おすすめの大人向けドロドロ系恋愛漫画!『思春期』が題材の『欝』作品と合わせて紹介

f:id:ryocuu:20180729043557j:plain

 

今回は様々な『ドロドロ恋愛系、思春期』が題材の漫画を選んでみました。

おすすめの作品ばかりです。 まだ未読の作品があればチェックしてみて下さい。僕の感想と一緒に楽しんでもらえれば幸いです。

 

『渡くんの××が崩壊寸前』 

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/514LkNoim4L._SY300_.jpg

 

ヤンデレ臭がする幼馴染みと、妹思いの主人公が再会して始まるストーリー。三角関係を中心とした日常崩壊ラブコメ

主人公が振り回される系のラブコメと思いきや、登場人物ほとんどメンヘラで”どのメンヘラを選んだら一番マシなルートで生き残れるか”っていう地獄でババ抜きしてるような漫画

ヒロイン全員が闇抱えてて、底が見えないので読んでて緊張感がイイ感じ、色々な意味で次巻が楽しみになる作品。

 

f:id:ryocuu:20180904083733j:plain

(出典:『渡くんの××が崩壊寸前』)

POINT
  • 既刊5巻(2018年1月現在)
  • ヒロインは皆どこかサイコ…ヤンに近い雰囲気

 

『ひとつばな』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51i89SQlkaL.jpg

 

初恋に絶望して闇堕ちしていく男とクソ女のラブコメ

地味な主人公が浮気されていたことを知り、数年後高校生になってイケメンになった主人公が先輩に復讐していくドロドロな恋愛漫画、即ち「彼女に告白させてから振る」というものだ。

物語が進むに釣れ、主人公が壊れていくが、ヒロインが更に上回るようなゲスさで、泥沼化する。

キャラも個性的で魅力的だし切なさもあり、続き気になる作品

 

https://pbs.twimg.com/media/DOPhrJpUEAE91E7.jpg

(出典:『ひとつばな』)

POINT
  • 既刊6巻(2018年7月現在)
  • ドロドロとした人間模様、主人公の闇落ち感が面白い

 

『凪のお暇!』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51bk5PNW6aL._SY300_.jpg

 

他人に空気合わせてばかりのアラサー女子が、会社の人間関係に疲れて、会社を辞めて28歳で何もかもをリセットしようとするお話。

周りに合わせて空気読まないといけない息苦しさ「大騒ぎするほどではないが積もり積もってダメージになる日常の苦しみ」とそこからの脱却が丁寧に描かれている。

節約生活の話や、人間関係の話も、リアルなえぐさをふわふわな画風が、緩和してくれている。生きる息苦しさのリアル感と、ゼロから始める痛快さ。人生リセット奮闘ラブコメ作品

 

f:id:ryocuu:20180710220701j:plain

(出典:『凪のお暇!』)

POINT
  • 既刊4巻(2018年3月現在)
  • 生々しい心理描写が魅力的。人間の怖さにもいろんな形がある

 

『最終兵器彼女』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51ycmzvLyKL.jpg

 

札幌が舞台の漫画、主人公は高校生のカップル

日常の中に突然ミサイル飛んできて、普通の高校生が急速に戦争に巻き込まれていく…

戦争勃発中の世界で、兵器化され、戦場に駆り出される女の子と、その彼氏の宇宙一切ないラブストーリー

タイトルのインパクト、ギャグ漫画かなと思って手にとって見たときのシリアスな表紙絵とのギャップが凄い

第一話のほのぼのラブコメ展開からの札幌空襲彼女兵器化の絶望感1巻終盤でのすれ違いによる大絶望感、是非読んでみてください。

 

f:id:ryocuu:20180903033919j:plain

(出典:『最終兵器彼女』)

POINT
  • 全7巻+外伝1巻
  • 少しだけ見えた希望や理想が粉々になる
  • 激激激激激激鬱漫画

 

デビルズライン

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51vkbEG1d5L._SY300_.jpg

 

鬼と呼ばれる吸血鬼の主人公と、無垢な女子大生(人間)の恋愛物語

物語としては吸血鬼が人の世界に住むことの辛さや難しさなど真摯な内容の中に、純粋で無防備な人間の女の子と血を見たり性的に興奮すると吸血衝動にかられてしまい、好きな相手すらも殺してしまう吸血鬼の男の恋物語が綺麗に入る構成。

吸血欲はいちど発動すると、欲を満たすか、鎮静剤を打たないと収まらないので、主人公は、女子大生に危害を加えないよう細心の注意を払っている

 

f:id:ryocuu:20180612013253j:plain

(出典:『デビルズライン』)

POINT
  • 既刊12巻(2018年8月現在)
  • 人と人ならざる者の恋愛模様と既視感ある作品 
  • 恋愛要素がゴリゴリに強い 

 

『おやすみプンプン』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/31XLnp26akL._SY300_.jpg

 

欝展開で救いのないドン底の人生、思春期から大人になる過程で、必ず決別すべき”幼い自意識”と最後まで付き合う不器用な弱い一般人の物語。

唯一無二の個性的な作品で、 周りの人物や背景はリアルタッチの細かい描写なのに、主人公やその身内だけ落書きのような「ひよこ」の姿で描写されているのが特徴的

この作者は、ずっと引きずってしまう昔の些細なモヤモヤした気持ちとか、大人になっても案外みんな悩んでる所とか、とにかく他人には見せたくないような汚い部分を描くのが上手い。

 

f:id:ryocuu:20180709001514j:plain

(出典:『おやすみプンプン』)

POINT
  • 全13巻
  • 主人公プンプンの人生をたどる物語。
  • 鬱いけどなんか不思議な魅力ある漫画

 

『幸せのひこうき雲』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/2122EVV08RL.jpg

 

先生への憧れが、歪な形に歪んでいく物語。

小学校の美人女教師が、まだ精通してない内気な男子生徒に、イケナいことする漫画、少年の性の目覚めと生への目覚め、女性の性の表れと生の表れが全て並列されて伸びていく様は正に飛行機雲。

最後のページまで読み切れば何とも言えない読後感が味わえる。

 

f:id:ryocuu:20180709011035p:plain

(出典:『幸せのひこうき雲』)

POINT
  • 1巻完結
  • 生徒と教師の調教漫画。子供は読んではいけない

 

『脳内ポイズンベリー』 

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51EAZynjwmL._SY300_.jpg

 

アラサー女性が、二人の男性に揺れる中、彼女の脳内に住む5つの思考たちが脳内会議をしながら彼女の心情を描いていくコメディ

主人公は、かつて結婚退職した直後に浮気相手(妊娠中)に婚約者を取られたトラウマがある。年の差、理想と現実の違い、結婚と妊娠の可能性。女性のリアルな葛藤について脳内会議員たちが奮闘する物語

ポジ・ネガ・恋心、三十路女性の恋愛なのでシビアに描かれており、少女漫画のテンプレがいらないって人には合いそう。

 

f:id:ryocuu:20180903051155j:plain

(出典:『脳内ポイズンベリー』)

POINT
  • 全5巻
  • 過去のトラウマから、恋愛に臆病になっている三十路女性の話
  • 恋愛苦手なアラサー女子の脳内会議

 

『クズの本懐』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51vgg7lVUFL._SY300_.jpg

 

本当に好きな相手と結ばれないイケメンと美少女が、似た境遇であることを知ってお互いを好きにならない契約の元、付き合ってお互いの恋の成就を目指していく物語

ありがちな純愛ではなく、虚しさを慰め合う仮面カップル、素直になれないクズ、自分の承認欲求を不純性行為に向けるビッチ、主要登場人物ほぼクズの作品

ドロドロとして歪な恋愛模様が描かれており、物語が進んでいくにつれ濃度が上がっていく

 

f:id:ryocuu:20180903063144j:plain

(出典:『クズの本懐』)

POINT
  • 全9巻
  • 欲望の罪深さを思い知らされる作品

 

『惡の華』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51X2tngBQpL._SY300_.jpg

 

思春期特有の精神的彷徨と自我の行方を描いた青春漫画、今を生きる少年少女のトラウマ漫画にしたるで~という作品

思春期トラウマのこじらせる展開や、心理の描写がもの凄くリアルに画かれていて、思春期の葛藤ばかり自暴自棄になって暴走する、気持ちよく道を進めなかった者にとってはまるで呪いのような作品。

 

f:id:ryocuu:20180709002014j:plain

(出典:『惡の華』)

POINT
  • 全11巻
  • 思春期に感じた閉塞感や懊悩が詰め込まれている
  • 絶賛思春期中の人、かつて思春期を経験した人にオススメ

 

『きみが心に棲みついた』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61PyO2BVd3L._SY300_.jpg

 

心をえぐられるような『依存』をテーマとした物語

ヒロインの子がかなり深刻な状況にある…。依存症は病的な域に達している上に、デートDVを駆使する純然たる犯罪者の男に付き纏われている、という状況で中々辛い。

主人公のキョドコが依存を脱出して幸せをつかむための物語…と思って読むと、その道があまりに険しくて、苛立ちが半端ない。

なんでそっちにいくんだ!って、相手の男以上に主人公に苛つく。DV男の距離感がリアルすぎて怖い作品。

 

f:id:ryocuu:20180904052454j:plain

(出典:『きみが心に棲みついた』)

POINT
  • 全3巻
  • DV系(モラハラ)の男に依存する女の人の話
  • かなり強烈な闇があって、後味もかなりあれ

 

『群青にサイレン』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51IO22Lhr0L._SY300_.jpg

 

主人公には向かないような男にあえてスポットライトを向けて、必死にもがき苦しみながらなりたい自分になろうとする物語

題材は野球漫画だけど、主人公の幼馴染への嫉妬と自己嫌悪、嫉妬心や劣等感、確執をえげつない心理描写で描く、全然爽やかじゃない青春の痛みが詰まっている作品

丁寧な心理描写が多くてとても面白いので、美化されてない青春物語が好きな方に読んでほしい作品。

主題は野球の話より人物のメンタル面の方が中心となるから野球知らなくても全然大丈夫

 

f:id:ryocuu:20180803222743j:plain

(出典:『群青にサイレン』)

POINT
  • 既刊7巻(2018年3月現在) 
  • 既存の野球漫画とは毛色が違う
  • 才能に嫉妬した挙句トラウマほじくり返される 

 

『かんかん橋をわたって』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51gxtWA0PqL._PJku-sticker-v7,TopRight,0,-50._SY300_.jpg

 

激アツすぎる。嫁姑がテーマの漫画

主人公が姑からの嫌がらせに気づくところから物語が始まる

嫁姑の家庭内ドロドロ物語だと思わせて、途中からスケールがどんどんデカくなり、悪に立ち向かうジャンプ系ヒーロー物語に急展開…

徐々に少年漫画になり、中盤で仲間をあつめて能力に目覚め、最終的に知謀と策略と暴力うずまくバトル漫画になり、人生に大事な教訓を教えてくれる壮大なエンドを迎える

 

f:id:ryocuu:20180810015504j:plain

(出典:『かんかん橋をわたって』)

POINT
  • 全10巻
  • 過去の因縁と伏線回収が激熱 
  • 嫁姑問題から、いつの間にかジャンプみたいな展開に…

 

『天人唐草』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51oOStCzCFL.jpg

 

「女とはお淑やかで一歩引いた存在であるべき」という父親に厳格に清く正しく控え目に育てられ、完全に主体性のない大人になった主人公。

父親の死後、ふしだらで下品な女を愛人にしていた事を知り、性格、人格・・・全てが少しずつねじれてゆき、最終的に発狂し狂気に至る話で、強烈な印象が残る。

 

f:id:ryocuu:20180622175438j:plain

(出典:『天人唐草』)

POINT
  • 1巻完結 
  • 山岸凉子作品の、窒息しそうなほど不気味な親を描く技術 
  • 環境の失敗による破滅の例、反面教師として読んでもらいたい

 

『砂の栄冠』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61-KW8WXf8L.jpg

 

高校野球の漫画でタイトルは爽やかだが、中身はかなり『ドロドロ』とした作品、野球部のOBや監督、甲子園を見る観客にも焦点が当てられているのが特徴。

エースで4番の高校球児に老人が1000万円を渡し、これを正しく使い甲子園に行って欲しいと頼まれる。

初めは、金と愛憎と欲が絡み合う展開から物語が始まる。

高校野球を単なる学生スポーツとしてでなく「興行」であることを強調しており、野球部員たちが「さわやかな高校球児」を演じることにより、試合を有利に進めようとする様が描かれている。

 

https://pbs.twimg.com/media/DNG6ghLUEAE0KtW.jpg

(出典:『砂の栄冠』)

POINT
  • 全25巻
  • 高校野球を"興行"の視点から描いた作品
  • 腹黒い球児だったり、甲子園の裏事情が出てくる邪道モノ

 

『ぢごぷり』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51eUQQ7E0eL._SY300_.jpg

 

新生児育児の暗黒面を描いた漫画

げんしけん作者が自身に子供ができた経験から描いた作品。

育児モノで鬱展開はいらないんじゃ!という多数の声。母親の心理描写が過激だったので人気が出ず、すぐ連載終了してしまった…

綺麗事だけの育児漫画ばかりを見てたので、個人的にはそのリアルさが大変興味深い作品であった…

 

f:id:ryocuu:20180612230944j:plain

(出典:『ぢごぷり』)

POINT
  • 全2巻
  • 黒い。重い。そしてリアル。笑えないシーンも多々あり

 

『空が灰色だから』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51fonwgYJqL._SY300_.jpg

 

少年少女達の繊細な心情を描いた多彩な内容の短編集。

身に覚えのある思春期のひりついた感情を思い起こさせる、酸いも甘いも知る青春時代を濃縮して固めたような漫画

ほのぼのから、うだる様な嫌悪感まで、突き刺さるような心理描写が多いので、延々とみぞおちを殴られ続けるような、気持ちを灰色にしたい方にオススメ。

 

f:id:ryocuu:20180622054440j:plain

(出典:『空が灰色だから』)

POINT
  • 全5巻
  • 魅力はやっぱり時折挟まれる精神的な残酷描写

 

『ちーちゃんはちょっと足りない』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51xvmPaFzFL.jpg

 

母子家庭で団地住まいの、いつも何かを欲してる中学生の女の子が「欲しがるばかりで成長出来ない」物語。

子供時代の貧困と貧富の差による隔たりとか、劣等感、グループ意識、発達障害知的障害を思わす描写とか、盗難とか犯した罪とか、ただただ心臓がきりきりするような辛さに襲われる心情描写が、小中学校が人生で一番キツイ地獄だということを思い出されて辛くなる

鬱耐性がある人も、これ以上ないくらいの不快感が残る作品かもしれない。誰でも思春期の頃経験したような小さなトゲで余計に刺さる

 

f:id:ryocuu:20180708234449p:plain

(出典:『ちーちゃんはちょっと足りない』)

POINT
  • 全1巻
  • 独特な言葉選びによって描かれる、思春期の少女の心情描写

 

『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/513aXyaGcQL.jpg

 

作者の実体験を元にした、吃音(どもり)に苦しむ女子高生のお話。

人が当たり前にできると思っている能力を持たない主人公が、それを受け入れ一歩を踏み出すまでの物語

作者の実体験を元にしてるだけあって、冒頭の自己紹介のところとか特に、心理描写、表情、周りの目・視線がリアルに描かれてる

読むのが辛くなるような描写を重ね、言葉は上手く言えないけれどそれでも思いの丈を叫ぶ描写は王道的な感動がある。

 

f:id:ryocuu:20180728231635j:plain

(出典:『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』)

POINT
  • 1巻で完結する物語は清々しい読後感。
  • 原作者の実体験をもとに描かれた。リアリティのある吃音描写 

 

まとめ

関連記事;【2018年】面白い!おすすめラブコメ漫画!泣ける感動の恋愛モノなど、完結作品から最近の作品まで厳選紹介 

もし、このエントリーを読んで少しでも紹介した作品に興味を持っていただけたら、これ以上嬉しい事はありません。

本記事は随時更新中なので、また面白い作品があったら追加します。お楽しみに!