主人公が選手ではなく監督!最高に面白い野球漫画『ラストイニング』あらすじと見所紹介。

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51%2Bp9ffqRRL.jpg

 

高校野球の監督の視点で描かれてて、キャッチャーの心理描写や変化球の打ち方、投げる時の注意点とかよく描かれててマニア向けの野球漫画です。

 

https://pbs.twimg.com/media/CG5kxdaUQAATtSn.jpg

  (出典:『ラストイニング』)

 

https://pbs.twimg.com/media/CviBMj6VMAAPAMX.jpg

  (出典:『ラストイニング』)

 

スポーツ漫画の中では珍しく監督が主人公

主人公を監督にすることにより、試合だけでない高校野球の裏側を描いた作品。練習方法等も多く描画されかつ練り込まれているのが特徴

学生時代捕手だったインチキセールスマンの主人公が、訳あって廃部目前の母校の野球部の監督になって甲子園を目指す。

ひたむき・爽やかを全否定する鳩ケ谷監督の戦略が熱い、斬新なスポ根漫画となっている。

 

作画の中原裕は、努力と根性があれば何とかなるというありがちなスポ根にはしたくなかった

格上のチームに勝つには土台となるだけの実力と、相手を分析しての作戦が不可欠だと思うと語っている

 

https://pbs.twimg.com/media/B2Zcej8CAAIGnSz.png

  (出典:『ラストイニング』)

 

キャッチャーの面白さがわかる作品

キャッチャーに重きを置いてる漫画なので思考パートが多く勢いよりもプロセスを楽しむ漫画

スポ根漫画とは違い格上の相手に勝つためには何が必要かをしっかり描いた作品で、僕が知ってる野球漫画の中で一番リアル

 

https://pbs.twimg.com/media/DHsKJjuVwAAwlT1.jpg

  (出典:『ラストイニング』)

 

https://pbs.twimg.com/media/DTGEDm6WkAAzbq7.jpg

  (出典:『ラストイニング』)

 

分析と対策の連続で、試合中も如何に相手の嫌がる戦略を使うかという観点なのに嫌味がないく、心理戦は見ていてとても面白い。

 

まとめ

元高校球児の詐欺師が、監督になって甲子園をめざす。邪道野球漫画、練習描写も豊富にあり、野球の戦略的な部分に焦点を当ててます

その他にも、学校売却や監督の後ろ暗い過去話など、圧巻の面白さなので純粋におすすめ作品です。

 

漫画記事エントリー

 

漫画ならeBookJapan

最近のマンガアプリはビッグリするぐらい有名な作品も無料で読めるようになってますので正直暇つぶしには事欠きません。

 

f:id:ryocuu:20171211215934p:plain

他サービスと比較してもセールやキャンペーンが充実しており、50%OFFの半額セールや、1巻10円でポイント対象作品を購入で20ポイントバックなど驚異的な安さで販売することも多くあります。

マンガを中心に42万冊以上の圧倒的な電子書籍の取り扱い数が特徴