『動画あり』2018年ドラフト会議の日程と注目の目玉選手を一挙紹介!【高校/大学/社会人】

f:id:ryocuu:20181008230245p:plain

 

今年のドラフトは目玉が少ない。根尾や藤原に人気が集中するだろう。相変わらず大学・社会人のピッチャー中心の指名になりそうだ。今年も野手には冷たいドラフトになると予想している。

 

※このページでは主なドラフト上位候補を紹介していきます。

 

 

日程/放送スケジュール

  • 公式タイトル プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD
  • 開催日時 2018年10月25日(木) 17:00開始予定
  • 中継 テレビ=TBS系列全国ネット放送、スカイA
  • ラジオ=ニッポン放送
  • インターネット=Paravi、Baseball Gate、Sports Bull

 

高校生ドラフト上位候補

選手名 高校 守備  
吉田輝星 金足農 投手  
渡邉 勇太朗 浦和学院 投手  
引地 秀一郎 倉敷商 投手  
藤原恭大 大阪桐蔭 外野手  
太田 椋 天理 内野手  
根尾昂 大阪桐蔭 内野手  
小園 海斗 報徳学園 内野手  

 

ドラフト候補通算本塁打
  • 山下 航汰 通算54本塁打
  • 野村 大樹 通算50本塁打
  • 森下 翔太 通算46本塁打
  • 松田 憲之朗 通算37本塁打
  • 濱田 太貴 通算36本塁打
  • 万波 中正 通算33本塁打
  • 林 晃汰 通算33本塁打
  • 石橋 康太 通算32本塁打
  • 小園 海斗 通算28本塁打

 

根尾昂(大阪桐蔭)

f:id:ryocuu:20181008222554j:plain

出典

 

投手としては最速148キロを誇り、内外野も高いレベルでこなす。投手と野手の両方でドラフト1位候補に挙がる逸材、将来の球団の顔となる存在として、各九段が熱視線を送っている。

 

【読売巨人のドラフト指名予想】ついての記事はここをチェック!

関連記事;2018年【読売巨人のドラフト指名予想】ドラフトで取るべき補強選手のタイプは? - ryocuu

 

小園 海斗(報徳学園) 

f:id:ryocuu:20181008223239j:plain

小園海斗プロフィール-スポーツナビ

 

野球センス抜群の高校No.1ショート

50m5.8秒の俊足を生かした走塁と、遠投110mの強肩を繰り出す遊撃守備。打撃でも抜群のセンスを誇り、運動神経と野球センスに優れた野球エリート、打率は各大会で常に3割後半を記録。

9月のU18アジア選手権大会で精彩を欠き、評価が下降。根尾に方針転換する球団が複数出てきそうな予感

 

太田 椋(天理)

f:id:ryocuu:20181008224142j:plain

太田椋プロフィール-スポーツナビ

 

将来性あふれる強打の遊撃手

名門・天理高では1年夏から遊撃手を担い、2年秋からは主将も担う大黒柱。昨夏は2年生にして甲子園4強進出に導く。

元近鉄の太田暁打撃投手を父に持ち、俊足、強肩、高校30本塁打の長打力、坂本の後継者という視点であれば、高卒・大卒・社会人全部含めて、可能性のある選手は太田椋(天理)ただ一人だと思います。

 

横川 凱(大阪桐蔭)

f:id:ryocuu:20181014235001j:plain

横川凱プロフィール-スポーツナビ

 

ドラ1候補右腕の柿木の控えだったが、練習試合も含め、チーム最多の71イニングを投げ被安打40、奪三振78、与四死球30、防御率1.14と安定した投球を見せた190㌢の大型左腕

常時130㌔中盤、最速144㌔の直球にスライダー、カーブ、チェンジアップ、藤浪2世との呼び声も。将来の姿に夢が広がる超大型左腕。

スカウトが「今年はドラフト候補の左腕が少ない中で、潜在能力の高さが際立つ」と高評価する逸材

 

『左腕の有力校』ついての記事はここをチェック!

関連記事;【2018年ドラフト】気になる貴重な即戦力左腕、上位補を中心に紹介!

 

藤原恭大(大阪桐蔭)

f:id:ryocuu:20181008230530j:plain

集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト

 

走攻守三拍子揃った大型外野手

積極的なバッティングにはパンチ力があり、出塁すると50m5.7秒の脚があり、守備範囲の広さに定評がある。今夏の甲子園 打率.462 3HR 11打点

 

野球部顧問によると、体験入部に来た藤原に、1日で部活を辞めるように頼んだというのだ。

藤原は中学時代にすでに時速140キロの速球を投げていたほどだった。そのため、顧問は「(一緒に練習したら)何人かケガ人が出る」と考えたのだ。

「すごすぎて、辞めてもらうというか、枚方ボーイズ1本でいけと話した」という。

 

大阪桐蔭・藤原恭大の仰天伝説 野球部入部を拒否された経験も - ライブドアニュース

 

益子 京右(青藍泰斗)

f:id:ryocuu:20181010015154p:plain

益子京右 週刊野球太郎 

 

二塁まで最速1・72秒の送球に注目が集まる強肩捕手。

1年秋からチームの正捕手を務める強肩強打のキャッチャー。二塁到達2.0秒前後の安定した強肩が持ち味、これは甲斐拓也選手の2塁への送球タイム1.71秒に匹敵する強肩

4番打者としても高校通算23本塁打。高校生捕手としては全国屈指の素材であり、強豪大学からのオファーを断りプロ入りを待つ。

 

『捕手の候補』ついての記事はここをチェック!

関連記事;【2018年ドラフト会議】捕手の注目選手を紹介!目玉選手は?【高校/大学/社会人】

 

石橋 康太(関東一)

f:id:ryocuu:20181011030333j:plain

 

 強肩強打の高校No.1捕手。高校通算57本塁打。遠投115m。打撃・肩・守備いずれも高い評価を受けており、50m6.3秒、一塁到達4.5秒、二塁送球タイム1.9秒台と俊足、上位指名が予想される

今年の捕手ではNo.1の素質をもち、昨年のドラ1の中村奨成にひけを取らないポテンシャルと評価される程の素材

 

柿木 蓮(大阪桐蔭)

f:id:ryocuu:20181011233721j:plain

選手名鑑 | 高校野球ドットコム

 

佐賀の豪腕と呼ばれ中学時代から既に140キロ超えをマーク

甲子園春夏連覇の立役者の一人。ガッチリした体格を活かした馬力のある最速151kmの直球に、縦横のスライダーなどを投げる

鍛え上げられた下半身、投手としての完成度は超高校級。制球力、変化球も質が高く、同世代No,1投手の呼び声も

 

羽田野 温生(汎愛)

f:id:ryocuu:20181011233708j:plain

週刊ベースボールONLINE

 

188cm84kgと恵まれた体格から投げる最速147km右腕

1年秋に大阪桐蔭相手に見せたピッチングで、一躍注目を集めた投手

下半身の粘りや変化球のコントロールには課題が残るものの、スケールの大きさは全国でもトップクラス「プロ入り後の大化けが期待出来る高校生」

公立である汎愛から初のプロ入りも期待されている

 

野村 大樹(早稲田実)

f:id:ryocuu:20181011233654j:plain

選手名鑑 | 高校野球ドットコム

 

1年生のころから早稲田実業で4番を任されている高校通算68HR、逆方向にもHRを量産できる世代屈指のスラッガー、進学が有力視されていたがプロ志望届を提出!

早大に進学の可能性が高いと考えられてきたので驚き。身長が低いので、NPBで活躍できるかは未知数と評価される可能性が高い。守備位置も捕手や内野など色々やって、どれもイマイチだった。

本職は三塁だが捕手や一塁も守った事がある。

 

大学生ドラフト上位候補

選手名 大学 守備  
上茶谷大河 東洋大 投手  
甲斐野央 東洋大 投手  
梅津晃大  東洋大 投手  
松本 航 日本体育大 投手  
東妻 勇輔 日本体育大 投手  
鈴木 翔天 富士大学 投手  
辰己 涼介 立命大 外野手  

 

上茶谷大河(東洋大) 

f:id:ryocuu:20181008235821j:plain

出典

 

最速152kmの球を投げるスリークォーター右腕
直球以外にスライダー、カットボール、スプリットなどを投げ、球持ちの良さが武器。
今春の東都リーグで1試合20奪三振のリーグ新記録を樹立。今春のリーグ戦MVPと最優秀投手に選ばれている

 

甲斐野央(東洋大)

f:id:ryocuu:20181009001123j:plain

甲斐野央プロフィール-スポーツナビ

 

長身から投げ下ろす、Max159㌔のストレート(メジャー球団のスピードガンで159km/h←たぶんガバガバ)とフォークが武器の長身右腕。

3年秋にしてリーグ戦初勝利を挙げた苦労人。打っては中軸も務め、東洋大では、3年秋に5勝をあげる活躍をみせ、リーグ制覇に貢献MVPを獲得。4年春には抑えを務め、大学日本代表にも選出された

 

梅津晃大(東洋大)

f:id:ryocuu:20181009002930p:plain

梅津晃大(東洋大 4年)

 

上茶谷、甲斐野と並ぶ東洋大の好投手

190センチの長身から投げ下ろすストレートと、キレのある変化球を投げ分けて、  大学で球速が大幅アップした大型右腕

東洋大学時代は体重を増やすことに重点を起き、92kgまで増加。

3年秋のリーグ戦では4試合に登板、全戦で150㌔以上をマークした、最速は153㌔

ポテンシャルは今年のドラフト候補ナンバーワンか!

 

辰己 涼介(立命大)

f:id:ryocuu:20181009001901j:plain

辰己涼介プロフィール-スポーツナビ

 

ドラフト1位候補の大学ナンバーワン外野手。

大学通算104安打の打力と一塁到達4.0秒台の脚力 遠投120mの肩も武器、走攻守すべてトップレベルで、特に足と肩は即戦力。代表では5番

▼ヤクルト・橿淵スカウトグループデスク

「肩と足はトップレベルと見ていて、きょうのようにいい所でタイムリー、それもレフトオーバーが打てるパンチ力もついてきた。攻守走で糸井(阪神)タイプに成長する素材」

 

太田 光(大阪商業大)

f:id:ryocuu:20181011014655j:plain

太田光プロフィール-スポーツナビ

 

強肩強打が光る即戦力捕手筆頭候補。スローイング・キャッチングに定評がり、二塁送球1.9秒台を誇る

「おおたひかり」ではなく「おおたひかる」です

 1年春から正捕手として守備でチームに貢献。3年からは打力もアップして3期連続ベストナイン。4年春には打率.522で首位打者も獲得。

阪神の畑山俊二チーフアマスカウトは「右方向へ強い当たりを飛ばせる。体に巻きついて内からバットが出る証拠」と評価

 

頓宮 裕真(亜大)

f:id:ryocuu:20181011015137j:plain

頓宮裕真プロフィール-スポーツナビ

 

182cm98kgと体格の良い強肩強打の捕手、捕手の一本化希望する球団は1位でも良い素材。 

岡山理大付では1年秋から4番捕手を務め、高校通算24発。亜細亜大では主将も務める。この春はリーグ戦で5本塁打を放ちベストナインを受賞。肩力とパワーは一級品、打てる捕手の第一候補。

 

小島和哉(早稲田大学)

f:id:ryocuu:20181014234312j:plain

小島和哉プロフィール-スポーツナビ

 

球速は平均140前後。今春のリーグ戦では8試合63イニングを投げて、リーグ3位となる防御率2.29をマーク

130km中盤でも伸び上がるような球筋。制球にも定評があり、スライダー、カット、チェンジアップを内角にも投げ分ける。

浦和学院で1年夏から甲子園出場、2年春のセンバツで全国制覇。早稲田大でも1年春から投げ続け、4年春までに18勝。2年秋に最優秀防御率。

中学校、高校、大学で全国優勝の経験ありと実績も十分。

 

 

森田 駿哉(法大)

f:id:ryocuu:20181014234937j:plain

週刊ベースボールONLINE

 

世代最高左腕と評価された素材。U-18日本代表のエース。高校時代プロ志望なら上位確実の有望株。

大学1年春に開幕投手を務めるも夏に肘の怪我で離脱。手術を経て、4年春に復帰を果たした。最速148キロの本格派。

長身ながら癖のない綺麗なフォームの持ち主で、将来性も高く評価されている。

 

 

白銀 滉大(駒大)

f:id:ryocuu:20181010010431j:plain

白銀滉大(駒大) - 週刊ベースボールONLINE

 

最速149kmの直球を投げるサイド右腕。主に救援投手として活躍

日体大柏では3年夏にエースとして千葉4強。駒澤大では3年秋にリリーフエースとして防御率1.21の活躍で1部復帰に貢献。

 

白銀滉大(駒大・投手) 野球人生の転機となった「サイド転向」 - 野球:週刊ベースボールONLINE

ドラフト候補には、子どものころから才能を発揮し順調に階段を上ってきたタイプもいれば、何かをきっかけに変貌を遂げ、台頭してきた努力型もいる。白銀はまさに後者に当たる。

 

不作年の社会人上位候補

社会人投手でトップ評価を受けていた吉川峻平(パナソニック・RHP)がダイアモンドバックスとマイナー契約し、

スカウトたちの話を総合すると、ドラフトで上位指名される可能性があるのは斎藤友貴哉(23)生田目翼(23)、野手は東京ガスの笹川晃平外野手(24)くらいだという。

高校・大学生に完敗か 今年の社会人「ドラ1候補ゼロ」の声|野球|日刊ゲンダイDIGITAL

今年のドラフトは「不作年」にカテゴライズされそうだ。

 

選手名 企業 守備  
齋藤 友貴哉 Honda 投手  
近本光司 大阪ガス 外野手  
堀 誠 NTT東日本 投手  
高橋 史典 SUBARU 投手  
勝野 昌慶 三菱重工名古屋 投手  

 

堀 誠(NTT東日本)

f:id:ryocuu:20181008214022j:plain

https://www.ntt-east.co.jp

 

Max145㌔のノビのあるストレートとコントロールが武器、昨年、都市対抗野球で若獅子賞を獲得した投手。

NTT東日本では1年目に都市対抗V(2試合に先発)を経験。社会人日本代表に選出され、2年目の今季はドラフトでの指名が濃厚。

1つの球種に頼るのではなく、持ち球全てコントロールできる制球力を持っている。ストレート、スライダー、カーブ、シンカーのコンビネーション、全体的なバランスが武器。

 

近本 光司(大阪ガス)

f:id:ryocuu:20181008215002p:plain

https://yakyutaro.jp

 

小柄な左打者の中堅手で、1塁到達タイム4秒を優に切る脚力が自慢の外野手、パワーツールがやや足りない印象。

一塁到達タイム3.9秒前後の脚力、今夏の都市対抗では21打数11安打4盗塁を記録し、中心選手としてチームを優勝に導き橋戸賞を受賞

 

 

齋藤 友貴哉(Honda)

f:id:ryocuu:20181008215711j:plain

http://sp.baseball

 

先発馬力型で今のベイには数少ない投手。最速153キロの真っ直ぐとスライダーやカーブを操る本格派右腕。

150kmの球を放るのは魅力的だが、良い球と悪い球がかなりハッキリしており、変化球を含む制球も全体的に高め。
ドラフト指名は有るかも知れないが、1位で即先発ローテ10勝という投手には見えない。

 

 

生田目 翼(日本通運)

f:id:ryocuu:20181009185723j:plain

 

公務員になりたい」の発言で注目を集めた生田目翼投手

152kmのストレートとキレのあるスライダーが武器の、力投派の本格派右腕。制球には不安を残す。投げっぷりがいい。

大学時代はジャスティスのライバルとしてドラフト上位候補に。社会人1年目はリリーフ、2年目は先発で活躍、2016年は順位縛りがあり指名漏れですが今回はどうなるのか注目

 

坂本 光士郎(新日鉄住金広畑)

f:id:ryocuu:20181014234207p:plain

ドラフト候補選手名鑑

 

最速148キロ、キレ味鋭いストレートを放つスリークォーター左腕。都市対抗、日本選手権を経験し日本代表候補にも選出。

コントロールに課題は残るが、大舞台め数多く経験してきた選手なので、貴重な先発左腕として期待できる。

投球フォームが阪神の能見篤史投手を彷彿とさせることから、一部で「ポスト能見」や「能見2世」などと呼ばれている

 

平尾 奎太(Honda鈴鹿)

f:id:ryocuu:20181014234346j:plain

平尾奎太プロフィール-スポーツナビ

 

188cmの長身から角度あるMax145㌔のストレートと、右打者から逃げていくチェンジアップが武器の長身左腕。

大阪桐蔭では登板はなかったものの3年春夏甲子園連覇、藤浪晋太郎、澤田圭佑とチームメイト、高校時代にIgA腎症という難病を患いながらもそれを乗り越え、ドラフト候補と言われるまでになった投手。

 

柘植 世那(Honda鈴鹿)

f:id:ryocuu:20181009190920j:plain

柘植世那プロフィール-スポーツナビ

 

高校時代から活躍し、健大高崎で甲子園も経験。高校通算32HRの長打力に加え、二塁送球1.84秒、遠投115mの強肩捕手

3番捕手として3年春秋も甲子園出場。ドラフト指名漏れから入社したHonda鈴鹿では2年目に正捕手の座を獲得
スローイングが速く、正確な捕手。リード、キャッチングも安定感がある。打撃は率を残せるタイプではない。

今年は捕手の候補が少ないだけに、ドラフトに向けて注目度が高まりそう

 

杉山 一樹(三菱重工広島)

f:id:ryocuu:20181009191726j:plain

日刊スポーツ静岡版

 

194cmの長身から投げ下ろす常時140㌔後半、最速153㌔の直球が魅力の大型右腕、駿河総合高校時代から注目されていた未完の大器

今年の都市対抗野球、7回途中から登板すると150キロ台の剛球を連発する衝撃デビュー。社会人では1.2位を争うストレートを持つ投手であり、制球も破綻はしてないので伸びしろも十分ある。

スケール感は1位候補の梅津 晃大(東洋大)と同等かそれ以上

ハズレ1位あたりで突然名前が上がってきても不思議ではない投手

 

勝野 昌慶(三菱重工名古屋)

f:id:ryocuu:20181009204330j:plain

中日ファンは要注目!! 社会人の速球王・勝野昌慶(横尾弘)

 

社会人日本代表。高校時代は高橋純平のライバル。ルーキーながら都市対抗に2試合先発。最速151キロ、コマンドや変化球の評価も高く、上位候補に挙げるスカウトも

巨人の青木高広スカウトは「終盤まで力強い真っすぐを投げられる」と評価した。

 社会人1年目から日本代表(U23)入り。150kmの直球を武器に内角を突く強気の投球は魅力。

 

独立リーグ

『独立リーグの候補選手は誰がいる?』って人はここをチェック!

関連記事;【2018年ドラフト会議】独立リーグの注目選手5選!

 

安河内 駿介(武蔵ヒートベアーズ)

f:id:ryocuu:20181012042456j:plain

週刊ベースボールONLINE

 

最速151キロを誇る説明不要のBCLNo.1投手

NPB12球団のスカウトから最も注目を集めている。

最速151キロの直球とキレのある変化球を武器に、リリーフで38イニングを投げ、42奪三振を誇る武蔵の絶対的リリーフエース

「都市対抗を目指そう」と誘いを受けた新興社会人チームは部員が5人しかおらず、練習できる業務形態でもなかったため、日本野球連盟に登録される前に退社した過去を持つ。

 

 

鎌田光津希(独立/徳島インディゴソックス)

f:id:ryocuu:20181010010612j:plain

徳島インディゴソックス | 高校野球ドットコム

 

ソフトバンクとの交流戦では最速151キロを計測した本格派右腕で、140キロを超えるフォークも武器。

NPB入りした伊藤翔投手(西武)は幼なじみで横芝敬愛の3年後輩。

 

 

長谷川 凌汰(新潟アルビレックスBC)

f:id:ryocuu:20181012002939j:plain

長谷川 凌汰 - BCリーグ

 

188センチ92キロ、188センチの長身から快速球を投げ込むMAX153kmの大型右腕

 

 

【ドラフト隠し球候補】』ついての記事はここをチェック!

関連記事;【2018年ドラフト会議】隠し玉候補を紹介!無名の逸材を発掘!

 

昨年2017年の12球団指名選手一覧

大注目の清宮は7球団が競合の末、日本ハムが交渉権を獲得

専門家やファンの評価が圧倒的に低かったのは巨人。キャッチャーを二人も上位で指名する等、戦略が見えないという辛口コメントもあったが、大城卓三や田中俊太など実戦経験を多く積んでいる。

 

読売ジャイアンツ

1位鍬原拓也(投)
2位 岸田行倫(捕)
3位 大城卓三(捕)
4位 北村拓己(内)
5位 田中俊太(内)
6位 若林晃弘(内)
7位 村上海斗(外)
8位 湯浅大(内)

 

広島東洋カープ

1位 中村奨成(捕)
2位 山口翔(投)
3位 ケムナブラッド誠(投)
4位 永井敦士(外)
5位 遠藤淳志(投)
6位 平岡敬人(投)

 

東京ヤクルトスワローズ

1位村上宗隆(捕)
2位 大下佑馬(投)
3位 蔵本治孝(投)
4位 塩見泰隆(外)
5位 金久保優斗(投)
6位 宮本丈(内)
7位 松本直樹(捕)
8位 沼田拓巳(投)

 

中日ドラゴンズ

1位 鈴木博志(投)
2位 石川翔(投)
3位 高松渡(内)
4位 清水達也(投)
5位 伊藤康祐(外)
6位 山本拓実(投)

 

阪神タイガース

1位馬場皐輔(投)
2位 高橋遥人(投)
3位 熊谷敬宥(内)
4位 島田海吏(外)
5位 谷川昌希(投)
6位 牧丈一郎(投)

 

横浜DeNAベイスターズ

1位 東克樹(投)
2位 神里和毅(外)
3位 阪口皓亮(投)
4位 齋藤俊介(投)
5位 櫻井周斗(投)
6位 寺田光輝(投)
7位 宮本秀明(内)
8位 楠本泰史(内)
9位 山本祐大(捕)

 

福岡ソフトバンクホークス

1位吉住晴斗(投)
2位 高橋礼(投)
3位 増田珠(外)
4位 椎野新(投)
5位 田浦文丸(投)

 

埼玉西武ライオンズ

1位齊藤大将(投)
2位 西川愛也(外)
3位 伊藤翔(投)
4位 平良海馬(投)
5位 與座海人(投)
6位 綱島龍生(内

 

千葉ロッテマリーンズ

1位安田尚憲(内)
2位 藤岡裕大(内)
3位 山本大貴(投)
4位 菅野剛士(外)
5位 渡辺啓太(投)
6位 永野将司(投)

 

オリックス・バファローズ

1位 田嶋大樹(投)
2位 鈴木康平(投)
3位 福田周平(内)
4位 本田仁海(投)
5位 西村凌(捕)
6位 西浦颯大(外)
7位 廣澤伸哉(内)
8位 山足達也(内)

 

北海道日本ハムファイターズ

1位 清宮幸太郎(内)
2位 西村天裕(投)
3位 田中瑛斗(投)
4位 難波侑平(内)
5位 北浦竜次(投)
6位 鈴木遼太郎(投)
7位 宮台康平(投)

 

東北楽天ゴールデンイーグルス

1位近藤弘樹(投)
2位 岩見雅紀(外)
3位 山崎剛(内)
4位 渡邊佑樹(投)
5位 田中耀飛(外)
6位 西巻賢二(内)
7位 寺岡寛治(投)

 

 

 

 

『野球漫画は何がある?』って人はここをチェック!

関連記事;絶対面白い!おすすめ野球漫画ランキングベスト22!最近の作品~名作まで『2018年』