天才的すぎる話の構成と伏線乱舞からの怒涛の回収『彼方のアストラ』感想とあらすじ紹介

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61J5APQFqLL._SX166_SY265_.jpg

 

惑星旅行にきた主人公たちが遭難する話ですが、疑問ばかりの序盤が中盤になると疑惑に変化し、最終巻に近付くにつれ、散らばった伏線と仲間の絆が深まって読了後の満足感がえげつない。

広がる宇宙を背に、拾った宇宙船とスペーススーツの少年少女、モチーフの全てがレトロSF・冒険・サバイバル・青春群像・コメディの魅力が満載、緻密に構築された物語に唸らされ、ミステリー作品としても秀逸

 

f:id:ryocuu:20180526130519p:plain

 (出典:『彼方のアストラ』) 

 

「友情・青春・勝利」の物語

宇宙に放り出され自らの星へ帰るために七人の少年少女たちの宇宙漂流冒険記であり、SFであり、友情恋愛劇であり、ミステリーとサスペンスの風味まで含んでいる

惑星を一つ越えるごとに仲間の個別エピソードを挟込む王道要素を加えて、チームの絆は深まっていく、更に情報を小出しにし、その都度状況が変化していくため飽きることはなく最後まで読める。

 

https://pbs.twimg.com/media/C2qznt0UoAA97ZL.jpg

 (出典:『彼方のアストラ』) 

 

後半の「鳥肌ものの伏線回収」

宇宙冒険SFの香りに、青春要素と世界の秘密に関わるどんでん返しをミックス。物語は展開に次ぐ超展開。

伏線が繋がり始め、大きなうねりとなって収束していく、とにかく後半からの、今までの布石が繋がっていく怒涛の展開がすさまじい。

無駄なくの完璧とも言えるシナリオ、各巻の終わりに必ずサプライズを持ってくる職人芸は見事の一言。

 

f:id:ryocuu:20180526201925j:plain

 (出典:『彼方のアストラ』) 

 

f:id:ryocuu:20180526202010j:plain

 (出典:『彼方のアストラ』) 

 

個人的に超傑作の漫画だと思う

繰り返しになるが、結局1〜5巻どの巻も一定以上に面白くて、「構成」の部分では文句が出ない。こんなに緻密に構成されて2度3度と展開を覆していきキャラが愛しくなるSFミステリー冒険作品はない。

概括的に言って傑作。

 

https://pbs.twimg.com/media/DQA8q_HUMAArqzI.jpg

 (出典:『彼方のアストラ』) 

 

まとめ

『彼方のアストラ』を紹介しました。 

読み終わった後「いいものを読んだ」という充実感で満たされます。五巻で綺麗に纏まっており、全巻通しての表紙の意味が、クライマックスでわかるという完璧な作品。 是非読んでみて下さい。

漫画を安く読む方法

他サービスと比較してもセールやキャンペーンが充実しており、50%OFFの半額セールや、1巻10円でポイント対象作品を購入で20ポイントバックなど驚異的な安さで販売することも多くあります。

マンガを中心に42万冊以上の圧倒的な電子書籍の取り扱い数が特徴

▼イチオシはeBookJapan