巨人軍マンセー

【ネタバレ/解説】絶対2回見たくなる映画『メメント』感想!見なきゃ損の傑作 

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/518gPgyfU0L.jpg

 

 

このページでは『メメント』の感想を交えた考察、あらすじ紹介、などを行っていきます。

休日を利用して『メメント』を視聴した。面白すぎて何度もゾワッとした。また凄い映画を観てしまった…

監督の頭の中どうなっているのだろう…。視聴後、すぐに2回目観たくなった。こんな気分にさせられたのは、『プリデスティネーション』を見て以来、内容や展開が複雑で難しかったけど、それ以上に観る価値がありすぎた。傑作。  

 

あらすじ 

f:id:ryocuu:20180730230403j:plain

(出典:『メメント』)

 

ある日、自宅に押し入った何者かに妻を強姦され殺害された主人公・レナードは現場にいた犯人の1人を射殺するが、犯人の仲間に突き飛ばされ、その外傷で記憶が10分間しか保たない前向性健忘になってしまう。

復讐のために犯人探しを始めたレナードは、覚えておくべきことをメモすることによって自身のハンデを克服し、目的を果たそうとする。

出会った人物や訪れた場所はポラロイドカメラで撮影し、写真にはメモを書き添え、重要なことは自身に刺青として彫り込む。

しかし、それでもなお目まぐるしく変化する周囲の環境には対応し切れず、困惑して疑心暗鬼にかられていく。

果たして本当に信用できる人物は誰なのか。真実は一体何なのか。 

事件がきっかけで記憶を10分しか保てない男が復讐する物語。ストーリーそのものも良いが、その見せ方が非常に斬新で絶対2回見たくなる映画(4回見た)

 

『メメント』考察

①時系列の逆再生と、回想の同時進行という複雑な構成

主人公の記憶を10分ずつ遡り、時系列を逆再生していく異色の構成。

モノクロで描かれる時系列通りの物語、カラーで描かれる逆再生して行く物語の2つが描かれていく。そして最後、モノクロから始まり、カラーを逆再生することで1本の時間軸になる

 

f:id:ryocuu:20180730224849j:plain

(出典:『メメント』)

 

物語の時系列と映画の進行順序が逆転してて、犯人を追い詰めた瞬間から、事の発端まで遡っていく。

 

②妻殺しの犯人とモノクロで出てくる老夫婦(サミー)

妻が死んだのは、レナードが自分の記憶障害のせいで妻に、インシュリンを大量摂取させてしまったから。

その事実を認めたくないレナードは、「サミーを忘れるな」という刺青を彫り、サミーとその奥さんという架空のストーリーを作り上げて、自分がやった事を全てサミーに転嫁しているわけです。

実際のサミーは独身で詐欺師。レナードが保険会社に勤めていた時の顧客で事件とは全く関係ない人物。

 

主な登場人物
  • ジョンG:すでにレニーが殺している。レニーはジョンGを殺したことを覚えていない。
  • サミー:ただのサギ師で奥さんはいない。糖尿病はレニーの奥さん。
  • レニーの奥さん:強盗に入られたときは生きていた。サミーの話が自分の奥さんの投影だとするとインシュリン過投与で死亡。
  • テディ:レニーの事件の担当刑事。ジョンG殺しは黙認。レニーに新たなジョンGに仕立てられ死亡。
  • ナタリー:ジミー殺しと消えた金でトッドに疑われたため、レニーを利用して追いやる。レニーにテディの個人情報を教える(同情ではなく、終始利用しているだけ)

 

『メメント』の世界観は、基本的に主人公の主観で描かれているから、明確な正解、というのははっきり与えられずに「こういうことだったのか?」と不明瞭な部分自体が、映画の主題でもある

妄想でも現実でも、人は自分の認識の中でしか生きられないという同監督のテーマを『インセプション』でも継承している。

 

③最初のシーンがすべての結末

f:id:ryocuu:20180730230542j:plain

(出典:『メメント』)

 

ラストシーンで1年前に、レナードの復讐は完了していた。しかし、それさえも忘れてしまい、一度殺した復讐相手をまた探し始めた。

レナードは、自分の行為のサミーへの転化を忘れないように、誰かれ構わずサミーの話をした。

時系列としては『ABCDEFGHI』の順になっているものを、『ABCD』をモノクロの回想シーンとして、『IAHBGCFDE』に再構成してる。

物語の結末『I』が最初に示されるのだけど、核心は『DE』の中にあるという仕掛け。物事の原因が分かるごとに情報が出てくる。天才的な構成

最初の伏線は最後にならなければ分からないので、全てを見た後で話を繋げるために、最初の部分だけ見直してみることを推奨します

 

監督は『クリストファー・ノーラン』

『インセプション』『ダークナイト』『インターステラー』などで知られるハリウッドの天才 

「インセプション」をご覧になった方はパプリカも見てみて下さい

クリストファー・ノーラン自身が「インセプション」は「今敏監督のパプリカにインスピレーションを得て作った」と、明言してる日本のアニメ映画です。

 

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51FGPyhKeNL.jpg

 

主人公が人間の意識の奥底の夢の中に入り秘密を探る、といったストーリーは『インセプション』と良く似ている。全てのシーンが名シーンとなるほど、魅力的な作画はきっと多くの人の心を射止めると思います。

 

メメントの意味

メメント(memento)とは、ラテン語で「思い出せ」の意であり、mementos,mementoesで「記念品」「思い出」を表す英語になる。一般にメメント・モリ(memento mori)=「死を思え」の一語として知られる。

メメント (めめんと)とは【ピクシブ百科事典】

 

f:id:ryocuu:20180730224655j:plain

 

低予算ながら、個人的には殿堂入りレベルの完成度で、初見は圧倒されること間違いなし。全部が繋がるとあーーなるほど!みたいな パズルみたいな映画。このポスターは割と深い意味があると思う

こちらの記事もおすすめ▼

 

メメントはamazonプライムで視聴可能

Amazonプライム・ビデオ

f:id:ryocuu:20180713021554p:plain

 

利用率で断トツの1位を獲得している『Amazonプライム・ビデオ』

プライム会員の年会費を月額換算すると、325円という驚きの安さで利用でき、Amazonの方もお急ぎ便が使えたり、年に数回の大セールで購入できるので

動画だけでなく様々な特典を利用できるので、コスパの面では最強といえます。

POINT
  • 年会費3900円
  • お急ぎ便・お届け日時指定便使い放題
  • Kindle本から好きなタイトルを毎月1冊無料
Amazonプライム・ビデオ30日間無料登録

Amazonプライムまずは無料体験から!

 

U-NEXT

f:id:ryocuu:20180713011454p:plain

 

日本最大級の動画サービス『U-NEXT』

映画、ドラマ、アニメなど多彩なジャンルが最新作品から、名作まで充実のラインナップ!
スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめるビデオ配信サービスです。

U-NEXTには「見放題作品」と「レンタル作品」があります。

月額1,990円の基本料金内で楽しめるのは「見放題作品」のみ。

「レンタル作品」を視聴したい場合は、324~540円程度の別料金が必要です。

なので、無料で視聴したい場合の対象は「見放題作品」だけとなります。

POINT
  • 動画配信サービス界では数少ないアダルト作品見放題
  • 月額2000円

 

Hulu

f:id:ryocuu:20180713014342j:plain

 

海外ドラマに強い『Hulu』

ネットでは高価値サービスが当たり前になりましたが、冷静に考えて海外ドラマ、海外映画、国内ドラマ、国内映画が見放題で月に933円て安すぎ。

動画配信サイトのボス的存在。

名作、良作から「なぜ、これを配信するつもりになったのか」という、ある意味マニア向け作品まで、幅広い品揃え

POINT
  • (英語字幕)の作品数が充実  
  • 最高画質(フルHD)は1080p
  • 月額933円