伏線と構成が魅力の推理モノの皮をかぶった娯楽漫画『魔人探偵脳噛ネウロ』感想と見所紹介

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51hSwM8HEVL.jpg

 

謎を食す魔人ネウロが推理しつつも、事件は強引に解決する、探偵物の皮を被った娯楽漫画かつ、能力バトルあり、友情あり、そして主人公の成長ありの、探偵物の皮を被った娯楽漫画

表現の独特さや人間の感情や欲望、悪意の掘り下げた方に加えてとにかく、至るところに散りばめられた伏線を全て回収して、物語として無駄がなく全てが繋がって綺麗に終わる。

 

https://pbs.twimg.com/media/DK19lMYVAAALXDD.jpg

  (出典:『魔人探偵脳噛ネウロ』)

 

推理がサブでキャラクター+物語などが魅力の作品

謎を食糧とする魔人・脳噛ネウロが、謎を求めて地上を訪れるところから物語が、スタートする。

人間界で生活する為に女子高生を探偵役に仕立て上げ、影でその事件の謎を喰べることを目的としています。推理物の皮を被ったシュールな漫画で、ものの例え方とかが常にシュール。何もかもがシュール。

 

https://pbs.twimg.com/media/DX65hkQVQAA0_0K.jpg

  (出典:『魔人探偵脳噛ネウロ』)

 

犯人の豹変やキレキレのギャグをピックアップされる事が多いが、登場人物の成長していく姿がなんとも素晴らしい

 

物語が進むにつれて弱体化していく主人公

「暗殺教室」作者松井先生のデビュー作。物語全体の伏線を全て回収して、 人の闇を鋭く抉り、本編を綺麗に終わらせる手腕はさすが。

クッソ強い主人公が弱体化し続けて、周りの成長したキャラがそれを支える……という部分は暗殺教室に通ずるものがある。

 

f:id:ryocuu:20180413232029j:plain

  (出典:『魔人探偵脳噛ネウロ』)

 

犯人の豹変やキレキレのギャグをピックアップされる事が多いが、登場人物の成長していく姿がなんとも素晴らしい

 

中盤からが本番伏線回収の鮮やかさがたまらない

アンケート主義の週刊少年ジャンプで打ち切られる事なく引き伸ばされる事もなく、練り込まれた世界観と、きちんと「終わり」を見据えた伏線の張り方、伏線全回収・ストーリー全消化で綺麗に終わった名作

 

https://pbs.twimg.com/media/DYn1xwyVMAEuIf_.jpg

  (出典:『魔人探偵脳噛ネウロ』)

 

まとめ

『魔人探偵脳噛ネウロ』を紹介しました。

話もさることながら、物語の根底にある作中人物や作者の「哲学」や「思想」みたいなものが好きで、コメディ調で物語が描かれるが、語っていることは至極まともで、いろいろ考えさせてくれる作品、普段少年漫画を読まない人にもおすすめ

漫画ならeBookJapan

他サービスと比較してもセールやキャンペーンが充実しており、50%OFFの半額セールや、1巻10円でポイント対象作品を購入で20ポイントバックなど驚異的な安さで販売することも多くあります。

マンガを中心に42万冊以上の圧倒的な電子書籍の取り扱い数が特徴