感想/内容紹介!『BASARA』1990年代を代表する少女漫画

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/519WmpRd8XL.jpg

 

少女漫画だが、成人男でも充分に楽しめる骨太なストーリー。"

この記事では、『BASARA』を紹介していきます。

 

文明が滅びて数百年、暴君に支配されたこの国に生を受けた双子、タタラと更紗。

 

タタラは、「長じて後、人民を率い国を救う」と予言された「運命の子供」だった。ある夜、村に西の地を治める赤の王の軍勢がやって来る。

 

更紗の目の前で殺される、タタラと父。

 

運命の子供の死に絶望し、焼け落ちる村と運命を共にしようとする村人達を救うため、更紗は髪を切り、タタラを名乗って立ちあがった。

 

『BASARA』はここが魅力

敵味方が惹かれあってしまう恋物語

文明崩壊後の日本で圧政を敷く王族に対抗するため、運命の子が革命を起こす物語

 

「運命の子」と言われた砂漠の国の女の子が、仇とは知らないまま倒すべき王子と恋に落ちて、諸国漫遊して革命の仲間を増やしながら成長していく展開 

 

f:id:ryocuu:20190430012333j:plain

(出典:『BASARA』)

 

この敵同士なのに惹かれ合うテーマが魅力的なのは、仕事・家柄など何よりも『恋』を最優先に突き通す、実際にはできそうもない爽快さが人々の心を揺さぶるのだと思う。

 

少女漫画だが、壮大なスケールで走り続ける

少女漫画の枠を超え、壮大な物語で1巻から最終巻まで続く…

 

テーマは極上大河ロマン。

最初に主人公の村焼かれて村人皆殺しにされる。復讐を誓って日本統一を目指す。

だけど恋愛メインやもん。こんな少女漫画他ない。

 

f:id:ryocuu:20190430012302j:plain

(出典:『BASARA』)

 

田村由美さん作品全般に言えるが、結構な脇役まで印象に残るぐらい出てくるキャラクターがみんな魅力的で、ストーリー、戦闘、駆け引き、成長!

この作品はあらためて凄い漫画だと思う。

 

作者が女性なので、多くの女性が活躍しているのも特色。

いかにも少女漫画という絵で、その絵柄に敬遠する方もいるかも知れませんが、『7SEEDS』同様、壮大な大河ものとか描かせるとピカイチ

 

少女漫画らしく恋愛面も面白いけど架空戦記としても凄く面白い。

 

f:id:ryocuu:20190430012236j:plain

(出典:『BASARA』)

 

 

単行本▼ 

 

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

『BASARA』を紹介しました。

 少年漫画のように見えてしっかり少女漫画。途中で読みだすと止まらなくなるし、涙も止まらなくなる作品なので興味あれば読んでみて下さい。