富士山噴火による日本崩壊。人間の醜さと恐怖『ドラゴンヘッド』感想とあらすじ紹介

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51d-7VymjuL._SY300_.jpg

 

人類滅亡ものの作品、物語は一貫して「恐怖」をテーマにしていて、どこか哲学的な内容に走ってしまう後半の流れはまさにタイトル通り竜頭蛇尾的な内容。

今よくみるパニック系。富士山噴火による超巨大地震で、トンネルに閉じ込められた主人公が東京を目指す話で、近々巨大地震の影響で麻痺する日本がリアルに漫画通りになりそうで怖い

 

https://pbs.twimg.com/media/DdJlzCyU0AAOwhy.jpg

 (出典:『ドラゴンヘッド』)

 

富士山噴火による日本崩壊

富士山噴火による大地震が原因と思われる災害に遭遇した主人公らっが、荒廃した絶望的な状況下で、ボロボロになりながらも生き延びようとする様を描くサバイバルストーリー作品。

 

f:id:ryocuu:20180517214942p:plain

 (出典:『ドラゴンヘッド』)

 

"得体の知れないモノへの恐怖"がテーマ

地磁気異常により龍脈、マグマが変化、巨大地震が起り原発が次々と爆発。少しずつ確実に世界と人間が壊れていくのを描いており、それぞれの災害に晒され生き残った者たちはどう行動するのか…がこの作品の見所となっている。

 

f:id:ryocuu:20180517223722p:plain

 (出典:『ドラゴンヘッド』)

 

パニックになった被災者に配られる非常食

作品の中に災害でパニックになった被災者に政府が配る非常食には、食うと思考と感情を失う細工がある。食った者は、人間のすべての感情が失われ次々と生きた屍になっていく…

 

f:id:ryocuu:20180517223546p:plain

 (出典:『ドラゴンヘッド』)


人間のパニック状態は危険だと政府が作り出した禁物、感情を無くし人形のようになってしまった人のことを、この作品のタイトル『ドラゴンヘッド』と呼ぶ。『アイアムアヒーロー』とか好きな人はハマルはず

 

まとめ

『ドラゴンヘッド』を紹介しました。

不気味な絵の手柄もありますが、何よりも「恐怖心」「生きていくことの意味」「死とはいったい何か」災害などの緊急時における自分以外の他人が狂っていくテーマを、終始一貫して追求していて面白いのでオススメ。

漫画ならeBookJapan

他サービスと比較してもセールやキャンペーンが充実しており、50%OFFの半額セールや、1巻10円でポイント対象作品を購入で20ポイントバックなど驚異的な安さで販売することも多くあります。

マンガを中心に42万冊以上の圧倒的な電子書籍の取り扱い数が特徴