文字

感想/内容紹介『ワールドトリガー』緻密な駆け引きやチーム戦術がウリのバトル漫画

スポンサーリンク

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51rYUSuWzyL.jpg

 

 『ワールドトリガー』の魅力を紹介していきます。

 

異次元からの侵略者「近界民」の脅威にさらされている三門市。

そこに住む少し正義感の強い中学生・三雲修は、謎の転校生・空閑遊真と出会う。遊真の行動に振り回される修の運命は!? 

 

『ワールドトリガー』はここが魅力

異次元からの侵略者である「近界民」と戦う「ボーダー」達を描いた作品

  • 侵略者の近界民から街を守った防衛機関、通称ボーダー。

異世界からの侵略者・近界民(ネイバー)から、特殊な技術を使った武器で戦う主人公たち属する特殊組織・ボーダーが人類を守る物語。

 

物語は防衛組織の少年「三雲修」と異世界の住民「空閑遊真」が出会うところから始まり、この「三雲修」と「空閑遊真」という一見相反する性格の持ち主がW主人公なのもこの作品の大きな魅力の一つ

 

f:id:ryocuu:20190518040021j:plain
f:id:ryocuu:20190518040023j:plain
(出典:『ワールドトリガー』)

 

「チーム戦」と「戦術」を最高に面白く描く漫画

  • 絵的な派手さよりも緻密な駆け引きやチーム戦術がウリのバトル漫画

1対1に拘り主人公補正など、都合のいい展開の多い少年漫画で、見たことのない戦術や駆け引き、頭脳戦と連携チーム戦を中心に、攻撃手、銃手、狙撃手などのタイプ分けや、近距離、中距離、遠距離、複合のバトルなど、王道ながらすごく面白い設定。

 

f:id:ryocuu:20190518040059j:plain

(出典:『ワールドトリガー』)

 

これほどまでに「チーム戦」と「戦術」をきっちりと解説付きで、なおかつ最高に面白く描く漫画を構築できるとは…。本当に感嘆の一言。

個人技よりチーム戦を主とするゲーム(スプラトゥーンなど…)が好きで、よくプレイする人はぜひ読んでほしい。

 

f:id:ryocuu:20190518040123j:plain

(出典:『ワールドトリガー』)

 

緻密な伏線と人間味溢れる魅力的なキャラクター達

  • 久々に「こう来るか!」「次はどう来る?」と楽しみになる作品。

考察好き&繰り返し読む人にピッタリの漫画。読む度に新しい発見がある。

伏線がゴロゴロ転がっていて、ミステリ好きな方にも楽しんでもらえそう

 

f:id:ryocuu:20190518040139j:plain

(出典:『ワールドトリガー』)

 

  • キャラクターの個性も色々あって魅力的

必ず探せば好みにフィットするキャラが居ますってほどに魅力的キャラの宝庫

出番の頻度に差はあれど、読めば分かるがモブは居ない。そういう作品

「魅力的な事に定評のある葦原キャラたち」を楽しみながら「一つ明かされれば一つ謎が増えるミステリー的面白さ」に引っ張られて、どっぷりハマる

噛めば噛むほど味の出る、バトル漫画好きにとって理想的な作品。 

 

f:id:ryocuu:20190125003815j:plain

(出典:『ワールドトリガー』)

 

単行本▼ 

 

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

『ワールドトリガー』を紹介しました。

激しいバトルの連戦&混戦であるからこそ、頭脳戦と連携プレーがカギを握る、この要素がまさに『ワールドトリガー』の最大魅力であると思う

従来のバトル漫画に飽きた人におすすめ。興味があれば読んでみて下さい。