感想/内容紹介『懲役339年』全4巻で長編映画1本観た感じの余韻がある作品。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61mvnlxBCuL._SX351_BO1,204,203,200_.jpg

 

『懲役339年』の魅力を紹介していきます。

 

転生が信じられている世界で、大罪人の生まれ変わりとして、生まれてからずっと刑務所ですごす少年ハロー。

 

前世の記憶もなく、罪の意識もなく、ただひたすら罪を償う2代目ハローの日々とは!?

 

『懲役339年』はここが魅力

輪廻転生が信じられ、大罪を犯し懲役339年を課せられた男がいた。

  • 「転生、生まれ変わりが信じられている」という斬新な世界設定

生まれ変わりが信じられている世界で、懲役339年を課せられた大犯罪者"ハロー"の生まれ変わりとして、生まれた時から囚人として生きる。『歴代ハロー』の物語 

転生の真偽や宗教の是非ではなく、人の悪意のみを非難して物語を構成した非凡な作品

 

f:id:ryocuu:20190126044630p:plain

(出典:『懲役339年』)

 

全4巻で一本の映画を観た後のような読後感。

4巻とは思えない壮大な物語、ライトな画とそれに対照的な、張り巡らされた伏線・重厚なストーリー、 重苦しいタイトルと序盤の展開からは予想できない最終回

巻数は少ないが映画を見終わった気分になる、読み手の様々な感情を揺さぶる作品

 

f:id:ryocuu:20190515095423p:plain

(出典:『懲役339年』)

 

最初は絵に違和感持つだろうけど、それさえ乗り越えれば最後の綺麗な締め方にうるっと来ると思う。そして何よりエンドロールが秀逸過ぎる。

実写映画化して欲しいと思ってしまうくらいに。

いい映画を見終わったような爽快感を味わえる。

 

f:id:ryocuu:20190515100354j:plain

(出典:『懲役339年』)

 

割とキャラがポコポコ死ぬ

主人公はハローという名前なのですが、二代目、三代目と世代が進んでい

転生信仰の国をテーマにしてることもあり、当然(同名でも)ハロー〇代目みたいに、主人公は変わっていく、2巻ですでに主人公は6代目。人命が軽い漫画っていいね。

 

f:id:ryocuu:20190515095635j:plain

(出典:『懲役339年』)

 

 

単行本▼ 

 

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

『懲役339年』を紹介しました。

大罪人ハローの懲役339年の刑を生まれ変わりのハローが償い続けるという大筋がありつつ、それぞれのハローがそれぞれの人生を送る作品です。

世界観や筋書きが大変面白い!絵や線がこなれていないのが残念ですが、それを差し引いても非常に魅力的な漫画です。興味があれば読んでみて下さい。