共感覚を持つ主人公が指揮者を目指す

"超視覚型吹奏楽グラフィティ"がこの作品のキャッチコピー

この作品の魅力は音楽の視覚表現にあり、他人の心が"視"える主人公が、部員の持つ複雑な心や事情を解決していき、全国の強豪校たちと渡り歩いていくという凄い設定。

“人の心が見える”という主人公の能力をそのまま読者は漫画の表現として楽しめる。

 

f:id:ryocuu:20190527084821j:plain

(出典:『SOUL CATCHER』) 

 

ストレートに音楽を具象化して絵で表現する

きわめてストレートに音楽を具象化して絵で表現する手法につ魅力を感じる。

音楽や演奏者の心情を、『機雷』『恐竜』などを使って上手く表現しているので、吹奏楽や登場する曲を全く知らなくても読める完全娯楽漫画となっている。 

 

f:id:ryocuu:20190307022042j:plain

(出典:『SOUL CATCHER』) 

 

f:id:ryocuu:20181130215432j:plain

(出典:『SOUL CATCHER』) 

 

題材ゆえか人物の「心」に関する描写はジャンプでは群を抜いている。

これだけの人数を扱いながらキャラも魅力に溢れており、『この技術が音楽的にどう形になるか』を描写しつつ、最終的にはバトル漫画になる。

 

音の視覚化、共感覚、そしてなんといっても激熱な演奏バトル

1巻目から人間に心が開けない主人公と、「人の心が見える」という設定のもとで繰り広げられる吹奏楽バトルは漫画的表現というか画の魅せ方が最高

 吹奏楽ジャンルでバトル漫画以上のダイナミック能力にバトル描写と、格好いいポーズが楽しめる。たまにアツすぎてついていけない。スタイリッシュ&シュール。

 

f:id:ryocuu:20190527084901j:plain

(出典:『SOUL CATCHER』) 

 

単行本▼ 

 

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

『SOUL CATCHER』を紹介しました。

音楽を聴いた時の高揚感をそのまま漫画に落とし込んだような表現が魅力で、あちこちアクとクセが非常に強くて読んでると血液が沸く、不思議な魅力がある漫画です。

刺さる人間ならば、刺さる。そんな作品。

全11巻と手に取りやすく、作品のノリは1巻を読むだけで把握できる。

興味があれば読んでみて下さい。