可愛い絵本のような大人ダークファンタジー『棺担ぎのクロ』感想と見所紹介

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51vEGkWUNWL.jpg

 

呪いを背負いながら旅をつづけるクロと、不気味でありながら可愛く、そして切ない旅の物語。独特の絵柄で、明るい話から人間のドス黒い話まで、描かれる世界は暗くて暖かくて引き込まれる

「白」と「黒」で世界観を表現、絵本のような可愛いイラストに練られたストーリーと張り巡らされた伏線が絶望的なラストを予感させる。

 

https://pbs.twimg.com/media/C5gp35nVAAEljer.jpg

  (出典:『棺担ぎのクロ』)

 

可愛い絵本のようなダークファンタジー

とある魔女に身体に黒が広がる呪いをかけられた、棺を担ぎ喋る千匹のコウモリと、二人のホムンクルス連れた黒い旅人さん達が、魔女を探し旅をする物語

色んな人と出会いながら謎が紐解かれてく。1話完結型を基本として、主人公の正体が徐々に明らかになっていくというストーリー性も併せ持つ4コマ漫画

 

f:id:ryocuu:20180414024329p:plain

  (出典:『棺担ぎのクロ』)

 

凄く練られたストーリーと張り巡らされた伏線回収

 

物語がゆっくり核心に少しずつ加速していきながら近づいて行く。物凄く絵が可愛くてお話も可愛く、時にダークに、シリアスに展開

至る所に細かい伏線回収があって本巻で魔女の生まれた謎など、巻数を追うごとに、魔女に関する事も大きく明かされていく。

ちなみに、この作品は連載開始から13年・・・なのに単行本6巻と超遅筆

 

f:id:ryocuu:20180414030113p:plain

  (出典:『棺担ぎのクロ』)

 

旅をして色んな人に会っていく雰囲気はキノ旅に似てますが、出会う人出会う人全部伏線な気がするくらい話の構成が秀逸

 

 

余白部分が全て黒塗り、絵本チックの作風

コマの枠外が全て黒に塗りつぶされている。絵本の様な読み口で、4コマの特性を活かした作風、独特の絵柄で描かれる世界は暗くて暖かくて引き込まれる

 

f:id:ryocuu:20180414031428p:plain

  (出典:『棺担ぎのクロ』)

 

まとめ

『棺担ぎのクロ』

雰囲気が『キノの旅』に近いです。魔女もの好きでダークファンタジー好きで、4コマを気にしないなら、とてもおススメです。

漫画ならeBookJapan

他サービスと比較してもセールやキャンペーンが充実しており、50%OFFの半額セールや、1巻10円でポイント対象作品を購入で20ポイントバックなど驚異的な安さで販売することも多くあります。

マンガを中心に42万冊以上の圧倒的な電子書籍の取り扱い数が特徴