作者が黒歴史扱いしている元祖ジャンプお色気ラブコメ『てんで性悪キューピッド』感想と見所紹介。

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61KZWjBjcSL.jpg

 

冨樫義博の連載デビュー作品悪魔の少女とのラブコメ漫画。
良くも悪くも妙に世のラブコメから一歩引きたがっているような作品
エロギャグ漫画だからと、無条件にエロやハーレム描写を、入れるのをためらう、冨樫の理屈っぽさがよく出ていた作品。
 

https://pbs.twimg.com/media/DMRfuJEUQAAplNy.jpg

(出典:『てんで性悪キューピッド』)

 

富樫義博連載デビュー作

本人としては非常に不本意な連載であったようで、連載終了20年後の『ヘタッピマンガ研究所R』

冨樫が本作について「ウ冠の富樫さんの作品」などと語るシーンがあり、さらにスタッフの言葉として「(冨樫)先生の中であの作品なかった事になってはるみたいなんですよ」などと書かれていた。

かなり昔の漫画となっていますが、今、読んでも面白いはず。溢れる才能を感じることができます。

 

エロ描写が先行するけど王道の少年誌のラブコメ

f:id:ryocuu:20180308010417p:plain

(出典:『てんで性悪キューピッド』)

 

893の息子とは思えない純粋な少年を、美人で可愛い悪魔が誘惑。

次第に惹かれあっていくけど、それが原因で悪魔界に戻れなくなり…というあらすじ

 

f:id:ryocuu:20180308004855p:plain

(出典:『てんで性悪キューピッド』)

 

悪魔の女の子とイチャイチャしまくる、まさにToLoveるの前身のようなお色気満載のラブコメ

お色気ラブコメの先駆けとして型をつくった作品、という認識の作品

 

まとめ

『てんで性悪キューピッド』を紹介しました。

冨樫の黒歴史といわれている作品、のわりに復刻版とか、文庫版とか結構出ててたりします。最初の方はただのお色気マンガって感じだけど 最後の方は、冨樫ワールドが垣間見える。

漫画ならeBookJapan

最近のマンガアプリはビッグリするぐらい有名な作品も無料で読めるようになってますので正直暇つぶしには事欠きません。

 

f:id:ryocuu:20171211215934p:plain

他サービスと比較してもセールやキャンペーンが充実しており、50%OFFの半額セールや、1巻10円でポイント対象作品を購入で20ポイントバックなど驚異的な安さで販売することも多くあります。

マンガを中心に42万冊以上の圧倒的な電子書籍の取り扱い数が特徴