文字

感想/内容紹介『スピリットサークル』短くまとまって濃密かつ伏線回収が非常に出来た作品

スポンサーリンク

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51BphYDFb0L.jpg

 

『スピリットサークル』の魅力を紹介していきます。

 

桶屋風太は中学2年生。

平凡な中学生生活だったはずが額に大きな傷のある美少女の転入生・石神鉱子の出現によって一変する事に! 

 

『スピリットサークル』はここが魅力

輪廻の中で起こる様々な物語が、一つの始まりに収束していく

  • 7つの過去生で互いに殺し合ったという因縁を持つ少年、少女

主人公とヒロインの「過去生」(いわゆる前世)の因縁が物語の軸で、二人を中心に現在のキャラが、前世で様々な関わりを持っていた事が明らかになっていく展開

 

f:id:ryocuu:20190518050455j:plain

  (出典:『スピリットサークル』)    

 

  • 全体通してのストーリーも壮大かつ懐深くて最高

オムニバスのように様々な過去生の物語が綴られ、徐々に主人公とヒロインの因果が明かされていく。過去、未来、パラレルワールドなどややこしい要素満載

漫画という表現媒体で、世界に対する回答を出さんとする圧倒的な熱量

 

f:id:ryocuu:20190518050600j:plain

  (出典:『スピリットサークル』)    

 

全6巻で見事なまでの伏線回収と物語の閉め方

  • 何度か読むたびに理解が深まるスルメ作品

どうすればこんな話を思いついて形に出来るのか、仕込まれた伏線の巧みさが凄い。

輪廻転生してるので、過去生が回数を重ねるごとに重層して物語が積み上がる仕組みで、それを伏線として貼り廻らせる構造は複雑ながらメリハリ利いた展開で読ませる。

 

f:id:ryocuu:20190518050613j:plain

  (出典:『スピリットサークル』)    

 

  • 主人公の元気の良さ、ヒロインのツン可愛いし、周囲の人物も魅力的。

転生をテーマにしたエピソードの絡み方とキャラクターの魅力は流石の一言

前世での人間関係がリンクしている仕掛け、主要キャラ全てに納得のいく運命が用意されているのが素晴らしい。 

 

f:id:ryocuu:20190107031436j:plain

(出典:『スピリットサークル』) 

  

作者は「惑星のさみだれ」が有名な水上悟志氏。

作者は『惑星のさみだれ』水上悟史。

題材は超B級感に、先が気になる大胆なコンセプトに強いメッセージ性、さみだれ同様に感動する作品。

 

f:id:ryocuu:20190518050716j:plain

  (出典:『スピリットサークル』)    

 

この作者は王道ストーリーを上の次元〔厨二〕に持っていく天才で、「スピリットサークル」の他にも、格闘漫画「戦国妖狐」どちらもめちゃくちゃオススメです。

あと短編集もすごいから興味があれば読んでみて下さい。

 

 

単行本▼ 

 

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。 

 『スピリットサークル』を紹介しました。

 『輪廻』というテーマの魅力と予想外の展開、壮大な物語の幕開けと、謎めいた伏線の種まきから入る1巻はマジ強力。1巻だけでも読んでみて下さい。