巨人軍マンセー

『2018年』狂気!おすすめの鬱漫画!トラウマなる問題作から衝撃作まで紹介!

f:id:ryocuu:20180708232937j:plain

 

今回は様々な『欝』漫画を選んでみました。

おすすめの作品ばかりです。 まだ未読の作品があればチェックしてみて下さい。僕の感想と一緒に楽しんでもらえれば幸いです。

 

『人間仮免中』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41PwwT7y5UL.jpg

 

統合失調症をかかえる卯月さんの体験漫画。統合失調症で歩道橋から飛び降り、顔面崩壊と片眼を失明する大怪我を負ってからの日々

統合失調症の大変さ、精神疾患を抱えているという事、それを支える人たちのと、不変の愛を注いでくる家族と25歳年上の恋人の姿。顔面と脳内の苦痛に耐えつつ3年かけてこれを描いた。作者の壮絶な半生を描いたノンフィクションエッセイ漫画。

 

f:id:ryocuu:20180709004407p:plain

(出典:『人間仮免中』)

 

『ぢごぷり』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51eUQQ7E0eL._SY300_.jpg

 

新生児育児の暗黒面を描いた漫画

げんしけん作者が自身に子供ができた経験から描いた作品。

育児モノで鬱展開はいらないんじゃ!という多数の声。母親の心理描写が過激だったので人気が出ず、すぐ連載終了してしまったけど、個人的にはそのリアルさが大変興味深い…

 

f:id:ryocuu:20180612230944j:plain

 (出典:『モンプチ 嫁はフランス人』)

 

『闇金ウシジマくん』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51kuj2Wrn9L.jpg

 

決して良い人ではないが、芯のあるウシジマくんの魅力や、ダメ人間達の末路に続きが気になってしまう作品

闇金は本来犯罪であり、債務者に同情が生まれそうだが、背景にある矛盾に向き合い、切っていくウシジマの姿に共感が生まれ、現実とファンタジーの絶妙なさじ加減も魅力

山田孝之の主演の実写版は最高ですが、活字で読むリアルな闇金ワールドも、なかなかどうして刺激的。

 

f:id:ryocuu:20180622143451j:plain

 (出典:『闇金ウシジマくん』)

 

『ひとつばな』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51i89SQlkaL.jpg

 

初恋に絶望して闇堕ちしていく男とクソ女のラブコメ

地味な主人公が浮気されていたことを知り、数年後高校生になってイケメンになった主人公が先輩に、復讐していくドロドロな恋愛漫画、即ち「彼女に告白させてから振る」というものだ。

物語が進むに釣れ、主人公が壊れていくが、ヒロインが更に上回るようなゲスさで、泥沼化する。

 

f:id:ryocuu:20180622180638j:plain

(出典:『ひとつばな』)

 

『ペリリュー─楽園のゲルニカ』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/615zSdUolIL._SY300_.jpg

 

戦争末期、日米両軍が多数の犠牲者を出した悲惨なペリリュー島での戦いをテーマをカワイイ絵柄でリアルに綴る。

戦闘能力のない功績係の兵士の視点から描いており、時間を稼ぐために死ぬことを求められた個人たちの物語。

可愛いキャラクターと、深く重い内容とのギャップが戦争の悲惨さを際立たせている。戦争を知らない世代が、戦争の現実を知ることができる貴重な作品。

 

f:id:ryocuu:20180622053304j:plain

 (出典:『ペリリュー─楽園のゲルニカ』)

 

『ベルセルク』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51XCbrsUHyL._SY300_.jpg

 

中世ヨーロッパ風の暗黒世界で、復讐のために人外を討伐する主人公・ガッツの物語。エロ・グロ・バイオレンス、とにかく容赦のない世界観。安全地帯は一切ない弱肉強食、お手本のようなダークファンタジー作品

最初に「これでもか」という程の絶望を読者に見せて、グッと物語に引き込む。大切なものを奪われ復讐に取り憑かれ、絶望的な状況でも身1つであがき続けるガッツに身震いする。

 

f:id:ryocuu:20180621231105j:plain

(出典:『ベルセルク』

 

『RAINBOW-二舎六房の七人-』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51qgswBXlfL.jpg

 

戦後間もない1950年代が舞台の作品。服役経験のある安部譲二が描く、戦後の騒乱期に少年院で出会った仲間たちとの青春群像劇。

脱獄、闇市、そしてボクシング。戦後の日本を忠実に描き、絶望と欝展開が終盤まで怒濤のごとく続くが、掃き溜めの様な世界でもキズナを失わず七人の男達が紡ぎ出す物語。

 

f:id:ryocuu:20180622152148j:plain

 (出典:『RAINBOW-二舎六房の七人』)

 

『空が灰色だから』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51fonwgYJqL._SY300_.jpg

 

身に覚えのある思春期のひりついた感情を思い起こさせる、10代女子を中心に、酸いも甘いも知る青春時代を濃縮して固めたようなこの漫画

ほのぼのから、うだる様な嫌悪感まで、突き刺さるような心理描写が多いので延々とみぞおちを殴られ続けるような、気持ちを灰色にしたい方にオススメ。

 

f:id:ryocuu:20180622054440j:plain

 (出典:『空が灰色だから』)

 

『フランケン・ふらん』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51PuCdJuwYL._SY300_.jpg

 

主人公が、様々な人の悩みを超人的人体改造によって、切ったり繋げたりして解決する物語。

だいたい誰も望んでないバッドエンドルートに直行し後味悪く終わる。代表的な例として、事故でバラバラになった人体を芋虫に改造したりする、作者の引き出しが多くて面白い作品。

※多少グロイがそこまでじゃない(語彙力皆無)

 

f:id:ryocuu:20180622051053j:plain

(出典:『フランケン・ふらん』)

 

『ザ・ワールド・イズ・マイン』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/514aijP+4-L._SY300_.jpg

 

カルト的な人気を集める問題作、作者曰く道徳の教科書らしい。ショッキングな描写も多過ぎるので、耐性ないと死ぬ。

どこか魅力的な息をするように殺人、強盗を繰り返すサイコパスと、それに魅せられ堕ちてゆく1人の青年、サイコパスに煽られる民衆、対立する社会、テロリストの母を責め立てるマスコミ等々を絡め物語が展開していく。

 

f:id:ryocuu:20180707221713j:plain

(出典:『ザ・ワールド・イズ・マイン』)

 

『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61oXosLj15L._SY300_.jpg

 

様々な宗教が交差した時代。差別、乙食、戦争、そんな絶望の時代の中で、誰よりも笑い、誰よりも勇敢に戦い散って行く、少女達の物語

史実にフィクションを加え、歴史上初の銃が戦術に用いられたとされる宗教戦争。フス戦争をフス派側視点をメインに描いた作品。

傭兵隊長ヤン・ジシュカの携帯火器と装甲車輌を組み合わせた戦術や、聖歌隊の存在が物語のキーになってたり、歴史も学べるマニアックな作品。

 

https://pbs.twimg.com/media/DVE_FONV4AAE6p6.jpg

 (出典:『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』)

 

『残響』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51qYDPqF1UL._SY300_.jpg

 

「自分を殺してくれ」と依頼を受け、そこから主人公の人生が狂い始める物語、息苦しいくらい閉じ切った世界観、始まった瞬間からハッピーエンドなど一切感じ取れない作品。

いびつな「家族」たちの断絶/継承が、物語内で丁寧に描かれる

「あらすじに「青春逃走物語」と書いてあるが、とてもそんな雰囲気の話じゃない。暴力の激しい描写が多く、まさに残響が鳴り止まない展開で余韻の残る作品

 

f:id:ryocuu:20180622052428p:plain

 (出典:『残響』)

 

『四丁目の夕日』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51p6Gj3lApL.jpg

 

最凶の欝漫画。キャッチコピーは「人間、どう不幸になったってここまで不幸になれるものじゃない」最凶の欝漫画

人間堕ちるところまで堕ちるシナリオを用意されたら、本当にどこまでも転落していくことが出来るのか?そんな一人の人間の弱さを、描いている作品。

 

https://pbs.twimg.com/media/DN9C6a3VoAABNED.jpg

 (出典:『四丁目の夕日』)

 

『にげまどうし』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51zUrg9rgzL.jpg

 

「逃避」をテーマに描かれる4つの物語。

「にげまどうし」が逃げたいと願う人の前に現れ、「行くか、留まるか」を選択でき、手を差し伸べる。その手を取ると、どこでもない場所に逃がしてくれる。全4編で1巻完結。

立ち向かうことを肯定する作品は世の中に多いが、この作品は「逃げるこ」を肯定的に描いているのが特徴。

 

f:id:ryocuu:20180708233549j:plain

(出典:『にげまどうし』)

 

『天人唐草』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51oOStCzCFL.jpg

 

子育てとはTHE反面教師という欝漫画。

「女とはお淑やかで一歩引いた存在であるべき」という父親に厳格に清く正しく控え目に育てられ、完全に主体性のない大人になった主人公。

父親の死後、ふしだらで下品な女を愛人にしていた事を知り、性格、人格・・・全てが少しずつねじれてゆき、取り返しのつかなくなり、ヒロインが最終的に発狂し狂気に至る話で、強烈な印象が残る。

 

f:id:ryocuu:20180622175438j:plain

 (出典:『天人唐草』)

 

『酔うと化け物になる父がつらい』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51R89-p9k3L.jpg

 

アル中の父親を持った娘さんが漫画で描いたノンフィクション。

アル中の父と、宗教を信仰する母、3つ下の妹。母が自殺し、幼少時代から父と向き合い、飲み過ぎて早くに病に倒れた父を殴りながら介護して看取った後まで描かれている

本書の中で一番切なく悲しいのは、父が亡くなった後に、それでも父親を許すことが出来ない。と考えてしまう娘(作者)の気持ちが書かれている部分だった…

 

f:id:ryocuu:20180708233749j:plain

(出典:『酔うと化け物になる父がつらい』)

 

『ちーちゃんはちょっと足りない』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51xvmPaFzFL.jpg

 

母子家庭で団地住まいの、いつも何かを欲してる中学生の女の子が「欲しがるばかりで成長出来ない」物語。

子供時代の貧困と貧富の差による隔たりとか、劣等感、グループ意識、発達障害知的障害を思わす描写とか、盗難とか犯した罪とか、ただただ心臓がきりきりするような辛さに襲われる心情描写が、小中学校が人生で一番キツイ地獄だということを思い出されて辛くなる

鬱耐性がある人も、これ以上ないくらいの不快感が残る作品かもしれない。

 

f:id:ryocuu:20180708234449p:plain

(出典:『ちーちゃんはちょっと足りない』)

 

『外道の歌』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51d3TNFeZ0L._SY300_.jpg

 

被害者に代わって加害者へ私刑を与える二人の復讐屋の話。

法で裁ききれない犯罪者に私刑を加える作品は、かなり読んでいるけれど、まだこんな魅せ方があるのか!と目をみはる。

暴力表現ばりばりな割に嫌味を感じない、処刑シーンを見て、あ~またとりあえず猟奇系の漫画かと思ったが、二人の復讐屋の過去を知ると、人間臭さと苦悩、亡くした大切な人への罪悪感が切ない。

 

https://pbs.twimg.com/media/DeIkk9PV4AAl9rv.jpg

 (出典:『外道の歌』)

 

『君のナイフ』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41NXkup176L.jpg

 

「一回人を殺して500万もらえるとしたらどうする?」こんな誘いで、優しくて人望ある教員の主人公が、病気の姉を救うために人殺しを請け負う、しかし優しさ故に、『罪』にどんどん追い詰められていく…ひたすら悲しい物語

重いテーマを扱いながら、作品の雰囲気の良さ、緊迫感を崩さず、決して重苦しい雰囲気に終始しないことろも魅力。

 

f:id:ryocuu:20180324130901p:plain

(出典:『君のナイフ』)

 

『殺し屋・イチ』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/515sj1O5xqL.jpg

 

究極の泣き虫ドS(職業殺し屋)×究極の変態ドM(スーツの下は亀甲縛りなおっさん)が織り成すハートフルな物語、全く接点がない2人の視点から、徐々にクライマックスまでもっていく形式で、異常性愛を主軸とした話作りが面白い

読み応えのある完成度の高い内容だが、本当に人によっては気持ち悪過ぎて(´;ω;`)ウッ…てなるかも知れない…色々な意味で刺激的すぎる作品。

 

f:id:ryocuu:20180708015349j:plain

(出典:『殺し屋1・イチ』)

 

『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/619Pg9LB8LL.jpg

 

28歳女性のリアルな鬱症状をベースに、社会生活を送るのに困難な模様が赤裸々に描かれている、シリアスなエッセイ

「人に認められない、必要とされない、頑張ることを強要される」みたいな状態が続くと人は精神的に不安定になる、レズ風俗に行くまでの過程が壮絶。風俗描写がオチみたいなものなので、純粋なレポ漫画ではない、騙されたと思って読んでみてほしい。

 

f:id:ryocuu:20180708234642p:plain

(出典:『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』)

 

「子供を殺してください」という親たち

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51DNa3pEUGL._SY300_.jpg

 

精神障害者移送サービスを営む著者が経験した壮絶な現場、日本の精神保健分野の現状「子供を殺してください」という親たち…現代家族の闇にせまる衝撃のドキュメント漫画。

躾の元に振るわれた暴力や押し付け、ダブルバインドで精神を病んでしまった人達の話が出てきます。

 

f:id:ryocuu:20180708234818p:plain

(出典:『子供を殺してください」という親たち』)

 

『おやすみプンプン』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/31XLnp26akL._SY300_.jpg

 

主人公プンプンの人生をたどる物語。欝展開で救いのないドン底の人生、思春期から大人になる過程で、必ず決別すべき”幼い自意識”と最後まで付き合う不器用な弱い一般人の物語。

唯一無二の個性的な作品で、 周りの人物や背景はリアルタッチの細かい描写なのに、主人公やその身内だけ落書きのような「ひよこ」の姿で描写されているのが特徴的

この作者は、ずっと引きずってしまう昔の些細なモヤモヤした気持ちとか、大人になっても案外みんな悩んでる所とか、とにかく他人には見せたくないような汚い部分を描くのが上手い。

 

f:id:ryocuu:20180709001514j:plain

(出典:『おやすみプンプン』)

 

『デビルマン』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51fjS1c8PYL.jpg

 

「全く救いのないバッドエンド」「漫画の衝撃的なラスト」というと必ず名前があがる作品。そうなるまでの経緯も衝撃的、たった5巻、連載期間1年であることを忘れさせる濃厚さ。

実写デビルマンについて▼

見ると人生を棒に振ったような気分になる、「実写化はこれをやると失敗するよ」という要素が全て含まれており、その点を見れば良作といえる。人生における貴重な二時間を完全にドブに捨てるハメになるため、視聴者が完全にバッドエンド

 

f:id:ryocuu:20180709001734j:plain

(出典:『デビルマン』)

 

『惡の華』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51X2tngBQpL._SY300_.jpg

 

思春期特有の精神的彷徨と自我の行方を描いた青春漫画、今を生きる少年少女のトラウマ漫画にしたるで~という作品

思春期トラウマのこじらせる展開や、心理の描写がもの凄くリアルに画かれていて、思春期の葛藤ばかり自暴自棄になって暴走する、気持ちよく道を進めなかった者にとってはまるで呪い

 

f:id:ryocuu:20180709002014j:plain

(出典:『惡の華』)

 

『聲の形』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51VsfzzIY2L._SY300_.jpg

 

聴覚障害の西宮さん、それを小学生の頃いじめてた石田くんがお互いに高校生になって再会するところから物語が始まる。

障害者、いじめ、母子家庭、教育現場の問題、その他を雑多に、突っ込んで描かれている作品。少年誌では、障害者を題材にすることはタブー視されている感があって、触れられることが少ない題材にあえて挑戦した漫画

 

https://pbs.twimg.com/media/Dc-67rWX0AA6CV5.jpg

(出典:『聲の形』)

 

『ブラッドハーレーの馬車』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51%2BqYH6t16L.jpg

 

孤児院の13~14歳くらいの若い女の子が刑務所へ送られ、囚人の暴動を抑制する為、1週間かけて行わられる性的暴行の生贄になる話。

設定のみで敬遠される漫画もそうはない、胸糞悪すぎて気持ち悪くなる。 悲惨さが激しく動いているけど絵画のような美しさで、無声映画を観ているような気分になるのが救い。

 

f:id:ryocuu:20180709003139p:plain

(出典:『ブラッドハーレーの馬車』)

 

『捨てがたき人々』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/419hWFp3arL.jpg

 

長崎の五島列島の舞台に、デブで不細工で世間を呪い性格も最悪な男の、どこを切ってもどうしようもない救いもない、厭世と情念と哀しみに満ちた物語

世の中の人々がまるで暗黙の了解であるかのように「そこは触れないで」と思っているような部分を、漫画というフィルターを通して赤裸々に描いてしまった作品

 

f:id:ryocuu:20180709003404p:plain

(出典:『捨てがたき人々』)

 

『ドラゴンヘッド』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51d-7VymjuL._SY300_.jpg

 

今よくみるパニック系。富士山噴火による超巨大地震で、トンネルに閉じ込められた主人公が東京を目指すお話、近々巨大地震の影響で麻痺する日本がリアルに漫画通りになりそうで怖い。

人類滅亡ものの作品、物語は一貫して「恐怖」をテーマにしていて、どこか哲学的な内容に走ってしまう後半の流れはまさにタイトル通り『竜頭蛇尾的』な内容。

 

f:id:ryocuu:20180709003641j:plain

(出典:『ドラゴンヘッド』)

 

『風の大地』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51rZ0556ioL._SY300_.jpg

 

ゴルフ漫画ですが、不幸がテーマみたいな作風なんで、いつ展開が覆されるのか気が気でない。

物語のどこを摘んでも主人公は、悪役か、困難のいずれかに立ち向かい続ける必要があり、何とか辛苦をクリアした要所要所で大切な人が死ぬ。ちなみに、2人死んでる

序盤は、快活に喋る主人公が恩師の死と同時にプロゴルファーになって修行僧のように表情が固定され「しねーっ!」とか言いながら球を打ったり、かなり情緒不安定、ゴルフ漫画の枠を超えてくる作品。

 

f:id:ryocuu:20180709004247j:plain

(出典:『風の大地』)

 

『ミスミソウ』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/512JzDwtphL._SY300_.jpg

 

東京から田舎に転校してきた垢抜けた女の子が、最初はリーダー格の女の子と仲良くしてたのに途中からいじめられ、ある日家族をいじめっ子グループによる放火で奪われ、復讐へと向かう。という物語

登場人物が全員頭おかしくて物語は、なんの救いもなくて欝まっしぐら、読後感の気分の悪さったらない、逃げ場の無い絶望と狂気に満ちた作品。

 

f:id:ryocuu:20180709005818j:plain

(出典:『ミスミソウ』)

 

『外れたみんなの頭のネジ』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51ouhjKIxZL._SY300_.jpg

 

サイコホラー的な感じで心霊的なものではなく人間ホラーもの

漫画の中で頭のネジが完全に外れた人間は常軌を逸した行動するけど、現実にも外れかかってる人間はいくらでもいる。完全なフィクションとは言えない感じの作品。

本当に登場人物が全てキチっております。世にも奇妙な物語みたいに怪奇な話が単発である感じで、主人公はなんとか常識人のように見えますが、実は……と言ったよう伏線がたくさんあり、短編集かと思えばかなりしっかりした物語にもなっている。

 

f:id:ryocuu:20180709010821j:plain

(出典:『外れたみんなの頭のネジ』)

 

『校舎のうらには天使が埋められている』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51zzJ9QtisL._SY300_.jpg

 

子供達の心理や背景にある家庭環境、いじめに対抗する先生や生徒の心の葛藤、様々な観点からいじめを見つめていく。鬱鬱鬱鬱&鬱!!サイコパス!鬱!って精神タコ殴りにされるけど心理描写がリアル

絵は綺麗なのに内容は中々のサイコホラー、子供の純粋が故の残酷さなど心にグサッとくるものがある

 

f:id:ryocuu:20180622155602j:plain

(出典:『校舎のうらには天使が埋められている』)

 

『幸せのひこうき雲』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/2122EVV08RL.jpg

 

先生への憧れが、歪な形に歪んでいく物語。

小学校の美人女教師がまだ精通してない内気な男子生徒に、イケナいことする漫画、少年の性の目覚めと生への目覚め、女性の性の表れと生の表れが全て並列されて伸びていく様は正に飛行機雲。

最後のページまで読み切れば何とも言えない読後感が味わえる。

 

f:id:ryocuu:20180709011035p:plain

(出典:『幸せのひこうき雲』)

 

『うなぎ鬼』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51BO2sgcHkL._SY300_.jpg

 

借金を返すため大きいガタイを生かした裏稼業を始めた主人公だが、その仕事にはおぞましい暗部が見え隠れし始める…

基本的にダーティーすぎる世界で時折最高に胸糞展開が多い、ありそうでなさそうな社会の闇を描いたサイコホラー作品

裏社会に生きる男たちの骨太な姿が、作風にピッタリのタッチで描かれている点と、どんどん展開していく闇の世界がシリアスに表現されていく作品。

 

f:id:ryocuu:20180707221432p:plain

(出典:『うなぎ鬼』)

 

『メイドインアビス』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61bQAya22FL._SY300_.jpg

 

世界最後の秘境の大穴「アビス」に挑む少年少女の物語。地図を見たら、大穴ってレベルじゃないスケールの大きな設定。

話しが進めば進むほどワクワクが止まらない、作り込まれた世界観と猛烈な伏線/フラグの押収。

基本的に、絵本みたいに可愛らしいタッチで描かれてる少年少女冒険ものだけど、進む道がベルセルク並に苛酷な作品。希望も絶望も夢や現実も詰まった素敵な物語

 

f:id:ryocuu:20180621235620j:plain

(出典:『メイドインアビス』)

 

『切子』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61-Fea4VcsL.jpg

 

学園のアイドルを偲ぶために廃校に集まった男女が襲われるのだが、霊的パワーは全く使わず腕力だけで人を殺す

作者の持ち味と、画力を活かした結果、切子の怨霊の腕力により一人ずつ無惨に惨殺されていく、暴かれる切子の死に係る真実、よくまとまった読みきり作品。

 

f:id:ryocuu:20180709011203j:plain

(出典:『切子』)

 

『狂四郎2030』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61stUE%2Bco-L.jpg

 

遺伝子的に犯罪因子を含む人間を隔離して矯正したり、強制労働させたりっていう、ディストピアな世界の荒廃設定のお話

巨乳でくびれた女性キャラ、悲しい過去を背負ったキャラがドバドバ涙を流す描写、立体的に描かれるモブキャラたち、エロもグロも残酷も下品もてんこ盛りの物語

 

f:id:ryocuu:20180709011501j:plain

(出典:『狂四郎2030』)

 

『SMUGGLER』

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51MHzzFa5mL.jpg

 

「日給5万円」という条件に惹かれ、危険な運び屋の仕事に就いた青年が、殺し屋の処分した人間を運ぶ「運び屋」 になり,覚悟一つで成長していくお話。『闇金ウシジマくん』作者眞鍋章介のデビュー作

真鍋昌平さんのルーツを探るという点で、価値がある漫画、後にウシジマくんで発揮されている作者の魅力となっている作品

 

f:id:ryocuu:20180708013739p:plain

(出典:『SMUGGLER』)

 

マンガを安く読む方法

漫画を中心に42万冊以上の圧倒的な電子書籍の取り扱い数が特徴

他サービスと比較してもセールやキャンペーンが充実しており、50%OFFの半額セールや、1巻10円でポイント対象作品を購入で20ポイントバックなど驚異的な安さで販売することも多くあります。

▼イチオシはeBookJapan

 

「無料お試し期間」のある動画配信サイト

「無料体験」があるので、とりあえずこれを見たい!
そういう場合はそれだけで済ませてしまうのも手です。
勿論気に入れば継続しても良いですし、気に入らなければ無料体験だけで終了すれば一切お金は取られません。
 

U-NEXT31日間無料トライアル

映画、ドラマ、アニメなど多彩なジャンルのビデオコンテンツが最新作品から名作まで充実のラインナップ!
スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめるビデオ配信サービスです。

https://bb.unext.co.jp/common/img/top/top_bunner01.png

 

Hulu2週間無料トライアル

ご存知の通り、国内外のドラマやアニメ、映画などの動画を、テレビやパソコン、スマートフォンやタブレットなどで楽しめる「オンラインビデオ配信サービス」

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/e/e2/Hulu_logo_flat.svg/1200px-Hulu_logo_flat.svg.png

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

Huluなら、映画、国内外のドラマ、アニメが楽しめます。

 

コスパが良すぎるAmazonプライム・ビデオ/30日間無料体験登録

CMでも宣伝されてる事から、プライムビデオの人気は高く、先日実施された動画配信サービスに関する調査でも、利用率で断トツの1位を獲得している

プライム会員の年会費を月額換算すると、325円という驚きの安さで利用でき、動画だけでなく様々な特典を利用できるのでコスパの面では最強といえます。

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/G/09/Digital_Video/logo/APV_logo_bk_jp.png

Amazonプライム・ビデオ30日間無料登録

Amazonプライムまずは無料体験から!