【2018年ドラフト会議】1位は高橋優貴!読売巨人軍の指名結果一覧と採点

f:id:ryocuu:20181025165224p:plain

 

このページでは2018年プロ野球【読売ジャイアンツ】の指名結果を、選手の簡単な情報と合わせてまとめています。

新しい情報が追加され次第更新していきます。

 

2018年ドラフト会議12球団指名選手まとめ

読売ジャイアンツ

 

選手名 学校 守備  

 高橋優貴

 八戸学院  投手  
 増田 陸  明秀学園日立  内野手  
 直江 大輔  松商学園  投手  
 横川 凱  大阪桐蔭  投手  
 松井 義弥  折尾愛真  内野手  
 戸郷 翔征  聖心ウルスラ学園  投手  
       

 

  • 【育成】
選手名 学校 守備  
 山下 航汰  健大高崎  外野手  
 平井 快青  岐阜第一  投手  
 沼田 翔平  旭川大学  投手  
 黒田 響生  敦賀気比  内野手  
       
     

 

1位高橋 優貴(八戸学院大)

f:id:ryocuu:20181025174822j:plain

 

1年からローテに入り大学通算奪三振率10.72を誇る、四死球率4.09とコントロールに不安はあるが、直球の最速は同世代左腕最速クラス

大学では多和田(西武)の持っていたリーグ通算最多奪三振記録を2個更新する301Kを記録

北東北大学野球リーグの最多奪三振記録保持者。

 

 

監督インタビュー▼

 

2位増田 陸(明秀学園日立)

f:id:ryocuu:20181025181559j:plain

エンタメウィーク

 

大阪福島シニアでは大阪桐蔭・中川卓也、早稲田実・野村大樹らとプレー。走攻守3拍子揃い、パンチ力も兼ね備える

ドラフト候補の多い高校生遊撃手の中でも、トップレベルの評価を受けていた選手。

 

3位直江 大輔(松商学園)

f:id:ryocuu:20181025182423j:plain

直江大輔プロフィール-スポーツナビ

 

昨夏の甲子園で142キロを記録して注目された。

3年時には直球が140キロ台中盤を記録するまでに成長。変化球のキレも良く、スライダー・チェンジアップが武器の本格派右腕。

2年秋より本格的にエースとなり北信越8強。U18日本代表の1次候補にも選ばれた。

 

4位横川 凱(大阪桐蔭)

f:id:ryocuu:20181014235001j:plain

横川凱プロフィール-スポーツナビ

 

ドラ1候補右腕の柿木の控えだったが、練習試合も含め、チーム最多の71イニングを投げ被安打40、奪三振78、与四死球30、防御率1.14と安定した投球を見せた190㌢の大型左腕

常時130㌔中盤、最速144㌔の直球にスライダー、カーブ、チェンジアップ、藤浪2世との呼び声も。将来の姿に夢が広がる超大型左腕。

スカウトが「今年はドラフト候補の左腕が少ない中で、潜在能力の高さが際立つ」と高評価する逸材

 

5位松井 義弥(折尾愛真)

f:id:ryocuu:20181025184444j:plain

 

「九州のゴジラ」の異名を持つ、高校通算40HRの強打者。

3年夏の北福岡大会では推定飛距離120メートルの場外弾を放った左のスラッガー。ポテンシャルの高さ、バランスの良さ、身体能力の高さが売り。将来楽しみな、未来の中軸候補

 

6位戸郷 翔征(聖心ウルスラ学園)

f:id:ryocuu:20181025190016p:plain

週刊ベースボールONLINE

 

宮崎県No.1クラスの右腕投手。アーム投げが特徴的。田島慎二(現:中日)を参考にフォーム作りしたそう。

制球は少し甘い時もあるが、サイドスローでありながら上から叩きつけるような腕の振りが特長。142キロの直球とシンカーのコンビネーションが武器。

 

原辰徳監督は納得のドラフト

1巡目で根尾昂、辰己涼介を外してしまったが、原辰徳監督はドラフト会議終了後、「スカウト陣の総意で欲しい選手をほとんど獲ることができた」と満足した様子。

 「即戦力ももちろんいるけど、将来性が楽しみな選手がいる。平均的なところよりも将来性。特長を持っている人をスカウトに聞いて、少々粗削りな選手もいるけど、可能性を持った選手を選んだ」と高校生の指名が多かった理由について明かした。

 「指名はシミュレーション通り。スカウト陣も非常に満足している。(ドラフトの満足度は)90点」と希望通りのドラフトができたようだった。

巨人・原監督、納得のドラフト「シミュレーション通り」 | ショウアップナイター

 

 2018年ドラフト会議巨人採点

ドラフトの結果を採点する野球雑誌関係者も大変だろうな・・・
1位の高橋を含めてどう転ぶかわからない、所謂ロマンドラフト、良くも悪くも現時点では採点不能 採点は70点

将来0点にも100点にもなる可能性がある

高橋で中継ぎ補強出来たのはよかったが、懸案の外野手は補強できず。来年も長野、陽、亀井におんぶに抱っこかと思うと頭がいたい。だが、増田と横川を取れたのは朗報。岡本位の時間をかけて育てて貰えれば。育成の山下も含めて将来に期待の持てるドラフトになった。