全話感想『アニメ・約束のネバーランド』見逃し動画の視聴方法も紹介!12話(最終回)更新。

f:id:ryocuu:20190111044339j:plain

※2019年3月29日更新

 

このページでは「約束のネバーランド」の全話感想と見逃し動画の視聴方法について紹介していきます。

 

好きな漫画がアニメになるなんてとても嬉しい!

ちょっとグロテスクな場面があるけど、アニメだとどうなるのかとても気になります

 

「約束のネバーランド」はこんなお話!

概要▼

白井にとって初連載作品で、出水にとって6作目の連載作品(『週刊少年ジャンプ』では初連載)。

 

タイトルは、主人公たちのいる世界やストーリー展開を元につけられている。

 

原題は『ネバーランド』だったが、最終的に『約束の』が付け足された。

 

2018年11月の時点でシリーズ累計発行部数は全世界870万部以上

 

 

担当編集者は、一見『ジャンプ』らしくない作風だが本質的には逆境や試練を努力・友情で乗り越え勝利をつかもうとする「『ジャンプ』らしい」活劇であるとしている。

約束のネバーランド - Wikipedia

 

自分達は引き取り手が見つかるのを待っているのではなく、鬼の食料として出荷されるのを待つ『家畜』だと気がついた『孤児院』の子供達の脱走劇。

 

閉鎖された絶望的な空間から、脱出を計る天才少年少女達と、それをどんどん追い詰めていく大人達のお互いの心理戦

 

綿密な計画が、海外ドラマを見ているようで、本当に引き込まれるし、細かく伏線もたくさん張られているので考察が楽しい作品。

 

大きな謎が明かされて一気に視界が広がる演出、希望を見つけた瞬間、その希望がまた絶望に変わるところが見所

 

 

UVERworldのオープニングは控えめに言って神

 

オープニングは、とってもスタイリッシュでかっこよくて、なんか聴いたことあるな、かっけえなと思ったらUVERworldでした。

PVともマッチしてて、アニメのクオリティーが高いことを予感させるクールさがありました。

 

 

エンディングはかっこよさと、残酷さ、あと、ほのかな優しさが入り混じってて、約ネバらしく、映像になると浮世離れした世界観が、よりグッと鮮明になって、恐怖とか狂気とか肌で感じられた


放送日▼
  • フジテレビ 2019/1/10 木 24:55~
  • 秋田テレビ 2019/1/10 木 25:20~
  • 岩手めんこいテレビ 2019/1/10 木 24:55~
  • さくらんぼテレビジョン 2019/1/10 木 24:55~
  • 仙台放送 2019/1/10 木 26:00~
  • 福島テレビ 2019/1/10 木 25:25~
  • 新潟総合テレビ 2019/1/10 木 25:45~
  • テレビ静岡 2019/1/10 木 25:35~
  • 東海テレビ 2019/1/10 木 26:10~
  • 関西テレビ 2019/1/10 木 25:55~
  • テレビ愛媛 2019/1/10 木 25:35~
  • テレビ新広島 2019/1/10 木 25:55~
  • テレビ西日本 2019/1/10 木 25:55~
  • サガテレビ 2019/1/11 金 24:55~
  • テレビ熊本 2019/1/10 木 25:45~
  • 鹿児島テレビ 2019/1/10 木 26:00~
  • 長野放送 2019/1/10 木 25:30~
  • 高知さんさんテレビ 2019/1/23 水 25:55~
  • BSフジ 2019/1/15 火 24:00~

 

 

 

『約束のネバーランド』 – 全話あらすじ・感想

第1話『121045』

f:id:ryocuu:20190111044603j:plain

(出典:『約束のネバーランド』)

 

グレイス=フィールドハウスは親の居ない子供たちが住むところ。

 

血の繋がりはなくても、ママと38人の兄弟はささやかながら幸せな日々を送っている。


11歳のエマ・ノーマン・レイはハウスの年長者であり、毎朝のテストでそろって満点をとる優秀さをほこる。

 

ある夜、里親のもとへ旅立つコニーを見送った子供たちだが、忘れ物に気付いたエマとノーマンは近づくことが禁じられている門へ向かう。

 

そこで2人は衝撃の真実を目撃する―――

 

流石ノイタミナなだけあって絵がすごく綺麗

原作が面白いので期待値が高かったけど、かなり良い出来で良かったです!

 

原作を読んでる人なら分かると思うけど、あの漫画で体験した恐怖と緊張感がアニメで音と動きと声と加わることによってこうも物凄い臨場感になるものかと…

 

平和な日常から一転…現実を知ったエマとノーマンの悲痛な表情が、アニメだとさらに際立ってましたね。音楽や演出も素晴らしかった。

 

ラストシーンとか本当に良かった!今後も期待です。

 

第2話『131045』

f:id:ryocuu:20190319042535j:plain

(出典:『約束のネバーランド』)

 

子供たちは鬼に食べられるために育てられている。


大好きなハウスは農園。優しかったママは敵。


ハウスに隠された真実を知ったエマとノーマンは、脱獄を計画する。

 

だが、イザベラはコニー出荷の夜に子供2人が門に来たことに気付いているようで……。

 

漫画もそうだったけど、イザベラがエマの顔を覗き込むシーンめちゃくそ怖いw

 

脱出という目的に対する枷がサスペンスフルによく効いており、緊張感、恐怖の共有が子供目線で徹底されているため、安定して面白い。

 

37人で脱出すると決めた、エマ。やれやれといった感じでエマの計画に賛同する、ノーマンとレイ。そしてママ側は新しい鬼の追加…全てにおいて完璧な2話

 

第3話『181045』

f:id:ryocuu:20190319043752j:plain

(出典:『約束のネバーランド』)

 

新たな大人、シスター・クローネが現れ、監視の目が増えたハウス。


レイも加わり3人で脱獄の方法を模索するなか、エマは自分たちの身体に埋められている発信器の場所を特定する。

 

そして全員での脱獄に向けた訓練のため、全力の「鬼ごっこ」を始めるが、そこにクローネが鬼役として参加する。

 

ママが有能でいいぞ~。洞察力と判断力のイザベラと楽しそうなクローネ。

 

新しく来たクローネという補佐役。監視が増えてしまった。でも子供には人気…

鍛え抜かれた肉体。侮れない頭脳。鬼ごっこは子供の身体能力や戦略を図る知恵比べ。ホラーを熟知したようなカメラワーク。

 

そしてここで内通者がいるかもという話が…嘘やろ 

すでに流れは掴んでいるのに、さらに畳みかけてくるのが約ネバの凄い所

 

f:id:ryocuu:20190319045203j:plain

(出典:『約束のネバーランド』)

 

原作では「なんだこの人w」と思った。

でもアニメで改めて観ると、たった独りで戦わないといけないから、架空の存在を作って話してると思って何か切なくなった...

 

イザベラもクローネも好きだから余計くるものがある。

 

第4話『291045』

f:id:ryocuu:20190319050526j:plain

(出典:『約束のネバーランド』)

 

子供たちの中に内通者がいる。それは誰なのか、兄弟の動向を気にするエマたち。

 

内通者を特定するため、ノーマンはあることを仕掛ける。


一方で、外に出てからのことを考え、ドンとギルダには事情を話すことにする。


残酷すぎる真実。

 

そのすべてをありのまま話すことはできなかったものの、新たな協力者2人を引き入れることに成功し、また脱獄計画は進んだと思われたのだが……?

 

冷静さを欠き取り乱すクローネとは対照的に「優しいママ」を演じながら静かに、ゆっくりとエマ達を追い詰めていくイザベラ。

 

内通者を探るために罠を仕掛ける3人、ドンとギルダを仲間に入れて監視... 

途中でだれが内通者なのか分かった人が多いのでは?

最後にはノーマンが内通者を言い当てて...

原作知ってるのにドキドキしながら見れて演出が凄いアニメだと改めて思いました!

 

f:id:ryocuu:20190319051239j:plain

(出典:『約束のネバーランド』)

 

第5話『301045』

f:id:ryocuu:20190319052104j:plain

(出典:『約束のネバーランド』)

 

内通者がレイであることを突き止めたノーマンは、二重スパイになるよう提案する。

 

レイは脱獄の準備をするために自ら志願して内通者になったことを明かし、全員での脱獄を諦めること、そのためにエマを騙すことを協力の条件とする。


翌日、レイが内通者だったことを知り、改めて全員での脱獄を決意するエマ。

 

そしてイザベラの隠し部屋を見つけたことを報告するが、ドンとギルダはエマ達には告げずその部屋に侵入しようとする。

 

5話はみんなの表情が印象に残る回だった。

 

普段落ち着いた雰囲気のレイとのギャップになっていたり、不気味さや鬼気迫る表情に繋がっている気がする。目力が凄く、受ける印象もガラッと変わる


特にエマの純粋すぎる心からくるあの表情やばかった‥

 

f:id:ryocuu:20190319053027j:plain

(出典:『約束のネバーランド』)

 

内通者と認めたレイと、内通者の味方に寝返る条件は、お荷物になる子達は切り捨てること。リスクを考えたら当然の条件ではあるけど、エマと板挟みのノーマン。

幼児達のあの笑顔を見てるととても切り捨てられない…ノーマンの憂鬱…

 

ノーマンもレイもエマも、そしてドンとギルダすらも、必死に自らの手段で闘いに臨んでいて、彼らに幸あれと願ってしまう

 

そしてドンとギルダは隠し扉へ!

そんな時に途端に扉が開いて...おっと誰かが来たようだ…

 

第6話『301045』

f:id:ryocuu:20190319054201j:plain

(出典:『約束のネバーランド』)

 

ウィリアム・ミネルヴァという人物から贈られた本にはモールス符号で子供たちへのメッセージが隠されていた。

 

ハウスの外に味方がいるかもしれないと希望を持つエマたち。


一方、イザベラの隠し部屋に侵入成功したドンとギルダは、エマたちのついた嘘に気付いてしまう。

 

今度こそ真実を語った彼らに怒りをぶつけるドンだったが、自らの無力さを嘆くその姿に、エマは兄弟を信じようと思い直す。


しかし翌日、そのやりとりを見ていたクローネが手を組むことを持ちかけてきて……?

 

希望と絶望の回。一方で集まって話したり、殴り合ったりと隙も大きい。

 

ドンの言動,行動、感覚的に違和感があるというか理解しきれないというか。

勝手な行動しておいてそんな偉そうな口きける立場じゃ、まして殴れる立場じゃないだろって言いたくなる。

 

でも、自分の能力の低さで、足手まといになってしまっているという自覚で泣くシーンはちょっとウルっときました

 

無駄な青春ドラマともとれるが、それが子供だから仕方がないと思える。

 

ラスト。このアニメは引きが強すぎる

 

f:id:ryocuu:20190319055549j:plain

(出典:『約束のネバーランド』)

 

第7話『011145』

f:id:ryocuu:20190319060448j:plain

(出典:『約束のネバーランド』)

 

イザベラからママの座を奪いたいという目的とともに、ハウスの管理システムについてクローネから聞かされたエマたちは、彼女と手を組むことにする。

 

その夜、情報収集のためクローネの部屋を訪れたエマとノーマンだったが、逆に発信器の場所や壊し方に気付いていたことを知られてしまう。

 
子供たちの脱獄計画を本部に訴えるための証拠として、発信器を壊す道具を探すクローネだったが、そんなクローネにイザベラは本部からの通達を突きつける。

 

 子供たち、シスター、イザベラ(ママ)三者三様の心理戦

「人間はね…その場に立っているだけで情報の塊なの」

ここはクローネが一枚上手だったか…

そして見抜かれたあとのエマとノーマンの表情がまさに情報の塊だった

 

f:id:ryocuu:20190319061417j:plain

(出典:『約束のネバーランド』)

 

シスターと取引 彼女は言う『偽りでも人間の暮らしを…』 この世界で偽って、それで人としての"尊厳"は得られるのだろうか?

 

レイが書いたメモにより、イザベラの弱味を手に入れたと喜んだのも束の間、直後に現れたイザベラから手渡された、本部からの手紙を読み震え出す。

 

それぞれの文書には一体何が書かれていたのか?

 

f:id:ryocuu:20190319061726j:plain

(出典:『約束のネバーランド』)

 

第8話『021145』

f:id:ryocuu:20190319065749j:plain

(出典:『約束のネバーランド』)

 

イザベラに見送られたクローネは、グランマに彼女のミスを訴える。

 

しかしグランマはそのことを全く意に介さず、クローネは鬼に殺されてしまう。


その日の午後、エマとノーマンを塀の外の下見へと向かわせたレイは、偽の情報を流しイザベラの注意をひこうとするが、それに気付いていたイザベラはレイを部屋に閉じ込めてしまう。

 

そしてエマとノーマンに対峙したイザベラは、ノーマンの出荷が明日に決まったことを告げるのだった―――

 

シスター・クローネの走馬灯、すっごい良かった。

偽りの幸せの中にいる幼少時。真実を知った瞬間。

生き残る道を選んだのと同時に足枷をはめられ、瞳から次第に光が無くなっていく

ママ候補になるための椅子取りゲームを同じ境遇の人間とともに繰り広げる……

最後に希望を託すのがとても良かった。

 

塀の上の子は、恐らくイザベラ?

f:id:ryocuu:20190319070223j:plain
f:id:ryocuu:20190319070225j:plain
(出典:『約束のネバーランド』)

 

エマは骨折、ノーマンは明日出荷…また詰んだ。希望が絶望に代わるこれで何回目だ?

 

第9話『031145』

f:id:ryocuu:20190319075122j:plain

(出典:『約束のネバーランド』)

 

ノーマンの出荷を阻止するため、逃げたふりをしてハウスの敷地内に潜伏するよう提案するエマとレイ。

 

自分が逃げることでエマたちの脱獄が失敗してしまうと拒否するノーマンだったが、二人の必死の説得を受け入れる。


出荷当日である翌日、逃げるために塀へと向かったはずのノーマンだったが、計画に反して夕方にはハウスに戻ってきてしまった。

 

戻ってきたノーマンから明かされた真実に、エマとレイは驚愕する。

 

出荷の決まったノーマンをどうにか助けようと奮闘する4人。

 

かつてこれほど全方位絶望に囲まれたアニメがあっただろうか……

ノーマンの出荷。エマとレイを絶望に突き落とす。

 

一緒に生きる、どんな絶望も捩じ伏せる勢いなエマとレイの頼もしさに少し見い出せた希望が、崖のシーンで呆気なく握り潰された絶望に言葉が出ない……

 

「脱出」という淡い希望が尽く打ち崩された上、大好きなノーマンが去る。

 

f:id:ryocuu:20190319075947j:plain

(出典:『約束のネバーランド』)

 

第10話『130146』

f:id:ryocuu:20190319080004j:plain

(出典:『約束のネバーランド』)

 

ノーマンが塀の上から見た景色によって農園全体の構造が明らかになった。


しかし彼は、自分は逃げることはしないと出荷の覚悟を決めていた。

 

必死で引き止めるエマとレイだったが、ノーマンはトランクに糸電話だけを入れて旅立ってしまう。


ノーマンを失い絶望するエマとレイ。

遂に脱獄計画を諦めたかに見えたが……?

 

ノーマンとの別れの回。糸電話の回想を入れてきたのは原作ファンとしては大歓喜!

後半も所々に最終回への伏線があり、細かいとこまで拘っている

 

諦めないでと告げるノーマン、諦めなさいと告げるイザベラ。

「"ママは幸せ?"と聞かれたイザベラの表情」 この先の話ある程度分かる人がイザベラの表情を見るとマジで哀しくなると思う。

 

f:id:ryocuu:20190319081854j:plain

(出典:『約束のネバーランド』)

 

第11話『140146』

f:id:ryocuu:20190329231450j:plain

(出典:『約束のネバーランド』)

 

諦めたふりをしながら、脱獄の準備を進めていたエマとレイ。

 

レイは出荷前夜、用意していた道具で火事を起こし、その隙に逃げ出すことを提案するが、それはレイ自身を火の中に残すことまでも組み込んだ計画だった。


しかしすんでのところでそれを阻止したエマは、レイの行動を予期していたノーマンからの手紙のこと、そしてハウスの子供たちと進めてきた準備のことを明かすのだった。


イザベラを出し抜き、炎に包まれるハウスを背に塀に向かうエマたち。

脱獄は成功するのか―――!

 

人生全てを復習に捧げてたレイ、でもそれすらもエマの家族愛には敵わず、更には全て読んでたノーマン。こいつらかっこ良すぎw

 

やはりこの脱獄はノーマンなしではいられない。計画はもちろんエマの背中を押すシーンが印象深かった。あと炎が綺麗!ハウスが燃え上がるシーンは迫力があった

 

f:id:ryocuu:20190329231520j:plain

(出典:『約束のネバーランド』)

 

最後のフィルは…?次回はいよいよ最終話!

 

第12話『150146』

f:id:ryocuu:20190329232859j:plain

(出典:『約束のネバーランド』)

 

必ず迎えに来ると約束し、4歳以下の子供たちを残していくことを決意したエマ。

 

そして5歳以上の子供たちは訓練の成果を発揮し、ぞくぞくと崖を渡っていく。


一方イザベラは本部に通報し脱獄を阻止しようとするが、崖の向こうにいるエマたちを目にし、ついに追うことを諦める。

 

自分もかつてハウスで育った子供であったイザベラは、遠ざかっていく子供たちの背中を静かに見送るのだった―――。


脱獄が成功し崖を渡ったエマたちは対岸の森を駆ける。

 

自由を手にした喜びとこれから生きていくことへの決意を胸にしたエマが森を抜けると、そこには彼らを祝福するような朝陽が輝いていた。

 

イザベラの辛く悲しい過去…エマが経験していたこともイザベラは全て経験済みで、エマの気持ちを全部わかっていた上で対峙していたのかと思うと非常に切ない…

 

f:id:ryocuu:20190329233352j:plain

(出典:『約束のネバーランド』)

 

イザベラの回想から一気にBGMとともに盛り上がる終盤は、本当に圧巻で鳥肌立ちまくりでした、クローネといいイザベラといい敵でありながら悲しく非常に魅力的

 

ただ、ママの「ただ普通に愛せたらよかった」の台詞がなさったのが少し残念だけど、レスリーとイザベラの絡みと、レスリーのバイオリンの演奏を聴けたから満足です

 

f:id:ryocuu:20190329233031j:plain

(出典:『約束のネバーランド』)

 

やはりアニメならではの演出となると漫画とは違う感覚で見れる。

イザベラのラストのセリフは誰もが涙したかと。レイとイザベラの関係を知って尚、物語を見返しても面白いです!質の高い12話を本当にありがとうございました。

 

2020年の2期も期待大!!

 

最後まで非常に高いクオリティだった。原作がおもしろい上にアニメ化も巧み、そして2020年に2期と(遠い…)。この後の冒険も結構好きなので楽しみだ。

 

 

アニメ・約束のネバーランドの視聴率について

深夜アニメは間帯であることから、視聴率は0.1%に到達しないことも多い。

 

ビデオリサーチの調査している民放の視聴率は、そもそも関東圏の民放のみを対象にしか調査していおらず、地方の民放については全く調査していない

 

代わりにこんなものがあったので載せておきます

ランキング - しょぼいカレンダー 

 

f:id:ryocuu:20190319064530p:plain

 

 

『約束のネバーランド』を見逃したら?
「無料体験」があるので、とりあえずこれを見たい!
 
そういう場合はそれだけで済ませてしまうのも手です。
 
勿論気に入れば継続しても良いですし、気に入らなければ無料体験だけで終了すれば一切お金は取られません。
 
※公式サイトのリンクから直接申し込みできるのでご活用ください。
 

『Amazonプライム・ビデオ』

f:id:ryocuu:20180713021554p:plain

 

利用率で断トツの1位を獲得している『Amazonプライム』

 

プライム会員だと30分早く参加する事ができ、対象商品の送料が無料、日付指定ができる、映画見放題、音楽聴き放題など様々なサービスが突いて、プライム会員の年会費を月額換算すると、325円という驚きの安さで利用できる

 

更にAmazonの方もお急ぎ便が使えたり、年に数回の大セールで購入できるので、動画だけでなく様々な特典を利用できるので、コスパの面では最強といえます。

POINT
  • 年会費3900円
  • お急ぎ便・お届け日時指定便使い放題
  • Kindle本から好きなタイトルを毎月1冊無料
Amazonプライム・ビデオ30日間無料登録

Amazonプライムまずは無料体験から!

 

『FODプレミアム - フジテレビの動画配信サービス』

f:id:ryocuu:20190111052820j:plain

 

フジテレビの過去のドラマや番組の多くが、見放題となっている人気の動画配信サービス『FODプレミアム』

 

放送中のドラマ以外の過去のドラマも見放題 

オリジナルコンテンツ充実しているの最大の魅力

 

ゴールデンカムイのアニメを見る為『FOD』に登録しましたが、オマケの雑誌読み放題サービスで、普段は手に取る事すらしない下世話な週刊誌が読み放題なので合わせて楽しめる

POINT
  • 月額888円
  • フジテレビ系列作品と独占番組などが見放題
  • 雑誌が読み放題、漫画も読める
フジテレビの公式動画サイト【FODプレミアム】

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

 

U-NEXT

f:id:ryocuu:20190111052150j:plain

 

日本最大級の動画サービス『U-NEXT』

映画、ドラマ、アニメなど多彩なジャンルが最新作品から、名作まで充実のラインナップ!


スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめるビデオ配信サービスです。

 

U-NEXTには「見放題作品」と「レンタル作品」があります。

月額1,990円の基本料金内で楽しめるのは「見放題作品」のみ。

「レンタル作品」を視聴したい場合は、324~540円程度の別料金が必要です。

なので、無料で視聴したい場合の対象は「見放題作品」だけとなります。

POINT
  • 動画配信サービス界では数少ないアダルト作品見放題
  • 月額2000円

 

まとめ

以上、『約束のネバーランド』最新話までの見逃し動画の視聴方法と全話感想・視聴率まとめ…でした

 

友情、努力、勝利、友情、努力、勝利…読む人を選ぶだろうけど、ジャンプっぽくない感じをこのまま貫き通して完結までいってほしいです。