巨人軍マンセー

神がかり的シナリオ、日本の少年漫画史に残る傑作『ヒカルの碁』感想とあらすじ紹介

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/516NB6Ze4EL._SY300_.jpg

 

言わずと知れた王道少年成長漫画。藤原佐為という最強の天才棋士が主人公のヒカルに憑りつき、「神の一手」を求める物語

囲碁という馴染みのない題材にも関わらず、キャラの魅力、佐為という空想上のファンタジー要素を盛り込みその両者のバランスが絶妙

 

f:id:ryocuu:20180607200901j:plain

 (出典:『ヒカルの碁』)

 

囲碁を通して普遍的なテーマに迫る傑作

少年が天才囲碁棋士の霊に取り憑かれ、爆発的な強さを見せつけつつ、主人公はへっぽこ、佐為の謎を追うライバルと、ライバルが直接主人公を見ていない、という、変則三角関係を使って、序盤は勝利による快感ですっとばし、少年の才能が開花する瞬間を鮮やかに描写していく。

 

f:id:ryocuu:20180608130106j:plain

 (出典:『ヒカルの碁』)

 

ヒカルが成長するにつれ周りの人間との実力が解離し、人間関係がドンドン変わっていき、結果的にジャンプなのにヒロインぽい主人公の幼馴染も、中盤から全く出てこなくなる、結局最後まで野郎だらけなのに面白いのがまた凄い

 

史上最強と謳われた伝説の棋士”藤原佐為”

平安時代に存在した天才棋士の亡霊。喜怒哀楽を惜しげもなく表現する子供っぽい一面を持ち、囲碁となると鬼神の如く強さを発揮する。ヒカルの成長を見守る、保護者のような存在で、この物語は佐為の心の動きを楽しむ作品でもある。

 

f:id:ryocuu:20180608125322j:plain

 (出典:『ヒカルの碁』)

 

f:id:ryocuu:20180608125652j:plain

 (出典:『ヒカルの碁』)

 

ヒカルは塔矢を追って、塔矢はヒカルの中の佐為を追う

佐為を追い掛ける塔矢と、その塔矢を追い掛けるヒカル。

ヒカルの中に佐為が居るという矛盾性が物語の全方位に見事に効いているし、ネット対戦で無双する事で、本来存在しないはずの佐為が、そこに存在しているという不思議な構図が成り立つ構成が凄すぎる

 

f:id:ryocuu:20180608130658j:plain

 (出典:『ヒカルの碁』)

 

f:id:ryocuu:20180608130711j:plain

 (出典:『ヒカルの碁』)

 

まとめ 

『ヒカルの碁』を紹介しました。

命題は「少年の成長」にあり、ヒカルはサイに出会うことで導かれるように囲碁の魅力へと憑かれていく、前半に与えるこの漫画の魅力は計り知れない。少し読むだけで、塔矢アキラに、サイに、囲碁の魅力に惹かれること間違いなし。オススメです。

漫画を安く読む方法

他サービスと比較してもセールやキャンペーンが充実しており、50%OFFの半額セールや、1巻10円でポイント対象作品を購入で20ポイントバックなど驚異的な安さで販売することも多くあります。

マンガを中心に42万冊以上の圧倒的な電子書籍の取り扱い数が特徴

▼イチオシはeBookJapan