【2018年ドラフト会議】隠し玉候補を紹介!無名の逸材を発掘!

f:id:ryocuu:20181011030910j:plain

 

とうとう10/25に迫ったドラフト会議。10月11日時点で公開されている情報を元に『隠し玉候補』を紹介します。

 

『ドラフトの上位候補』ついての記事はここをチェック!

関連記事;『動画あり』2018年ドラフト会議の日程と注目の上位候補選手一覧【高校/大学/社会人】 - ryocuu

 

西島篤(長崎国際大)

f:id:ryocuu:20181013013936j:plain

選手名鑑 | 高校野球ドットコム

 

最速145km右腕、制球力に課題はあるが、将来性豊かな右の本格派。

2015年に創部された長崎国際大の1期生として、エースを務めてきた投手。がっしりとした体格から投げる。140キロ台後半のストレートは、終盤になっても衰えない馬力を有する。

長いリーチを生かし、真っ向から投げ下ろされるストレートの球筋からは高い将来性が垣間見える

 

山上 大輔(立命大)

f:id:ryocuu:20181013013900j:plain

山上大輔プロフィール-スポーツナビ

 

MAX149km/hを誇る立命館のエース、182cm88kgと恵まれた体格から重い直球とスプリットを武器に打者を翻弄する。どっしりとしたその体躯に将来の期待大。

3年春から3期で13勝2敗。4年春は最優秀投手。奪三振率7.23、四死球率2.25。

 

荘司宏太(駿台甲府)

f:id:ryocuu:20181013014349j:plain

 高校野球ドットコム

 

170cmと小柄ながら今夏145kmをマークした左腕

140キロのストレートとスライダーが武器。強気に攻める力投派。

巨人の木佐貫スカウト▼

「140キロ台を安定して出していたし、状態もいい。リストの中の一人」と指名候補に入っていることを明らかにした。

 

吉岡 桃汰(東大和南)

f:id:ryocuu:20181013015148j:plain

高校野球ドットコム 【東京版】

 

春の東京大会で1試合22三振を奪った注目投手。

最速140kmのストレートと、スライダーとのコンビネーションで、3年春の都大会では1試合で22奪三振を記録。時間はかかると思いますが、育て上げれば左のエースになれる素材

大会前に腰に違和感。順調に回復し、リリーフで登板予定だったが、試合前のウオーミングアップで遠投中に再発。投げることなく夏が終わっていた。 

 

古谷勇斗(獨協大学)

f:id:ryocuu:20181013015112j:plain

高校野球ドットコム

 

180cm83kgの捕手で、藤代高校では夏の甲子園に出場し、ランニング3ランホームランを記録。 

二塁送球の最速は1・85秒の鉄砲肩、首都大学2部では今年春のリーグ戦で打率.368を記録、4度目となるベストナインを獲得

 

アドゥワ 大(東農大北海道オホーツク)

f:id:ryocuu:20181013015015j:plain

日刊スポーツ

 

アドゥワ大(まさる)投手は、広島で今季中継ぎとして活躍したアドゥワ誠投手の兄。弟同様、身長196cmから投げ下ろすストレートが武器、球速は130キロ台 

 

益子 京右(青藍泰斗)

f:id:ryocuu:20181010015154p:plain

益子京右 週刊野球太郎 

 

二塁まで最速1・72秒の送球に注目が集まる強肩捕手。

1年秋からチームの正捕手を務める強肩強打のキャッチャー。二塁到達2.0秒前後の安定した強肩が持ち味、これは甲斐拓也選手の2塁への送球タイム1.71秒に匹敵する強肩

4番打者としても高校通算23本塁打。高校生捕手としては全国屈指の素材であり、強豪大学からのオファーを断りプロ入りを待つ。

 

関連記事

『ドラフトの上位候補』ついての記事はここをチェック!

関連記事;【2018年ドラフト会議】捕手の注目選手を紹介!目玉選手は?【高校/大学/社会人】

 

『2018年【読売巨人のドラフト指名予想】』ついての記事はここをチェック!

関連記事;2018年【読売巨人のドラフト指名予想】ドラフトで取るべき補強選手のタイプは? - ryocuu