感想/内容紹介『Dr.STONE』超絶画力に壮大なSFジャンプ黄金期ワクワク感を持った作品

https://ka.cmoa.jp/data/image/title/title_0000132560/VOLUME/100001325600001.jpg

 

『Dr.STONE』の魅力を紹介していきます。

 

一瞬にして世界中すべての人間が石と化す、謎の現象に巻き込まれた高校生の大樹。数千年後――。

 

目覚めた大樹とその友・千空はゼロから文明を作ることを決意する!! 

 

『Dr.STONE』はここが魅力

全人類石化のスリリングな世界観

  • 文明が滅びた世界の中で、知識だけで科学を復興させようとする少年を描いたSF

全人類が石化した数千年後の世界で、文明が崩壊した数千年後の世界で、石化から蘇った高校生が科学を用いて文明を再建する物語。

 

f:id:ryocuu:20190517002505j:plain

(出典:『Dr.STONE』)

 

正直あまりに面白い。ストーリーの進行が軽快かつ明確、随所に理科的要素を絡めてきてSF・伏線の張り方も抜群。奇抜な題材ながらベースはしっかり少年漫画

発見の楽しさや技術向上の喜びを描いている点が素晴らしい。

 

f:id:ryocuu:20190517002352j:plain

(出典:『Dr.STONE』)

 

ジャンプ全盛期のワクワク感

  • 先の展開はどうなるのかドキドキ感とワクワク感はまさしくジャンプの王道

3700年の重み、新しい科学ロードマップが来そうな目先の目標、まだ見ぬ世界のワクワク感、それにくわえて貨幣の歴史を圧縮して詰め込んでるの密度濃すぎで狂気の沙汰

 

f:id:ryocuu:20190207014134j:plain

  (出典:『Dr.STONE』)

 

科学の力で文明を取り戻そうとする天才主人公

  • キャラの魅力も相まって科学SF未来冒険友情漫画としてよくできてる。

原始世界で科学知識を持った主人公が持ち前の頭脳でガンガン道を切り開くのが気持ち良く、そのキャラ設定がニヒルなようでめっちゃ人情派で、皮肉に笑う主人公も、困った人を見捨てない性格なのが、作品への好感度をガッツリ底上げしている。

 

f:id:ryocuu:20190517002332j:plain

(出典:『Dr.STONE』)

 

特に凄いのが主人公の千空が、石化してから3,700年ずっと頭の中で時間を計っていたくだり。一体彼の脳内で消費されたエネルギーはどれほどのものなのか?

 

f:id:ryocuu:20190517002417j:plain

(出典:『Dr.STONE』)

 

Boichi先生の常軌を逸した画力が炸裂

  • Boichi先生の超絶画力で描かれる壮大な風景

原作はアイシールド21の稲垣理一郎先生。

作画はサンケンロックから圧倒的な画力を魅せているBoichi先生。

ベテラン2人が全力で漫画を描くとこんなことになるのかと毎週驚愕しながら読んでる

 

f:id:ryocuu:20190517002518j:plain

(出典:『Dr.STONE』)

 

ちなみにBoichi先生はSFを描くために物理学を専攻して、1000冊もの科学本を読んだ…って。漫画界トップクラスの画力を持ちながらその勤勉さ、 恐るべし。

 

 Boichi作品についての記事はこちら▼

 

単行本▼ 

 

 

まとめ

 最後までご覧いただきありがとうございます。

 『Dr.STONE』を紹介しました。

 「ここ最近で一番の面白さ」ハードルを上げても、引きこまれまくり、超絶を超えた超絶画力の上、キャラクターの性格の魅力、ストーリーのテンポとスピードを持った今一番面白い少年漫画です。是非読んでみて下さい。