今最も面白いシニア(中学野球)が舞台の野球漫画「BUNGO -ブンゴ-」ネタバレ/感想

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61VZ4sMdZFL.jpg

 

幼少時代から1人で一心不乱にボールの壁当てばかりしてた主人公が、後に強豪野球チームの中で頭角を現していくサクセスストーリー

絶体絶命のピンチの中強打者相手に、ど真ん中直球のみで討ち取りにいくスタイルは王道のそれ。

野球漫画にしては試合が変に間延びせず、きっちり尺を切り詰めててコンパクトなのが、この漫画の魅力。

 

「BUNGO -ブンゴ-」のここが面白い

少年野球チームのない町に育った石浜ブンゴは買い与えてもらったボールをブロック塀に投げ込む毎日。

そんな「壁当て」に心血を注ぐブンゴのもとに、少年野球日本代表の野田ユキオが現れて、二人は予期せぬ対決へ…!! 

 

シニアが舞台の中学硬式野球漫画

人間の気持ちはあまり理解できず動物の思考を読んで会話する野球漫画主人公を筆頭に、本当に登場人物が気持ち悪い奴ばっかり

「俺はとにかく主人公が覚醒するシーンだけを描きたいんだよ!!」って作風がとても気持ちいい

https://pbs.twimg.com/media/DAFGmTPUAAEVIhD.jpg

 (出典:『BUNGO -ブンゴ-』)

 

https://pbs.twimg.com/media/DAFGpSeVwAA-QwK.jpg

 (出典:『BUNGO -ブンゴ-』)

 

主人公/石浜文吾

あることに熱中したら気持ち悪いくらい没頭する口下手主人公が野球に熱中する

主人公が、一つのことに異様に熱中して努力するタイプというのは良いです。やや変人ですが嫌味が無く好感のもてる範囲

ずっと右投げで壁当てしてて実は「左利きでしたー」ってのはありきたりだけど、最初の掴みとしてはいいと思う。

 

https://pbs.twimg.com/media/C-fdEdOUQAAWvrb.jpg

  (出典:『BUNGO -ブンゴ-』)

 

まとめ

少年野球チームのない町に育った石浜ブンゴは買い与えてもらったボールをブロック塀に投げ込む少年の、甲子園のための甲子園を超える死闘

中学シニア野球漫画は珍しいので読んでみるといいかも。

 

漫画記事エントリー

 

漫画ならeBookJapan

最近のマンガアプリはビッグリするぐらい有名な作品も無料で読めるようになってますので正直暇つぶしには事欠きません。

 

f:id:ryocuu:20171211215934p:plain

他サービスと比較してもセールやキャンペーンが充実しており、50%OFFの半額セールや、1巻10円でポイント対象作品を購入で20ポイントバックなど驚異的な安さで販売することも多くあります。

マンガを中心に42万冊以上の圧倒的な電子書籍の取り扱い数が特徴