感想/内容紹介『バガボンド』剣豪・宮本武蔵の生涯を描いた傑作。

f:id:ryocuu:20190506033626j:plain

 

『バガボンド』を紹介します。

宮本武蔵を主人公にした漫画なんだけど、剣豪たちの白熱したバトル・圧倒的な画力・人生哲学ありの最高に深い漫画だから是非読んでほしい作品です。

 

剣における天下無双を目指し、殺し合いの螺旋の中へと身を投じていく宮本武蔵。

 

同じく、剣の道を究めんとする者たちは、放浪の人(バガボンド)となり、その運命に翻弄されていく??。

 

『バガボンド』はここが魅力

天下無双に囚われた剣豪宮本武蔵の生涯

  • 戦国末期から江戸時代の転換期、剣の時代の終わりがけを舞台にその青春期を描く。

巨大な歴史の転換点で、剣の道を極めんと突き進む武蔵の生き様を追いながら、剣とは、そして人とは何かを探しながら、剣士として自己を確立しようともがく

圧倒的な才能を授けられた人間の喜びと苦しみの物語。 

 

f:id:ryocuu:20190506040812j:plain

(出典:『バガボンド』)

 

剣を極めようとすると天下無双は遠のく「強さ」とは何か?

武蔵が一生を賭けて“強さとは”を求め乾き続けてゆく姿に、戦いに向かっていく姿勢と、さらに自分を磨こうとする生き様、極みへと近づく魂の輝きが垣間見れる。

 

f:id:ryocuu:20190506043949j:plain

(出典:『バガボンド』)

 

宮本武蔵は「天下無双」を目指して、様々な剣豪と相対していくが、それぞれが体現する異なる強さを見て「天下無双」が幻想だと思い始める。

 

散々殺し、死に場所を探してきた男が、命を生む、生きることに刮目する姿が人間としての成長につながっていく、そして武蔵の心情の変化や成長が、何かしら道を進めようとしてる人にはぶっ刺さるし自分を見返すいい教科書になると思う。

 

f:id:ryocuu:20190506044043j:plain

(出典:『バガボンド』)

 

圧倒的画力から精神性も描く漫画を超えた漫画

  • 無心や悟り、極意の世界を絵で表現するのはスゴい!

主人公(宮本武蔵)が無口なので、画力で語る漫画だけど井上雄彦先生だから伝わる

筆で描いた圧倒的画力と表現力に震える。

 

f:id:ryocuu:20190306020310j:plain

(出典:『バガボンド』)

 

f:id:ryocuu:20190124013848j:plain

(出典:『バガボンド』)

 

井上雄彦先生の画力の凄さは、上手く言葉がみつからないほど。

スラダンもそうだけど、全てに命が宿っている感覚で読んでて圧倒されますね。

 

 

単行本▼ 

 

 

まとめ 

最後までご覧いただきありがとうございます。

『バガボンド』を紹介しました。

 

剣豪たちの白熱したバトル・圧倒的な画力・人生哲学ありの最高に深い天下無双の漫画

バガボンドという作品の凄さは、「この展開が…」とか「この心理描写が…」とか「このテーマが…」とか言葉を尽くしても、読むまで誰にもまるで伝わらない所だと思う。

興味があれば読んでみて下さい。