復讐のため狙撃兵となるミリタリー漫画『GROUNDLESS』感想とあらすじ紹介

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51nd1TXwfgL._SY300_.jpg

 

動乱の島国で、紛争に巻き込まれ夫と子、片目を失った女性ソフィアが狙撃兵となり、人を撃ち抜きまくる漫画、敵側の視点もよく書かれており、戦闘描写と心理描写どちらも濃密。ヒリヒリする小規模戦闘を解りやすくかつリアルに描いてる

一方で、登場人物のほぼ全員が能力的に高くなくて、小規模な地域紛争を、一個人一生活視点の群像劇で描くという挑戦的な作品

 

f:id:ryocuu:20180501021750j:plain

 (出典:『GROUNDLESS』)

 

未亡人の隻眼スナイパーが容赦無くゲリラをヘッドショット

紛争に巻き込まれ、夫も、娘も、左目も失った女性が、夫の形見の狙撃銃を手に自警団の狙撃兵として復讐に身を投じるお話。

1人で物凄い数の敵を殺す。内乱の島である街の自警団はいかにして戦ったかを描く群像劇。

 

f:id:ryocuu:20180504074126p:plain

 (出典:『GROUNDLESS』)

 

https://pbs.twimg.com/media/C9W6tn1V0AA-KJh.jpg

 (出典:『GROUNDLESS』)

 

序盤まで、ほぼ無敵の存在として描かれてきた主人公ソフィアに匹敵、あるいはその上をいく「敵の狙撃兵」が登場し物語を面白くする。

 

戦闘描写と心理描写どちらも濃密

敵も味方も単なるモブではなくしっかり描かれている作品で、狙撃兵の綺麗な一撃で集団が恐慌状態に陥るって様相など、スナイパーに狙われてる敵側の恐怖やパニックも描いている

 

f:id:ryocuu:20180504074238p:plain

 (出典:『GROUNDLESS』)

 

まとめ

『GROUNDLESS』を紹介しました。

狙撃シーンはもちろんのこと、戦う兵士たちの葛藤や苦しみにも注目、骨太なミリタリーモノが好きな人には、おすすめです。

漫画ならeBookJapan

他サービスと比較してもセールやキャンペーンが充実しており、50%OFFの半額セールや、1巻10円でポイント対象作品を購入で20ポイントバックなど驚異的な安さで販売することも多くあります。

マンガを中心に42万冊以上の圧倒的な電子書籍の取り扱い数が特徴